2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 今日は何の日だったの?10.02 | トップページ | 花の美術館で »

2010.10.03

外交力のなさ 穏便になんて言葉はない!日本の外交戦略はない!

 日本の政府の外交の様子を見ていると「穏便」に済ませたいと思っているようだ。しかし、外交はその国の主張と主張が真っ向からぶつかり合うパワーゲームでしかない。パワーゲームを勝利するためには策を弄した方が価値。
 「穏便」にとか、「相手を慮ってとか」そんな甘い言葉は全く必要ない。
 よく使う表現なのだが、「右手で握手をしながら左手で殴り合う」それが外交でしかない。外交はしたたかなものが勝つ、正直者が馬鹿を見る世界でしかない。
 海外の世論を味方に付けようとしているようだが、そのしたたかさでは中国の方が格段に上だ。法治国家ではないのだから、自分勝手に都合の良いように解釈を変えるのはお手の物だ。そんな国と正攻法で主張しあっても無駄なのは当たり前だ。
 腹黒い相手に正攻法なんてあり得ない。
 繰り返しになるが「正直者が馬鹿を見る」世界だ。
 中国では声ので買い物が勝ちだ。そして、国策で歴史観をいくらでも都合の良いように国民に洗脳してしまう。尖閣列島でさえ、中国の領土と教え込んでいるのだから困ったものだ。まるで日本の軍事教育そのものだ、洗脳はいくらでも洗脳できるという証でもあるのだが、インターネットでも検索し、フィルターをかけているのだから推して知るべし。

 国際社会でマスコミも漸く 「粗暴で不安を感じさせる素顔を暴露する結果になった」と以下のようにかたった。
-----------------------
2日付のフランス紙ルモンドは、1面の社説で「中国近海に地政学的な暴風雨警報」と題し、沖縄県・尖閣諸島付近での漁船衝突事件をめぐって中国が見せた強硬姿勢にアジアの周辺各国が大きな懸念を抱いていると論評した。

 同紙は、日本側に拘束された船長の身柄を取り戻すため「(本来は)外交的な方法で解決を目指すべきところだが、中国は自らの力を試す道を選んだ」と指摘。高官交流停止や交流イベント中止など中国側が示した姿勢は「強烈なナショナリズムにより、隣国を威嚇することさえいとわない、粗暴で不安を感じさせる素顔を暴露する結果になった」と論じた。

 中国の強硬姿勢は、同国と領土問題を抱えるベトナム、フィリピン、マレーシア、ブルネイなどの各国に大きな恐怖を与えているとした上で「予測される結論」として「この地域の多くの国が(自国の安全の)保障のため、米国への戦略的な接近を望むだろう」と指摘した。
------------------------------
 
残年ながら日本のマスコミの社説はこのような批判的なよく分析した社説はない。どうも平和ボケしているというか、日本の中のガラパゴス的な考え方が主流になって今っている。正義は日本国内では確かに日本人の考える「正義」でほぼ共通する。しかし、こと外国の悪しき隣人には正義という言葉も全く役に立たなくなる。
 民主党の枝の幹事長代理が
-------------------------
 「(中国は)悪しき隣人でも隣人は隣人ですから、それなりのおつきあいをしていかなければいけません。しかし、少なくとも日本と中国は明らかに政治体制から何から違っていて、協力して物事を前向きに進めていくということを期待する方がおかしい」
 「法治主義の通らない国なんですから、突然、一方的に身柄を拘束されたりいろんなことがあり得る国なんです。そういう国と経済的なパートナーシップを組む企業はよほどお人よしだなと私は思います」(民主党 枝野幸男幹事長代理)
------------------------

 そしてやはりとぼけた新聞記者の質問に
------------------------
また、枝野氏は講演の後、記者団から、中国を「悪しき隣人」と呼んだことの日中関係への影響を聞かれると、「良い隣人だと思いますか?」と逆質問しました。
------------------------

 と応えたのだが、どうもマスコミには事を荒立ててはまずいという観念が頭の中を占めてしまっているようだ。
 外交という考え方も日本独特の考え方が教え込まされているようで情けない。
 丁度今の大河ドラマでも歴史観が流れているのだが、一国の主張を、特に領土問題や権益を主張し合う場合に、相手を慮っていたら、何も物事は解決しない。
 ぎりぎりの所まで行って初めて、決着が付けられるところにこぎ着けられると思うのだがいかがだろうか。

 日本には残年ながら、日米安全保障のもとにすべてが何とかなっていた時代のおおぼけが未だに残っている。だからそれまでは米国の庇護のもと、外交もしていれば良かった。
 今までは故に独自の外交政策なんて全くなかった。
 これからは、力関係が変わってきているなかで、独自の外交政策がない限り、どうしようもない。国内の政治も大事だが、外交も同様に大事だ。
 なん内閣の歯切れの悪さを見ても、ほとんど手の打ちようがないようにしか思えない。

幸運の招き猫
くまさんことくまボンでした!
※墓所・墓石のご用命は 石匠のつるやへ!
Movable Type公式サイト ※千葉でタクシーに乗るなら 大矢タクシーに!
シニアのためのパソコン教室 kumabon612のYouTube フリッカー写真集DMC-G1

« 今日は何の日だったの?10.02 | トップページ | 花の美術館で »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/49634460

この記事へのトラックバック一覧です: 外交力のなさ 穏便になんて言葉はない!日本の外交戦略はない!:

« 今日は何の日だったの?10.02 | トップページ | 花の美術館で »