2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 今日は何の日だったの?10.03 | トップページ | 今日は何の日だったの?10.04 »

2010.10.04

悪しき隣人

 昨日は隣の公園で若いカップルが禁止されているキャッチボールをしていた。まあ、大丈夫だろうと思っていたら、ボンとたまが飛んできた教室の窓に当たった。
 思わず何が起こっているのか判らず、窓際に駆け寄り、怒鳴ったことだけを覚えている。
 マナーを守らない人が近隣にいると落ち着いて生活が出来ない。
 キャッチボールをしていて、後逸したらどの様になるかを想定して、ぼくの家をバックにしていることだけが予想できる。
 90度位置を変えるとどちらにしても道路の車にぶつかるからだ。そして、ボールを取りに行くときに危険を感じるからその角度でのキャッチボールをしない。
 しかし、ボールがそれてぼくの家に当たることは想定していないようだ。
 要するに、自分達の都合でしか考えず、ボールが後逸してものを壊すことは二の次三の次と言うことでしかない。
 ボールが人に当たったときのリスク負担を考えていないようだ。もし何かあったらば、器物損壊などでいつでも訴える用意はしているし、住居不法侵入で110番にもかけるつもりで最近はいる。
 注意してもやめようとしないからだ。
 ゴルフの練習を高遠でやる馬鹿もいるが、キャッチボールもどんなに上手なProがやってもゴルフも野球も失敗する可能性がゼロではない。ましてや、アマチュアでそれもたまにしかやらない人間のボールがどこに飛んでいくかなんて危なくてしようがない。

 悪しき隣人をそばに持つ石垣市の人たちの気持ちはよくわかる。誰かが取り締まらない限り、行動は収まらないからだ。
 問題は公園のマナーを守らない人たちと中国との関係で大きさは異なるが、精神的なダメージはとても大きい。
 ルールを守らない人たちは、自分がしていて失敗した時の危機管理が出来ていない。

 二度とここではやらないと若いカップルは言っていたのだが、ほとんど誠意の感じない態度だった。誤ることを知らない人たちが増えていることだけは間違いない。

 公園のそばに住んでいて環境は一見いいのだが、公園でのマナーが悪い輩が多いと精神的ないらだちはなかなか収まらない。

 日本人のマナーも確かに悪くなっているのだが、日本人同士の場合はもう少し相手の立場に立ってどうなのかを考えてほしいものだ。
 悪しき隣人の場合は、パワーゲームで押し切らない限り、一度引いてしまえば、どんどん要求がエスカレートしてしまう。。
 蓮舫議員が今回の政府の対応を「ベスト」と言ったそうだが、この言葉を聞いた途端、蓮舫議員に対する考え方がすっかり変わってしまった。
 あんな対応で「ベスト」だったら、このような政府と内閣はいらない。

幸運の招き猫
くまさんことくまボンでした!
※墓所・墓石のご用命は 石匠のつるやへ!
Movable Type公式サイト ※千葉でタクシーに乗るなら 大矢タクシーに!
シニアのためのパソコン教室 kumabon612のYouTube フリッカー写真集DMC-G1

« 今日は何の日だったの?10.03 | トップページ | 今日は何の日だったの?10.04 »