2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 今日は何の日だったの?09.11 | トップページ | 今日は何の日だったの?11.12 »

2010.09.12

検察も警察も作文が得意か?!

  それならば検察・警察の取り調べはすべて可視化するべきだろう。
 犯人に真実を語らせることが彼らの仕事だとすれば、ちょっと違うのではないだろうか。
 本来の警察や検察は真実を調べることであって、犯人をでっちあげることではない。
 どうも、警察が逮捕して、検察が取り調べをする。そのシステム自体に劣化現象が発生しているのではないだろうか。
 弁護士が被疑者を弁護するのは当然なのだが、国家権力と立ち向かうには大変な力が必要だ。そんなときにもしかしたら、裁判員制度というものが出てきたのではないかと思ってしまう。
 一般人の感覚でさばくこと自体はとても良いことなのだが、その裁判の前に一般人にマスコミを通じて、マスコミにリークしてデマを流す、思い込みをさせるためにマスコミを利用するなんてことをされては困るのだ。
 どうしても疑ってかからない人が多すぎるし、すり込まれてしまって深層心理はなかなか抜くことが出来ない。まあ、心理学のある意味専門家である検察がマスコミにリークするということは風評を操る以外のなにものでもない。
  ナチスによるプロパガンダとは行かないまでもかなりそれに痴漢感じがする。
 無罪を主張することの難しさは男性の痴漢行為に対する疑いが最も身近で、冤罪を払拭するなんてことは大変難しい。
 マスコミはいつものことながら、痴漢犯人逮捕の時にはテレビ、新聞等マスコミは報道するのだが、冤罪だったときには余程冤罪事件だと沢がない限り、無罪だったときにはニュースとして流すことなんかしない。
 この甚だしいほどの扱いの差はなんなのかと思ってしまう。
 本来報道すべきことは「無罪」だったときに大きく報道すべきだ。
 検察もどんなことがあろうと裁判所で無罪となれば、謝罪と容疑者の社会復帰を大々的に支援して当然だ。
 検察が取り調べを恣意的なストーリー作成で犯人に仕立て上げられてしまったら、余程のことがない限り、裁判所でも覆すことが出来ない。
 今回については、大阪地検特捜部の捜査が杜撰で、公判検事も維持できると思ってしまって点が誤算だっただろう。
 しかし、「密室」調査で取り調べを受けて、自白を強要されてしまったら、その場しのぎで嘘の自白をしてしまうに違いない。
 どう考えても「見て聞いて判る」心理が当然と言うことになる。万が一ぼく自身が容疑者になった場合には、可視化になっていることを深く望む。
--------------------------- 
 弘中弁護士は「検察は密室の中で、利益誘導や威迫などあらゆる手段を使って調書にサインをさせている」と取り調べ可視化の必要性を訴えた。

 大阪府枚方市の公共工事を巡る談合事件で大阪地検特捜部に逮捕され、無罪が確定した元副市長・小堀隆恒さん(64)も招かれ、「大声でどなられ、ストーリーを認めるよう強要された。理不尽で拷問のような取り調べだった」と自らの体験を語った。 
---------------------------

 多分上記の取り調べは本当なのだろうが、思い込み操作で誘導しているとしか思えない。
 人間の心理なんて、取り調べる側と疑われている側では月とすっぽんぐらいに異なる。
 権力を背負っている人間の無言の圧力の凄さは想像を絶するものだろう。
 
 最近の日本の警察、検察の怠慢さは目に余るものがあるが、それだけ杜撰になっているという証かもしれない。

幸運の招き猫
くまさんことくまボンでした!
※墓所・墓石のご用命は 石匠のつるやへ!
Movable Type公式サイト ※千葉でタクシーに乗るなら 大矢タクシーに!
シニアのためのパソコン教室 kumabon612のYouTube フリッカー写真集DMC-G1

« 今日は何の日だったの?09.11 | トップページ | 今日は何の日だったの?11.12 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/49424293

この記事へのトラックバック一覧です: 検察も警察も作文が得意か?!:

« 今日は何の日だったの?09.11 | トップページ | 今日は何の日だったの?11.12 »