2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 今日は何の日だったの?09.21 | トップページ | 今日は何の日だったの?09.22 »

2010.09.22

検察の大失態 証拠品で遊ぶ?

 今回の大阪地検特捜部主任検事の押収したフロッピーディスクのデータ改竄事件はまさに氷山の一角としか思えない。
 容疑者・被告を罪に陥れるためには自分の描いたストーリー通りに証拠品を改竄すると言うことが世間の明るみの出たという感じだ。
 検察は正義を見極めることであって、被疑者のを完全に黒で取り調べをしてはいけないと言うことなのだが、検事にはやはり予断をいっぱい持って限りなく黒になるための展開をしているとしか思えない。
 検察がそのようなことをしてしまったら、恐怖の始まりとしか思えない。
 また、特にこの大阪地検特捜部の主任検事の今まで取り扱ってきた事件については信憑性が疑わしいとしか思えない。
 また、今回は大阪地検特捜部の上司達も平健司達も知っていたというのだから恐れ入る。まさにグル。
 大阪特捜のエースと言われた人物がエースでいるために、自分の地位保全のために改竄したとしか思えない。もうこの人は正義と言うよりも出世しか考えていなかったのだろう。そして、上司達も見て見ぬ振りをしていたのだから、検事としての立場から同罪と言わざるを得ない。
  この前田容疑者 民主党の小沢一郎もと代表の資金管理団体をめぐる政治資金規正法事件では公設秘書の取り調べも担当していたという。
 今、小沢一郎の政治資金規正法事件は東京地検がすったもんだしている。検察は不起訴。検察審査会では起訴云々と正反対の状況になっている。
 もしかしたらだ、この取り調べでやはり、ストーリーを捏造していたのではないだろうか。リークしていた人間もこの辺ではないだろうか。
 何を意図していたかと言えば、小沢一郎の議員としてのイメージダウンでしかない。
まあ、その点からすると目的は果たしたと言っていいだろう。
 お馬鹿なマスコミはリークだとどんどん裏も取らずにたれ流す。
 この前田容疑者について
------------------------------
上司の信頼も厚く、ある幹部は「事件全体の構図が描け、取り調べのセンスもあった」と振り返る。 
-------------------------------

事件全体の構図が描け、取り調べのセンスもあったということだが、自分の描いた構図に合うように取り調べ、証拠品を改竄していたら、当然のことだろう。

 こんな人物が検察にもまだいるとしたら、恐怖でしかない。
 自分が万が一、容疑者になったときのことを考えると、やはり取り調べは公開でやるべきだろう。
 それにしてもだ、彼は証拠品で遊んでいたのだから、異常としか思えない。
-------------------------
検察関係者によると、前田容疑者は20日、大阪地検の事情聴取に「FDの内容をUSBメモリーに移して数字を変えたりして遊んでいた。その際にFDの日付も変えてしまった」とデータ変更の事実を認めていた。
-------------------------

 厚生労働省の文書偽造問題では
-------------------------
一方、大阪地検は大島忠郁次席検事が会見で「基本捜査が不徹底だった。村木元局長に申し訳なく思う」と謝罪した。
-------------------------

謝罪されても、時間と費用は戻ってこない。ましてや信用は戻ってこない。謝罪では許される問題ではないだろう。

幸運の招き猫
くまさんことくまボンでした!
※墓所・墓石のご用命は 石匠のつるやへ!
Movable Type公式サイト ※千葉でタクシーに乗るなら 大矢タクシーに!
シニアのためのパソコン教室 kumabon612のYouTube フリッカー写真集DMC-G1

« 今日は何の日だったの?09.21 | トップページ | 今日は何の日だったの?09.22 »