2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 今日は何の日だったの?05.05 | トップページ | 桜の花はきれいだけど・・・ »

2010.05.06

日本のマスコミの立ち位置はアメリカ迎合

 日本のマスコミの見出しを見ているとこれが日本人の立場として情報を発信しているマスコミかといつも疑ってしまう。
 日本のテレビも新聞社もアメリカの日本支局という感じが否めない。
どうしてそんなにアメリカの顔色をうかがうような見出しや文章しか書けないのだろうか?日本は本当に独立国家なのだろうかといつも考えさせられてしまう。
 本来日本のマスコミは日本人の気持ちを代弁してしかるべきなのだが、日本の気持ちを代弁するどころか、アメリカの訳のわからない関係筋からとしながらも、アメリカが怒っているだの、いらだっているだのという発言ばかりだ。
 こんな情報をいつも流していて、マスコミ関係者は恥ずかしくないのだろうか。
 今の政府はあまりにも人間的すぎて、滑稽を通り過ぎて不安を感じてしまう。首相が決断できないのならば、周りの閣僚がしっかりと支えるべきなのだが、どうも、足を引っ張る人が多いというか、それぞれ担当者外なのに勝手な発言が多すぎる。
 マスコミも何かあると、各閣僚に意見を求めては、閣僚たちの考え方の違いだけを誇張し、報道をしては、閣内不一致とばかりに面白おかしくしている。
 これは、長期政権だった自民党時代からほとんど変わっていないが、マスコミは自分達の政権を支えることをもう少し考えるべきだろう。
  日本人の心を外国に訴える報道をすべきなのだが、そんなこと聞いたこともない。

 今の普天間基地問題もはっきり言って、自民党はなにもできなかったので発言する立場にない。やるやると言って、いまだにできなかったのにマスコミもその時はほとんどその経緯について報道をしていない。
 マスコミの報道は光の当たっている部分というか、視聴率のとれそうな部分だけしか光を与えていないのだから、自民党政権時代の基地問題について知っているひとの法が少ない。
 情報操作をしているのは、本当にマスコミと言わざるを得ない。
 的確な情報をマスコミは提供すべきなのだが、毎日毎日、くだらない情報を垂れ流し続けている。それで、視聴率が上がらないだのと発言しているのは、バカとしか言いようがない。本質的なニュースをもう一度考え直してほしいものだ。
 まあ、スポンサーには甘いということも、トヨタのブレーキプログラム問題の時には明確になったことだし、情報を自分達の都合の良いように取捨選択しているとしか思えない。そんな立ち位置で、社会正義云々なんてよく言える。

 さて、今回の普天間基地についても 「米鳩山政権信用できない」なんて書かれていた。 もっと報道すべきことは、日本人の誰一人として、米軍基地を日本国内に置きたくないということだ。
 ただ、日本国内に置かないということは、日本の防衛問題を一から考え直すと言うことであり、憲法9条も考えると言うことになる。
 100歩譲って、日本に米軍基地が本当に必要ならば、どうするのか、国民投票でもして本来考えるべき問題だ。
 日本は米軍基地もいらない、日米安全保障も不要、日本が丸腰の状態で国を守れるのかどうか、本当に考える酔い機会かもしれない。

 鳩山首相が人間的に迷うのもよくわかるが、決断も必要だ。

  決断と言えば、自民党も実は決断できなかったということをご存じだろうか。
1996年(平成8年)に日米両政府から、5~7年以内の全面政府が、普天間基地からキャンプシュワブ沿岸部に移転するという生命があったにもかかわらず、自民党政権下の13年間全く動かすことが出来なかったことを忘れてはいけないし、もっとマスコミは報道すべきなのだが、こんな話ほとんど表面に出てきやしない。
 結局住民に反対されて、塩漬け状態のまま放置してしまった自民党だ。
 自分達が出来なかった同じことで、他人を批判する資格無しだ。

 嗚呼、 ラムズフェルト元国防長官が来日したときに「米軍は歓迎されないところにはいたくない」と発言したそうだが、もっと、反対意見を表明し、マスコミはアメリカに迎合するのではなくて、日本人の米軍基地問題について、反対していることを取り上げるべきだろう。
 
 自民党世間時代の基地移転問題の右往左往、経緯を報道すべきなのだが、その時ばっかりのことしか報道しないマスコミ。
 嗚呼、こんな報道ばかりが流れていると、日本人が情報オンチになってしまう。
 昔の大本営発表は困るが、日本の立場を代弁するのがマスコミではないだろうか。

 毎日垂れ流されている情報を信用するより、ネットで調べた方がよりよいことが判るかもしれない。

 鳩山首相の迷走のおかげで、自民党政権下の問題も表面に出てきた。
 防衛問題を本当にどうするかを考えなければいけない。
 「嫌だ、嫌だ」ではすまないから、本当に防衛問題は議論が必要だ。

 鳩山首相に「決断」ができるだろうか。

幸運の招き猫
くまさんことくまボンでした!
※墓所・墓石のご用命は 石匠のつるやへ!
Movable Type公式サイト ※千葉でタクシーに乗るなら 大矢タクシーに!
シニアのためのパソコン教室 kumabon612のYouTube フリッカー写真集DMC-G1

« 今日は何の日だったの?05.05 | トップページ | 桜の花はきれいだけど・・・ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/48283853

この記事へのトラックバック一覧です: 日本のマスコミの立ち位置はアメリカ迎合:

« 今日は何の日だったの?05.05 | トップページ | 桜の花はきれいだけど・・・ »