2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 今日は何の日だったの?10.31 | トップページ | 今日は何の日だったの?11.01 »

2010.11.01

晴れないね 秋なのに

  晴れないですね、秋なのに。秋の長雨という形になっています。もう、11月なのに市と度の高い日々が続き、乾燥してくるのとは縁遠い感じ。
 そんな中で、尖閣列島問題もなんだか日本の外交は訳がわからず、中国の内政問題の尻ぬぐいをさせられている感じだ。
 そのしわ寄せを前原外相にすべてをぶつけ、嫌いな人事を変えようなんてことも考えられる。
 外向なんて、正面から言いたいことを海外に向けて言わない限り全く始まらないし、日本のスタンスなんて判りっこない。
 言い過ぎることなんてないというか、今までの日本が発言を至なさ過ぎだ。相手の立場ばかり考えているから日本の立場が訳のわからないものになってしまう。
 自己主張してこそなんぼの世界。
 自己主張しないものはそれで満足していることに他ならない。自己発言の出来ない人間は能無しと言うことでもある。
 にもかかわらず、未だに日本の政府は相手の顔色ばかり考えて行動をしているようだ。 相手の顔色を考える前に、自国のメリットを考えるのが普通の考えなのだが、ソレをしない日本。
 民主党の枝の幹事長代理が次のように語っていて、ごもっともという感じだ。
------------------------
 民主党の枝野幸男幹事長代理は31日、岡山市で記者会見し、日中関係に関し「こじれている理由はひとえに中国サイドにある」と述べ、ハノイでの首脳会談を拒否した中国の対応を批判した。
 枝野氏は、尖閣諸島沖での漁船衝突事件に触れ「中国船が領海侵犯して日本の法に触れた」と強調。「日本側の事情なら打開の努力をするが、こちらが関係修復のために何かすべきだとは思わない」とも語った。 
-----------------------
 
中国の内政問題というか中国国内の批判をかわすために情報統制をし、日本を悪者にしているに過ぎない。中国人民をもう完全に統制することができないと言うことかもしれない。
 日本は自己主張をハッキリと言わない限り、世界は認めようとはしない。
 馬鹿な一つ覚えで「互恵関係」とばかり言っているが、そんな都合の良い関係なんて作れるわけがない。
 「Noといえる日本人」(盛田昭夫・石原慎太郎共著)が1989年に出版されているのだが、どうやら未だにノーと言えないらしい。
 自分の決断が出来ない日本人らしいが世界では優柔不断なやつとしか思われない。

 何人かが集まって、食事を頼むとき、みんな同じものを頼むのも個性がないというか、気を使っているとしか思えない。
 我が儘とは違う、自己主張は大事だし、意見が異なることが当たり前と思うことの方が大事だ。日本人の悪さは、相手の意見が異なると感情的になることだし、変ないじめにも繋がることが多い。
 違いがわかる日本人になるべきだし、画一的な答えを求めることもやめるべきだ。
 
 嗚呼、自己主張をすることがいまだにできずに、最近はモンスター化してしまう馬鹿が増えてしまって困る。

« 今日は何の日だったの?10.31 | トップページ | 今日は何の日だったの?11.01 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/49903591

この記事へのトラックバック一覧です: 晴れないね 秋なのに:

« 今日は何の日だったの?10.31 | トップページ | 今日は何の日だったの?11.01 »