2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 今日は何の日だったの?09.20 | トップページ | 今日は何の日だったの?09.21 »

2010.09.21

弱腰外交 対 強硬外交

 まあ日本の外交と言えば昔から「弱腰外交」だ。その正反対が北朝鮮と中国、まあほとんどの国が日本に比べれば強行と言わざるを得ない。
 日本の弱腰外交は言い換えれば「大人の外交」とも言えるのだが、こと外国との折衝に対しては「大人の外交」なんてあり得ない。もしかしたら、大人の外交なんて 日本人同士でしか通用しない物かもしれない。
 強硬路線には強硬路線と表面上では強気の姿勢を出さない限り、どんどんのぼせ上がってくる。
 今の中国の強硬路線というか「報復政策」には目を見張るものがある。
 というかこれが自己主張という物だろう。まあ、モンスターペアレンツ達と接触している人にはこんなものではないなんて思うのだろうが、モンスター化した人間と対応するには、こちらもモンスター化するしかないだろう。

 モンスターペアレンツに対しては日本の場合外部機関なり人を利用して、危険を回避しているのだが、要するに、自分に降りかかる火の粉を自分で払いのけられず、他人に頼って、自分だけは悪者ではないというスタンスを見せたいだけだ。
 これがもしかすると日本流の穏便に済ますと言うことに他ならない。

 一国同士の場合、仲裁なんてほとんどあり得ない。国際司法裁判所に訴えてもほとんど役立たずの状況だ。
 日本も大変甘く見られたものだ。
 日本も自己主張をするならば、どんどん強気にするべきだろう。

 しかしだ、中国に経済をあまりにも頼りすぎているとこんなことになるという教訓なのだが、教訓を判っていても 喉から手が出るほど 中国だよりにする愚の骨頂。
 中国のような一党独裁の国のリスクはご存じのはずだ。北朝鮮のお手本の国なのだから推して知るべし。
 もっと、経済は中国に頼らず、分散すべきなのだが、目先のことばかりとしか言いようがない。今は死語になってしまった感のある「アメリカが風邪を引くと日本は肺炎になる」と言われたことがあった。それがもしかすると、アメリカと中国を置き換えた感じではないだろうか。

 民間外交まで報復措置を講じる中国。
 さすが中国と言わざるを得ない。一党独裁の国でなければ、こんなことはできない。国民も一応反日行動をとる国だ。指示がかなならず出ているのだろう。
 日本人と言えば相も変わらずのほほんとし、他人事。

 チベット自治区問題も多分もっと深刻な問題なのだろうが、情報統制と力で押さえ込んでいるに違いない。

 昔、フランソワ・モーリアックが「わたしはドイツが大変好きだ。だからそのドイツが二つできたことはとても喜ばしいことだ」と言ったそうだが、中国も1億人づつ14か15くらいさまざま中国ができるととてもうれしい。

 これぐらいのことが言える文化人や政治家が今いるだろうか?

 独裁の国家の統制力・考え方がインターネットが普及した現在でもこれほどまで一枚岩にできると言うことは素晴らしいことだ。Googleも歯が立たないこの堅固な情報統制。
 教育による洗脳がどれほどまで浸透するかを見るには中国や北朝鮮を見ればよくわかる。
 これからが、日本の外交手腕の見せ所か、それとも弱腰外交で終わってしまうのか。
丁度良いときに前原外務大臣になったと言うことかもしれない。
 時代が望むときにその人に試練を与えるだけだ。

幸運の招き猫
くまさんことくまボンでした!
※墓所・墓石のご用命は 石匠のつるやへ!
Movable Type公式サイト ※千葉でタクシーに乗るなら 大矢タクシーに!
シニアのためのパソコン教室 kumabon612のYouTube フリッカー写真集DMC-G1

« 今日は何の日だったの?09.20 | トップページ | 今日は何の日だったの?09.21 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/49515707

この記事へのトラックバック一覧です: 弱腰外交 対 強硬外交:

« 今日は何の日だったの?09.20 | トップページ | 今日は何の日だったの?09.21 »