2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 今日は何の日だったの?09.27 | トップページ | 今日は何の日だったの?09.28 »

2010.09.28

トラップを踏ませた中国 トラップがあるのを知らなかった日本

 まんまと罠(trap)にかかってしまった日本という構図だ。鳩山由起夫前首相の友愛外交で訳のわからない愛嬌を振る舞っていたツケが今回ってきている。というか、脇が甘く隙だらけだった民主党。まあ、鳩山由起夫前首相が「友愛」なんて宗教家のようなお金にコマ廷内人の発言をするものだから、がめつい人につけ込まれる理由を与えてしまった。
 こんな人を総理にしてしまったことが一番の失敗だった。自民党のふがいなさと政権交代という狭間のなかで国民が選んでしまった政府なのだから、ツケはすべて国民にある。
 しかしこれほどまでに 馬鹿外交をすることしかできなかったかと思うとあまりにも程度が低すぎる。
 まんまと政権がごたごたしている間に中国の罠にまんまとひっかかってしまった。互恵関係なんて、そんな甘いことを言っていたら、日本はすべて失ってしまう。
 より所が「互恵関係」しかない日本。
 中国の方が先の先まで読んで、尖閣列島事件を今や自分の領土としようとしているとしか思えない。
 国際世論なんて、声の大きい政治力の強い国になびく。日本の場合の政策と行ったら、国民にするのと同じく単なるバラマキでしかない。ところが、中国は新興国の中枢に入り込んでまさに抜き差しならないところで動いている。
 誰がもらうのかもらったのか判らないバラマキ政策をしても、どこの国もありがたいとは全く思わない。
 お馬鹿な政策だ。自分たち政府だけは国際的に支援しているなんて思っているが、どこの誰の金川からないかねに対して、感謝するだろうか。
 今の日本国民に対するバラマキ政策だって、もらってしまえば、なんでも良いという感じだ。自公連立政権でしたバラマキ政策とまったく変わらない時限だ。

 日本と中国の違いはもう明らかだ。外交の仕方がなっていない。
 昨日も書いたのだが、本当に尖閣列島が日本の領土と主張するならば、自衛隊を常駐させるぐらいのことを一刻も早くするべきだ。
 日本得意のなし崩し政策なんて、中国相手には役立たずだ。
 専守防衛の国ならば、防衛できるものはすべてするべきだ。

 日本のいつものことながら恥ずかしい点は相手の国のことばかり最重要に考えて、自国民の安全を蔑ろにすることでしかない。
 
 こんな政府を信用しても良いのかと思うくらいに、石垣市の人たちは不安を抱えているに違いない。
 自国を守ると言うことは「友愛」なんて、訳のわからない言葉で成り立つわけがない。そんな言葉が実行できるなんて誰も信じていないし、過去の戦争の事例を見てもよくわかる。宗教戦争も起こるくらいに、人はエゴイズムであり、自己主張の塊だと言うことをもう一度政府には認識した方がいい。
 性善説なんて説いていたら、日本の領土は日本人が住んでいないところは、みんな放棄したのも同じと言うことだろう。
 こんな時に強い政治家が現れてくれることを願うばかりなのだが、ナチスのようになることはまずい。
 しかし、日本人はあまりにも危機感がなさ過ぎるし、外交に弱すぎる。

 中国のとラップを踏んでしまった日本。これを解決できるだけのパワーゲームができるかと言えば、今の政府では無理だろう。国会議員が一丸となって、この難局を乗り越えなければ行けないのだが、そんなことで着るだろうか。

 日々、マスコミが流している中国報道を見ているだけで、憤りを感じるのはぼくだけではないだろう。

 フジタの拘束された人たちへの対応と言えば、
-------------------
邱副局長は「身柄の安全は保証する」とした上で、「中国の法律に基づいて、公正に審理される。日本側の重大な関心については外務省の指導者に伝達する」と語った。
-------------------
 まあ、情けないといったらない。
 仙石官房長官はボールは中国にあると言って、今度その返答で中国側は日本2ボールがあると言ったそうだ。
 実はぼくもボールは日本側が持っていると思うのだがいかがだろうか。

 トラップを踏ませた中国とトラップと知らないでサキヨミもできずに中途半端に行動してしまった日本政府。
 これはどう見ても日本の負けだ。
 どう切り返すかは、もう、尖閣列島に自衛隊や米軍を常駐させるしかない。

 戦略なき外交とは日本政府のことだ。虎の威を借る狐となりたいところだろうが、民主党は米国とも隔たりを創ってしまった。さあ、どうする?!

幸運の招き猫
くまさんことくまボンでした!
※墓所・墓石のご用命は 石匠のつるやへ!
Movable Type公式サイト ※千葉でタクシーに乗るなら 大矢タクシーに!
シニアのためのパソコン教室 kumabon612のYouTube フリッカー写真集DMC-G1

« 今日は何の日だったの?09.27 | トップページ | 今日は何の日だったの?09.28 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/49584334

この記事へのトラックバック一覧です: トラップを踏ませた中国 トラップがあるのを知らなかった日本:

« 今日は何の日だったの?09.27 | トップページ | 今日は何の日だったの?09.28 »