2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 今日は何の日だったの?09.26 | トップページ | 今日は何の日だったの?09.27 »

2010.09.27

甘チャン外交 日本に持ち札無し 太鼓持ち外交の現実

 まあ、なんと言ってもこれほどまでに「あまチャン」だとは思わなかった。
日本の政府、ましてや仙石官房長官も前原外務相も菅直人総理も船長を起訴猶予で釈放すれば万事がうまく動くと思っていたに違いない。
 本当にあまちゃんだ。そして、日本にはもう切り札がない。
 中国は国連で「領土問題」と世界に向けて発言していたにもかかわらず、ピントが呆けていた話だ。これでは外交なんて出来ない。日本の言っている正義よりもパワーゲームの正義の方が勝つのが外交だ。
 レアメタルの実質上輸出停止はWTOに訴えられないように、中国独特の2枚舌を使っているではないか。
 そして、経済制裁を加えると日本は圧力にこうも簡単に屈服してしまうと言うことを、世界中に広めてしまった。
 それを見ていた韓国も中国の「資源武器化」を日本の「屈服外交」を反面教師として外交政策に生かそうとしている。
 もともと中国のしたたかさは褒め殺しから始まっていたのに気がつかないのだろうか。「日本熱烈歓迎」とか言いつつ、技術をどんどん吸収しては経済発展をしている、こんなことは昔の日本と同じだが、資本主義、自由主義ではなく北朝鮮同様一党独裁国家と言うことを忘れてしまっている。
 中国進出で痛い目に遭っている企業はたくさんあるのにもかかわらず、金に目がくらんで今でもどんどん中国に進出するお馬鹿な企業たち。リスク分散を本来はすべきなのだが、なぜかしない。
 以前から、日本の外交の弱さは海外に行ったときの大使館の対応で判っていたのだが、フジタの4人の拘束も全く打つ手がない。
 本当に日本の外交は他人任せ、第三者任せだ。
 第三者任せと言えば、粒度問題についてもクリントン国務長官の言葉を借りてでしか対応が出来ないこのふがいなさ。
 本当に尖閣列島が必要ならば、韓国の竹島に対する処置同様に、尖閣列島に自衛隊を常駐させることぐらいすべきだ。
 そんな簡単なことすら出来ない、日本政府と言うことになる。
 日本の領土と言うからには、その領土が必要ならば必要なほど、自衛隊を常駐させるべきだろう。

 表面上、自国の民を守るにはなんでもする中国と自国の民よりも「相手の顔色を見ながら対応する日本」では、国民の国に対する信頼度が全く違う。
 日本人として恥ずかしいのは、国民よりも「相手の顔色」ばかり見る、腑抜けの政府だ。
 まるで太鼓持ちのような外交では、誰も信用などしないし、信用するに値しない。
 こっちを向いて手をコマね、あっちを向いても手をコマねる。

 結局、いざとなるとお声がかからず、干上がってしまうと言うことだ。
朝鮮日報の言葉を借りれば以下の通りだ。
-----------------------------
朝鮮日報も「強大国が資源を武器に経済報復に出るときだ」と題する社説で、「中国は国際社会で大国としての責任と役割には関心がなく、自国の利益だけに執着し影響力拡大だけにこだわっている」と非難。「こうした中国に、もまれて生きなければならない未来を、韓国ももっと切実に考えるべき時だ」と警鐘を鳴らしている。

 東亜日報は「中国の強硬圧迫に降伏した日本」と題する社説で、「大国主義と中華思想が強い中国が、経済力と外交力を背景に国際舞台で発言力を強めつつある現実は、われわれにもっと緊張しろという信号を送っている」と指摘。「国家間に力のない正義が通用することはほとんどない」と警告している。
----------------------------

 まさにぼくが感じているのは「国家間に力のない正義が通用することはほとんどない」という言葉につきる。
 外交はパワーゲームで「強いものが勝つ」それだけしかない。

 日本のお馬鹿な政府の閣僚が言う「大人の対応」なんて、相手から見たら、与し易し、「赤子の手をひねる」ようなものでしかない。そんな言葉は日本だけで上から目線でしか見ていないから出る発言だ。相手が上から目線で見ていたら、今度のことのようになるだけ。
 
 馬鹿な外交ほど国民を窮地に追い込むことはない。
 馬鹿な対応をしてしまった固めに竹島問題も北方領土問題もどうしようもないことになりそうだ。ロシアは中国と連携して北方領土を選挙した事実を正当化しようとしている。
 外交は都合が良くなれば誰とでも連携するという典型だ。
---------------------------
韓国の外交専門家は「韓国は今回、日本の対応を注視していた。独島(日本名・竹島)をめぐる領有権問題などに今後、応用できるからだ」としている。
---------------------------

今年の新語・流行語大賞は「屈服外交」。
今年末まで菅政権が持つだろうか。
この国の政府は国民を守るよりも目先の経済が優先なのか?

幸運の招き猫
くまさんことくまボンでした!
※墓所・墓石のご用命は 石匠のつるやへ!
Movable Type公式サイト ※千葉でタクシーに乗るなら 大矢タクシーに!
シニアのためのパソコン教室 kumabon612のYouTube フリッカー写真集DMC-G1

« 今日は何の日だったの?09.26 | トップページ | 今日は何の日だったの?09.27 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/49575378

この記事へのトラックバック一覧です: 甘チャン外交 日本に持ち札無し 太鼓持ち外交の現実:

» 中国の厚かましさは、実は外交のお手本かも [ニュースを読まねば]
中国は尖閣諸島沖での中国漁船衝突事件に対して、日本に対し謝罪と賠償を求めてきた。おそらく多くの日本人が、「なんと厚かましいことよ。」「盗人猛々しいとはこのことか。」などと思ったことだろう。しかし、国際社会に厳密な意味でのルールはない。強いて言えば、大国の行ったことが慣例法としてのルールになってしまう。だから、中国の要求に日本が屈することがあれば、それは慣例法の実績となるだろう。それを他のアジア諸国は恐れている。現に、中国人船長を解放したことを、アジア諸国は、中国が領海を拡張す..... [続きを読む]

« 今日は何の日だったの?09.26 | トップページ | 今日は何の日だったの?09.27 »