2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 今日は何の日だったの?08.31 | トップページ | 今日は何の日だったの?09.01 »

2010.09.01

手がつまると 検定へ 介護の技量に「段位」 お馬鹿だ!

 だいたい政府の対策で行き詰まってくると「検定」試験をやりたがる。「検定」がどの様になっているかを考えてみれば、漢字検定のように検定と言うよりも主催している財団の格好の手数料収入になってしまう。
 今の検定を見てみて、検定がどれほど重要視されているかを見れば一目瞭然だ。
 今回の介護の技量に「段位」をもうけるという発想も安易すぎてその後のことが全く考えられていない。
 介護の段位なんてあっても無意味だ。今義理の母の介護をしている人たちに一番必要なことは「心」でしかない。
 技術は経験とともにアップしてくるが、「心」温かい心というのは検定試験というかペーパー試験では全く評価できない。
 評価できない技量をどうやって段位として認定できるかと言うことになる。
 いくら段位が上でも、嫌いなやつは嫌いと言うことになるし、安心して任せられないと言うことにつながる。
 人間対人間で一番重要なことは いわずもがな 接し方でありそのひとの「心」ということだ。
 そんなことすら判らない、今の政府と言うことになる。
 こんな段位が出来たとしても、雇用転職の曽雌くんになるなんて言っている人の頭がちゃんちゃらおかしい。
 だとしたならば、自ら議員達も「段位」認定をやってから議員になれと言いたい。
 
 段位の重要性がどれほどのものか 議員達の段位で尺度が測れるならば、やってみればいい。段位が上だから、当選に優位なんてことは絶対にあり得ない。
 段位が上だから 比例代表で上位になんてことがもしあるとしたら、自分たち議員は間違いなくブータれるだろう。
 人柄で投票する場合が多いからだ。政策を一応見てから投票する。

 人を採用するときに、面接をするのはなぜだかを問いたいね。
 検定試験で良いランクを持っていても、人柄がどうしようもなければ 採用しない。

 嗚呼、検定とか段位で人が簡単に採用されるくらいならば、経済政策なんていらないし、縁故採用もなくなる。
 何故、縁故採用があるかを考えれば 無駄なことだと判るはずだ。

 本当に介護の世界で 技量認定をするならば、率先して 国会議員の「技量認定」をしてからにしてほしい。
 まあ、自分たちにとって馬鹿らしいこととなるとまずやらないだろうし、やらないということは、無意味なことと言うことに他ならない。
 下手な考え休むに似たりだ。
 こんなくだらないことについて委員会で協議することも無駄。

幸運の招き猫
くまさんことくまボンでした!
※墓所・墓石のご用命は 石匠のつるやへ!
Movable Type公式サイト ※千葉でタクシーに乗るなら 大矢タクシーに!
シニアのためのパソコン教室 kumabon612のYouTube フリッカー写真集DMC-G1

« 今日は何の日だったの?08.31 | トップページ | 今日は何の日だったの?09.01 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/49313100

この記事へのトラックバック一覧です: 手がつまると 検定へ 介護の技量に「段位」 お馬鹿だ!:

« 今日は何の日だったの?08.31 | トップページ | 今日は何の日だったの?09.01 »