2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 今日は何の日だったの?10.14 | トップページ | 今日は何の日だったの?10.15 »

2010.10.15

安全確保が出来ない業者

 昨日の道に壁が倒壊し、下校途中の高校生が下敷きになった。ものすごく悲惨な事件だ。 解体業者が安全策をきちっととっていたら、死亡することなんて亡かった。
若い命が無残にももぎ取られてしまった感じだ。
 その現場を目撃していた人の語る弁だと、女子高生は倒壊する壁を見ながら走っていたそうだ。相当な恐怖となんとも対処のしようがない複雑な気持ちで走りながら亡くなったのだろう。
 多分コマ落としの風景を見ながら、亡くなっていったに違いない。女子高生の乗車していた自転車が見るも無惨にひしゃげてしまっていた。ものすごい圧力だったことが判る。 
 解体業者は警備員も配置していなかったそうだ。
 敷地内に何があっても倒壊するべきなのだが、その措置さえとられていなかった。
 最近は、コストダウンが優先で事故などの対処が行われていない工事現場の方が多いのではないだろうか。
 クレーンが倒壊する事件も後を絶たない。本来ならば、他山の石とするところなのだが、全く無視。
 日本人の心が蝕まれているとしか思えない。

 女子高生の方がこんなことで命を落としてしまうなんて、さぞ悔しかったのではないだろうか。
 事故を起こさないと言うことが最低条件の考え方なのだが、それすら出来ない事業者は一発業務停止くらいの措置が必要ではないだろうか。

 女子高生のご冥福をお祈り申し上げます。

 工事現場を通過するときには相当迂回しないと行けないし、警備員がいないときは更に注意が必要だ。自分で安全を確保しないといけない時代か?

幸運の招き猫
くまさんことくまボンでした! 
※墓所・墓石のご用命は 石匠のつるやへ!
Movable Type公式サイト ※千葉でタクシーに乗るなら 大矢タクシーに!
※千葉市 稲毛でのトータルbeauty
         コミュニケーションサロン メグ・ライト
シニアのためのパソコン教室 kumabon612のYouTube フリッカー写真集DMC-G1

« 今日は何の日だったの?10.14 | トップページ | 今日は何の日だったの?10.15 »