2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 今日は何の日だったの?09.22 | トップページ | 今日は何の日だったの?09.23 »

2010.09.23

領土問題にこだわる中国 雑感

 もう、自ら引くことの出来ない状況に持って行っている中国。あれだけ広い国土を持っていてもまだ欲しがる中国という感じだ。
 それにしても逮捕されている船長に「中国領土内」の事故と言わせるくらいにたちが悪い。
 日本はのほほんと協議しようという手を差し伸べているが、それ荷を無視している中国。 まあ、中国と日本という経済関係はそう簡単に断絶はできない状況にどちらも立ち入っている。日本は断絶したときのことを考えていた方がいい。
 中国ならそんなこと一党独裁だからいとも簡単にできてしまう。

 中国人の面子を自分で潰しておいて相手の責任という態度も呆れてしまう。
 
財部聖一氏の「ビジネス立体思考」では、先覚沖事件、中国国内は静かな反応 という内容のものが、日経BPにアップされていた。
 情報統制をしている国だから、どう伝えられているのか、どの様に裏で動いているのか全く判らない。
 不思議な国中国という感じだが、卑しいくらい領土問題にこだわる。

 はてさて、日本の取り締まる側の正義が雪崩を打って砕けようとしているフロッピーディスクデータ改竄事件なのだが、「FDに時限爆弾仕掛けた」なんて嘯いていたようだ。
 冗談にもほどがあるのだが、精神状態がおかしい。

 「誤って書き換えてしまった」と意図的な改竄を否定しているようだが、信じられない。 前田容疑者は「落としの前だ」といわれ、大きな声で容疑者を怒鳴ったりするようだが、今度は逆の立場で怒鳴られると良い。検察は落としの前田を落とせるだろうか?

 検察が身内を取り調べるときにどのようにするのかがとても楽しみだ。
 
  秋霜烈日の検事のバッヂが泣いている。
しゅうそう‐れつじつ【秋霜烈日】 秋におく霜と夏のはげしい日。刑罰または権威・志操のきびしくおごそかなことのたとえ。

 自分の都合の良いように犯人に仕立てるだけの検察ならいらない。

 国内では検察庁の対応も見物だが、菅政権の外交手腕はもっとも興味深い。
 NOといえる日本であってほしいものだ。
・検察庁ホームページより 引用
検察は,国家社会の治安維持に任ずることを目的とし,検察権の行使に当たって,常に不偏不党・厳正公平を旨とし,また,事件処理の過程において人権を尊重すべきことを基本としています。
 本当だろうか?!
追伸:今日はこれから食事会なのですが、大雨にならないでほしい。

幸運の招き猫
くまさんことくまボンでした! 
※墓所・墓石のご用命は 石匠のつるやへ!
Movable Type公式サイト ※千葉でタクシーに乗るなら 大矢タクシーに!
シニアのためのパソコン教室 kumabon612のYouTube フリッカー写真集DMC-G1

« 今日は何の日だったの?09.22 | トップページ | 今日は何の日だったの?09.23 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/49534978

この記事へのトラックバック一覧です: 領土問題にこだわる中国 雑感:

« 今日は何の日だったの?09.22 | トップページ | 今日は何の日だったの?09.23 »