2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 今日は何の日だったの?09.24 | トップページ | 今日は何の日だったの?09.25 »

2010.09.25

日本の外交は腑抜け、弱腰、やはり法治国家もどき

 もう、尖閣列島事件のニュースを聞く度に、日本政府というか民主党というか、三権分立というか、法治国家というか、すべてがいい加減と言うことを世界中に証明して見せてしまった。
 粛々と法律に則って、自国の領土内での事件をきちっと処置するならいざ知らず、検察のやるべきことではないことまでやってしまった。検察のいい加減さと民主党のいい加減さがハッキリ出てしまった形だ。
 10日間の拘留請求を出して裁判所も認めているのならば、きちっとその間に罪状を確認するべきだった。それもせずに、処分保留のまま釈放するなんて法治国家のするべきことではない。
 もう、検察が政府に変わって勝手に外向的判断をするなんて、絶対にあってはいけないことだ。なんで検察が日中関係のことまで口にするのか?ハッキリ言って越権行為。
越権幸にもかかわらず、弁護士という法律の専門家の仙石官房長官まで、検察の判断で「了」とする、なんてお馬鹿な発言をしてしまった。
 本来は罪状が決まり、起訴するかしないか、きっちりとやってからやるべきだった。
 10日間の拘留請求をした意味も全く不可解だ。それを認めた裁判所も訳がわからない。

 日本の政府も、検察の姓にしてばかりいるが、検察にいつからそんな権限を与えたのだろうか。諸外国に対して悪しき前例を作ってしまった。
 もう、日本の腑抜けが行こうには呆れた。こんな民主党政権では全く期待できない。
 前原外務大臣もきちっと処理するかと思えば呆れてものも言えない。
 今支持率調査をやったら、急激に数値を下げているはずだ。

 尖閣列島事件が日本の領土ならば、もっと強く出るべきだった。日本の弱腰外交のおかげで、今度は中国側からなんと賠償と謝罪を要求されてしまったのだ。
-----------------------------
中国外務省は25日未明、沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)付近で起きた中国漁船衝突事件で、日本が公務執行妨害容疑で船長(41)を逮捕、拘置したことなどにあらためて「強烈な抗議」を表明、謝罪と賠償を要求する声明を発表した。
----------------------------

 中途半端なことをするからこうなる。全く日本は独立国家なのか中国の属国なのか、全く上から目線で見られている。
 フジタの社員の逮捕だってどうなることやら全く判らない。それすら、日本政府は釈放の抗議もしない。
 日本人であることがこんなに嫌になったことはない。
 経済がどうなろうと、きちっと自己主張が出来なくては一国の国を託すわけにはいかない。こんなにも菅内閣がすべて腑抜けの腰抜け揃いだとは思わなかった。
 こんな人たちに、政権を任すことなんてできない。
 嗚呼、試練は乗り越えられる物しか神は与えないという言葉があるのだが、日本の政府は何でもかんでも、事なかれ主義ですごそうとしている。
 そんなことばかりしていたら、いつの間にか日本の主権なんて全くない。
 まさに、政治は3留意かと言うことを内外に知らしめてしまった。
 ぼく自身、タカ派ではないけれど、今回ばかりは那覇検察のニュースを見る度に怒りがふつふつと湧いてくる。
 日本政府にはプライドが全くないように思える。
 毅然とするべき時には毅然としなければ行けない。
 ノーと言えない日本政府では基地問題が解決できるわけもないし、あらゆる領土問題さえ解決できるわけがない。
 領土問題と中国は叫んでいたのにもかかわらず、のほほんとしている馬鹿政府。
 世界の流れなんて、声の大きいものに流れるのが普通だ。
 日本の常識が通じないにもかかわらず、尖閣列島についても声高に日本の領土とも言わない。
 国連で中国は領土問題と行っていたのにもかかわらず、争いを嫌ってか菅直人はそんなことすら触れなかった。領土問題では正面を切って日本の領土と叫ばなくてはいけない。

 嗚呼、本当に情けない日本だ。
 小泉純一郎元首相だったら、もっとハッキリ言っただろうし、国交断絶のぎりぎりまで自分の立場を主張し続けるべきだ。
 北朝鮮の爪の垢でも飲んだ方がいい。

 これでもう、日本には経済封鎖もどきや対抗措置でいくらでも圧力をかけさえすれば、屈すると言うことを証明させてしまった。
 世界の笑いものだと言うことを忘れてはいけない。今回の尖閣列島事件は禍根を残す一大事例になってしまった。

 中国側には司法手続き不法で向こうなんて言われるし、検察は越権行為で「日中関係考慮」だって、次に同様のことがあっても強攻策をとられたら、検察は外交関係を考慮して釈放するのだろうね。
 中国人に憂慮したって、当たり前と思っている相手には何を考慮しても無駄と言うことがわからない日本政府だ。

 悲しいね、日本人で。今度は日本人を守れない日本政府だ。
 まあ、昔から海外でのトラブルの時に日本の大使館ほど便りにならない国はないというのが常識だからね。領土問題よりもいざこざを避けているようではどうしようもない。
 結局は、右手で握手しながら、左手でぼこぼこにされてしまい、謝罪をしたようなものだ。世界の恥さらし。
 もう、ガス田問題も解決できるわけがない。
 検察に責任転嫁をした馬鹿政府だ。そんなまやかし通じやしない。中国の強攻策はまだ続いている。

  腹立たしいったらありゃしない !怒り心頭だ!

幸運の招き猫
くまさんことくまボンでした!
※墓所・墓石のご用命は 石匠のつるやへ!
Movable Type公式サイト ※千葉でタクシーに乗るなら 大矢タクシーに!
シニアのためのパソコン教室 kumabon612のYouTube フリッカー写真集DMC-G1

« 今日は何の日だったの?09.24 | トップページ | 今日は何の日だったの?09.25 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/49555479

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の外交は腑抜け、弱腰、やはり法治国家もどき:

« 今日は何の日だったの?09.24 | トップページ | 今日は何の日だったの?09.25 »