2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 今日は何の日だったの?07.13 | トップページ | 今日は何の日だったの?07.14 »

2010.07.14

ねじれを生んだのは有権者たち

 今回の参議院選挙で等々、またもや自民党末期と同じ政権運営が出来ない状態、混沌となってしまった。
 これで政治はどうにも動かない状況を有権者が作り出してしまったことになる。
誰が責任があるかと言えば、当然有権者だ。
 何を考えて、政治を不安定にしているかが全く判らない。
 これでまた、法案もまずと占いだろう。野党は野党で、またもや、祝儀委員を解散して民意を問えと言うだろうし、法案を全て秘訣に回すなんてことも平気でやるだろう。
 彼ら政治家には何が目的かと言えば、政治の安定よりも 自分たちが与党でいることでしかない。
 つまり、国民のための政治、国民のための法案を通すと言うことよりも、いかに自分たちが政権与党につくかしか頭にない。
 そして、マスコミともう一つこの裏にはフィクサーがどうも暗躍しているとしか思えない。
 マスコミの与党下ろしには本当に呆れてしまうが、そんな小手先の報道で、惑わされてひっかかってしまう有権者が多数いるのだから、日本の政治が3流というのはまさに、日本の有権者が3流ということでしかない。
 国の政治も行政の計画というものは中長期計画の元で、年次計画が作られている。だとすれば、今の民主党が与党であっても、それまでの自民公明党政権の流れに未だに乗っていることに過ぎない。
 彼ら、新与党の政権が功を奏するには実は3年目から4年目と言うことになるのだが、一般の有権者はそんなことすら判らないらしい。
 極端な話だが、県や市町村ではもう来年の計画は出されている。そして、予算組をする段階なのだが、その辺の流れを一般人には判らないのだろう。

 今回、自民党に投票した人たちやみんなの党に投票した人たちは一体何を考えているのだろうか。民主党の政権を弱くすればするほど、自民党末期から、民主党の初期段階、そして、もしかして衆議院を解散することになったら、またしても、政治は根に着く暇もなく新たな局面を迎え、実を結ぶこともなくころころと政局が変わってしまうことになる。

 まあ、こんなに自分たちの政治に無関心な人たちが多くて困る。刹那的に議員や政党を選ぶのではなく、中長期的なことまで配慮して政治を見るべきなのだが、それすら全く出来ない。

 これでここ数年は政治が暗礁に乗り上げることだけは間違いない。

 民主党がどこまで妥協できるか、そして、野党がどこまでパワーゲームをしないで、国民のために与党と協議できるかにかかっている。
 本当に政治家が、政党が国民のことを考えて議論するのかがこれから毎日証明されるわけだ。
 嗚呼、本当に政治は3流以下だが、要するに国民の政治の意識も3流としか思えない。まあ、それを扱うマスコミは最低だ。

幸運の招き猫
くまさんことくまボンでした!
※墓所・墓石のご用命は 石匠のつるやへ!
Movable Type公式サイト ※千葉でタクシーに乗るなら 大矢タクシーに!
シニアのためのパソコン教室 kumabon612のYouTube フリッカー写真集DMC-G1

« 今日は何の日だったの?07.13 | トップページ | 今日は何の日だったの?07.14 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/48874137

この記事へのトラックバック一覧です: ねじれを生んだのは有権者たち:

« 今日は何の日だったの?07.13 | トップページ | 今日は何の日だったの?07.14 »