2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 今日は何の日だったの?08.26 | トップページ | 今日は何の日だったの?08.27 »

2010.08.27

不可解 その2

 本当に小沢一郎と鳩山氏との関係も理解に苦しむ。鳩山氏が主張する「友愛」が無いと言うことももう理解に苦しむ。
 最近マスコミから漏れ聞こえてくる小沢一郎が「俺が幹事長でも45議席とれた」とのことだが、本当だろうか。
 もうこの人の選挙に対する執着はちょっと異常だし、自分の状況を読み切れていないと思うがいかがだろうか。
 鳩山政権での視聴率低下の時に「政治と金」の権化と言われた小沢一郎幹事長を下ろすことで、民主党の支持率が上がったことを覚えているだろうか。
 マスコミはその時もかなり騒いでいたのだが、今はマスコミはほとんどその時のことを触れていない。それこそマスコミに何があったのだろうかという感じだ。
 民主党政権に期待しているのは自民党もどきの内部抗争ではない。
 もともと小沢一郎というひとの自分の立ち位置を考えた方がいい。役者で言えばバイプレーヤーで彼が表立ってトップという座で表面で仕事を出来る人とは思えない。
 彼の適役はフィクサータイプだろう。
 答弁も上手ではないし、見た目も好くない。
 日本人は特に見た目で人を選ぶ傾向が強いなかで、饒舌でもない彼がどうマスコミと対応するかと言えば過去の状況を見れば判る。
  ほとんどマイナス面ばかりで、彼の得意とするところは「選挙」の二文字だけだ。
 表面に出てきて仕事をするタイプではない。
 参院選大敗後も「けじめ」をつけ菅執行部を痛烈に小沢一郎は批判したそうだが、そもそもその大敗のきっかけを作ったのは 小沢一郎自身と言うことになる。

 なんだか、責任転嫁ばかりでいやになる。
 誰が、国民のために良い政治をしてくれるかしか関心がないのだが、自分たちの政権が与党でいられるための党争ならば、全く自民党の内部抗争と変わらない。
 嗚呼、所詮議員達の考えることは 政権与党でいることと議員生活をいかに長くするかと言うことにしか思えない。
 国民の生活をいかにしてよくしようなんて、残念ながら、与党も野党も感じてこない。野党は対立することで自己主張をし、政権強力をするなんて言っているが口先ばかり。

 鳩山由紀夫氏の「友愛」の政治も結局何がしたかったのかが未だに判らない。
「心の政治」力点があったのか云々だそうだが、「心」がありすぎると何もかも中途半端になるというのが基地問題でもあった。

 底の抜けた財政の状況のなかで相も変わらず、一時的な追加経済対策を打ち出そうとしている。しかしだ、自民党政権下で何度も同じことを繰り返し、結局はどんどん財政赤字を増やし、経済の根本的な解決は全く出来てこなかった。
 今も全く同じ状況だ。本当の財政赤字の大穴をふさがなければ、どんな経済対策をしても、あっと言う間に効果が消え去ってしまう。
 こんなことは、一件のうちで例えて、借金まみれになっている家を考えれば判ることだ。

 マスコミも政治を引っかき回すだけ、コメンテーターもその時のマスコミの思いに応えるだけなのだから、どうしようもない。

 本当に不可解な日本の政治とマスコミと言うことになる。
 

幸運の招き猫
くまさんことくまボンでした! 
※墓所・墓石のご用命は 石匠のつるやへ!
Movable Type公式サイト ※千葉でタクシーに乗るなら 大矢タクシーに!
シニアのためのパソコン教室 kumabon612のYouTube フリッカー写真集DMC-G1

« 今日は何の日だったの?08.26 | トップページ | 今日は何の日だったの?08.27 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/49264496

この記事へのトラックバック一覧です: 不可解 その2:

« 今日は何の日だったの?08.26 | トップページ | 今日は何の日だったの?08.27 »