2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


最近のコメント

ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 今日は何の日だったの?09.02 | トップページ | 今日は何の日だったの?09.03 »

2010.09.03

何故、小沢一郎は民主党代表選に立候補したのだろうか?

 何故、このように世論調査で不支持率が高いのにあえて民主党代表選に立候補したのだろうか?
 民主党の代表だったときの答弁の下手さといい、自民党と連立の時の独断専行での代表辞任といい、自分に不都合なことが起きるとあっと言う間に逃げてしまうという印象が特に強く残っている。
 政治と金の問題はどうなっているのか知らないが、その部分を差し引いて考えても、小沢一郎が首相になるという行動が全く理解できない。
 また、そのような小沢一郎を支援する民主党の議員達の感情も理解できない。

 彼で本当に日本が好くなるのだろうか?

 小泉純一郎のような棚ぼたで何故か人気を博した首相もいたが、彼の功績はなんだったのだろうか?

 今の日本の財政状況はどん底状態で、この状況を好転させるだけの人材は今のところ見当たらない。

 今頃になって、首相として支持する人たちの変わり身はなんなのだろうか?
 それならば、当初から彼を首相で押せば好かったはずだ。
 そうなると、民主党の議員達の人を見目がなかったと言うことに他ならない。

 あれほどまでに 変な鳩山前首相を選んだのも 民主党の議員達。

 どうも、以前の自民党のような人選でしか思えない。

 もっと、若くてバリバリしそうな人物が出てきても良さそうなものだが、それすらないということだ。

 菅、小沢のどちらがなっても 国会運営は大変なことは間違いない。

 そこで思うのだが、菅氏を温存するために 小沢一郎が首相になり、滅茶苦茶なことをやりつつ、衆議院解散なんてこともあるのかもしれない。
 はたまた、大連立を再度模索しているのかもしれない。

 小沢一郎がトップになったときには、下手くそな答弁で紛糾することだろうが、それすら計算済みかもしれない。

 日本の政治家の程度が、要するにこの程度ということを教えてくれているに過ぎない。

幸運の招き猫
くまさんことくまボンでした!
※墓所・墓石のご用命は 石匠のつるやへ!
Movable Type公式サイト ※千葉でタクシーに乗るなら 大矢タクシーに!
シニアのためのパソコン教室 kumabon612のYouTube フリッカー写真集DMC-G1

« 今日は何の日だったの?09.02 | トップページ | 今日は何の日だったの?09.03 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/49331520

この記事へのトラックバック一覧です: 何故、小沢一郎は民主党代表選に立候補したのだろうか?:

« 今日は何の日だったの?09.02 | トップページ | 今日は何の日だったの?09.03 »