2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 今日は何の日だったの?05.26 | トップページ | 今日は何の日だったの?05.27 »

2010.05.27

後を絶たない 詐欺商法 美味しい話は絶対にない!

 いつまで経っても詐欺商法は後を絶たない。どうしてこんなものでひっかかるのかと思うくらいすぐ目の前に落とし穴ですと注意書きがされているにもかかわらず、落とし穴に自ら落ちていく被害者たち。
 詐欺師たちの手口は全く進歩がない。新たな手法も見えないのだが、詐欺師にひっかかる人たちも相も変わらず、毛針に簡単にひっかかり、あとで虎の子の金を取られたと泣く始末だ。
 今回の岡本ホテルの「岡本倶楽部」が出資法違反容疑で警視庁から家宅捜査を受けた事件。暴力団関係者の思うつぼとなった形だ。
-----------------------------
〇五年に会員制クラブとしての運営が始まり、元本保証や高配当、系列ホテルの利用特典を呼び水に、全国から会員を募っていたとされる。
-----------------------------
 
今時、高配当という言葉が出てきたら、疑うくらいの気持ちがあってしかるべきなのだが、どうしてひっかかるのだろうか。

 いつも思うのだが、そんなに高配当ならば、自分でやれ と思ってしまう。つまり、自分でやれないようなことを人に勧めるということは、資金繰りに困り、挙げ句の果てには配当なんて出せませんと、顔に書いてあるにもかかわらず、欲の皮が突っ張り騙されてしまうということだ。

 かわいそうと言うよりも哀れな被害者たちだ、残念ながら同情の余地もない。
 今の銀行金利を考えても判るはずなのだが、本当に困ったものだ。

 そして、新種とは言えないが、ネット仮想区間の投資勧誘で特定商取引法違反、要するにマルチ商法で100億円近くを会員から集めた事件だ。
 実はこの事件 IT関連会社の「ビスインターナショナル」は昨年の11月に取引が特定商取引法違反に当たるとして、消費者庁から6ヶ月間の一部創業停止命令を受けていたのだ。
---------------------------
 消費者庁などによると、ビズ社はインターネット上の仮想空間「エクシングワールド」で土地取引ができるとうたって会員を募集。「大企業も参加し、広告料が入る」「10万人そろえば必ずもうかります」などと虚偽の説明をし、新規会員を集めれば報酬を支払うと勧誘していたという。
 しかし、仮想空間は立ち上がらず、ビズ社は昨年10月に勧誘をやめたという。その後は、仮想空間のシステム開発を請け負ったIT関連会社「フレパー・ネットワークス」(東京都港区)が別の名称を付けた同様の仮想空間での投資話で、勧誘を続けていたとされる。
-------------------

 要するに、自社が辞めても関連会社が勧誘するという抜け道をつかっただけだ。
 問題があるよと新聞でもほんの一寸報道されたのにもかかわらず、ひっかかる人たち。

 実はこのマルチ商法を信じてしまった人がいて、説明会に参加しないかと再三誘われたことがあったのだが、正直にその方には、これは詐欺に間違いないからぼくはやらないと断ったことがある。

 資料も立派なもので、地図も地図会社のコピーのような住宅地図が出来ていて、この土地を仮装売買しますなんて、請け売りを聞いたことがある。

 リアルな世界で土地所有者が存在するにもかかわらず、仮想空間でその土地を売買するなんて、絶対に問題が起きるので辞めた方がいいですよと言ったのだが、もう、洗脳されてしまったのか、いくら言ってもダメなことを覚えている。そのほかにも問題点を列挙したのだが、時間の無駄だった。
 ひっかかる人って、何故信じてしまうのかがぼくには理解できない。

 もう、金の亡者になっているのだろうか。

 冷静に考えれば、直感で「おかしい」と判るはずなのだが、もう、盲目状態になっている。悲しい人たちだ。

 以前、勤めていたときに 開業・創業相談を受けたことがあったのだが、ある商売で「この地区にはあなただけしか、権利を与えませんので、手付け金、契約金を頂ければすぐに事業ができます。」と言われ、開業・融資の相談で面談した人がいた。
 ところが、数日のズレで、同じ相談を他の者も受けていて情報交換をした結果、これも詐欺だとわかり、急ぎ相談者に情報を開示したのだが、どうなっただろうか。

 いろんな詐欺があるけれど、絶対にあり得ないのは 高配当と元本保証だ。そして、詐欺師たちが説明会として会場を使うときには公的な施設や、半公的な施設を隠れ蓑として使い、恰もその公的な機関がやっているかのような錯覚に陥れる。はたまた、高級なホテルの会場を使って説明会を行い、羽振りの良い格好をしてカモの前に出るという筋書きだ。

 手法は古典的なやり方で信用させ、ひっかかる人たちは「鴨が葱を背負ってくる」状態で虎の子を取られてしまう。
 
 詐欺師にひっかかる人たちの心の動きを分析してほしいものだが、日本人はある意味マスコミに洗脳されているのだから、どうしようもないかもしれない。

 疑ってかかることを忘れてしまっているのだろう。
 「人を見たら泥棒と思え」なんて言葉も死語かもしれない。
 

幸運の招き猫
くまさんことくまボンでした! 
※墓所・墓石のご用命は 石匠のつるやへ!
Movable Type公式サイト ※千葉でタクシーに乗るなら 大矢タクシーに!
シニアのためのパソコン教室 kumabon612のYouTube フリッカー写真集DMC-G1

« 今日は何の日だったの?05.26 | トップページ | 今日は何の日だったの?05.27 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/48469283

この記事へのトラックバック一覧です: 後を絶たない 詐欺商法 美味しい話は絶対にない!:

« 今日は何の日だったの?05.26 | トップページ | 今日は何の日だったの?05.27 »