2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 今日は何の日だったの?09.10 | トップページ | 今日は何の日だったの?09.11 »

2010.09.11

検察は一体なにをしたかった?

 今回の郵便不正事件では一体検察は何をしたかったのだろうか?
 「最高の捜査機関」の特捜部のストーリーが裁判ですべて否定された。
 検察の独断と偏見と言うことだろうか?
 いつも検察が正しいとは限らないということが立証された形だが、検察も地に落ちたものだ。
 今までに、「冤罪」で泣いた人が何人いたことだろうか?国家権力を着てストーリーを作られて、裁判所も鵜呑みにしていた時代があったような気もする。

 しかし、今回の郵便不正事件はどう考えても検察の地位を下げた以外のなにものでもない。地検はこの程度の調査で裁判に勝てると思ったのだろうか。
 公判が維持できなかったのだから、お寒い限りだ。これを担当した健治達の名前を公表すべきだろう。ヤメ検の地位が下がることだろう。
 もしかしたら、小沢一郎の事件も似たり寄ったりかもしれないが、東京地検特捜部は公判に絶えなられないと起訴はしなかった。しかし、検察審査会ではそれが覆されているという状況だ。
 はたまた、鈴木宗男の開発局発注工事をめぐる汚職事件では最高裁への上告が棄却されてしまった。
 鈴木議員自身は「密室で、でっちあげられた、検察に都合の良い調書が信憑性が高いというのか」と検察批判をしていたのだが、彼の言い分も判らないではない。
 検察の立場というのは弁護士も含めて 「真実」を追求する立場にいるはずだ。
 しかし、人間の思い込みとは怖いもので、いったん黒と思ってしまうと相当の期間しろであるという形で叫び続けないと過去の汚名をぬぐい去ることは出来ない。
 ましてや、小沢一郎に対する「疑惑」も未だに有権者にはすり込まれてしまい、消えることがない。消すことが出来ない。
 このイメージダウンだけでも相当な影響力だ。

 今回の郵便不正事件についても一応無罪という形だが、真実を知っているのは本人以外にはいない。
 ほくそ笑む被告もいれば、冤罪を叫び続ける被告もいる。

 検察官にしろ、弁護士にしろ 「真実」を追求するという点では同じはずなのだが、どうも最近の検察は思い込み操作が多いような気がする。
 起訴猶予であっても、その人に対するイメージダウンには相当な効果を発揮していることを忘れてはいけない。

 村木元局長も「失われた時間の回復」と「元いた場所 に戻りたい」という言葉は重くのしかかってくる。
 検察の思い込みと虚構の中で一人の人間がいかに翻弄されるかをもう一度考えてほしいものだ。
 
 検察って、もしかしたら、虚構を創る天才かもしれない。

幸運の招き猫
くまさんことくまボンでした! 
※墓所・墓石のご用命は 石匠のつるやへ!
Movable Type公式サイト ※千葉でタクシーに乗るなら 大矢タクシーに!
シニアのためのパソコン教室 kumabon612のYouTube フリッカー写真集DMC-G1

« 今日は何の日だったの?09.10 | トップページ | 今日は何の日だったの?09.11 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/49413958

この記事へのトラックバック一覧です: 検察は一体なにをしたかった?:

« 今日は何の日だったの?09.10 | トップページ | 今日は何の日だったの?09.11 »