2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


最近のコメント

ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 今日は何の日だったの?09.05 | トップページ | 今日は何の日だったの?09.06 »

2010.09.06

ぼくにとっての政治離れ

 どうも今回の民主党の代表選の鳩山由起夫前首相と小沢一郎立候補に絡んで政治に対する期待が増すと言うより、幻滅に近いものを感じてしまう。
 マスコミと言えば、この酷暑の報道と菅直人、小沢一郎の民主党代表選ぐらいしか取り上げていないが、流すべき情報はまだまだたくさんあるはずだ。
 しかし、情報を流すべきマスコミの怠慢か、どのテレビ局を見てもほとんど同じことしか流さない。まあ、ニュースに対する怠慢としか思えない。

 60年余りの自民党、官僚政権の呪縛から解き放たれ、有権者による政権交代が漸く成された。しかしながら、折角の時代の流れだったにもかかわらず、決して大きな機体をしていたわけではないのだが、がっかりすることばかり。
 民主党も人材不足と言わなければならない。鳩山由起夫、菅直人、小沢一郎ばかりが交代で選挙をしているような感じだ。
 何故、有力な人が出てこないのだろうか?

 民主党もどうもは派閥に近いものができつつあるようで本当にいやだ。
 小沢一郎という派閥が出来ているように感じてしまう。
 与党という政権の(財)についていると自民党と同様に、派閥の長を仰ぎつつ、自分として平議員であることよりも、要職に就きたいと思うのだろう。

 野党時代の民主党なら、そのようなこともなく、政権与党から転げ落ちてしまった自民党にも派閥の求心力が亡くなっている。

 かなしいかな、権力の座にいると初心を忘れてしまうらしい。
 国民のためにというよりも、どうも自分たちのために動いているようにしか思えない民主党の姿が映ってしまっている。

 民主党よ!お前もか!

 ということだ。

 議員の本分はなんなのかということを、政権にいるとすっかり忘れるようだ。

 やっぱり議員は自分たちのことだけ考えているようにしか思えない。
 残念としか言いようがない。

幸運の招き猫
くまさんことくまボンでした!
※墓所・墓石のご用命は 石匠のつるやへ!
Movable Type公式サイト ※千葉でタクシーに乗るなら 大矢タクシーに!
シニアのためのパソコン教室 kumabon612のYouTube フリッカー写真集DMC-G1

« 今日は何の日だったの?09.05 | トップページ | 今日は何の日だったの?09.06 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/49367816

この記事へのトラックバック一覧です: ぼくにとっての政治離れ:

« 今日は何の日だったの?09.05 | トップページ | 今日は何の日だったの?09.06 »