2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


最近のコメント

ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 今日は何の日だったの?12.04 | トップページ | 今日は何の日だったの?12.05 »

2010.12.05

機密暴露の善し悪し ウィキーリークスWikileaks

 たとえばの話だが、人の考えていることがすべて他人に判ってしまったら、多分、物事が進まなくなってしまう。
 悪いことをちょっとでも考えたら、それが相手に判るなんて冗談ではすまされない。
 上司とぶつかり、心の中で「殺してやる」なんて考えたら、それが言葉として伝達される、するとどうだろうか、表面上は謝罪の形をしていても、すべてぶちこわしだ。
 夫婦恋人で浮気していることがそのままばれたら、ちょっとだけ不謹慎なことを考えてしまったらそれが相手に伝わったらどうするのだろうか。
 むかし「サトラレ」というドラマがあった(鶴田真由、オダギリジョー)。
このオダギリジョー主演の医師の考えていることがすべてどこからか聞こえてしまうというドラマだ。
 このようなことが、まさにウィキリークスで行われている。
人には、聞かれたくない戯言みたいな言葉がいつでも交わされている。
それまで公開されてしまったら、人の交流、国との外交は間違いなくぎすぎすしたものになってしまう。疑心暗鬼というか、信頼関係なんて全くなしと言うことだろう。

 人はどうしても知りたいことも努力して知ることができる方がよい。
 人と人、国と国でもお互いで知らない方が円滑に進むことは多々ある。

 守秘義務もなくなるし、情報をかき集めるなんて努力もなくなるし、マスコミにはスクープなんてものが全くなくなってしまう。

 公開が必要なものと公開しなくて良いものが世界には必ずあると言うことだ。
 まあ、裁判も弁護士も必要がなくなるだろう。

 考えていることがすべて判ってしまったら、この世の中は真っ正直というか、緩衝材が全くなくなっていまい、どうも大変なことになりそうだ。
 言葉の綾なんて無くなってしまう。

 愛想笑いも嘘ばっかりと言うことになる。

 すべての情報を知ることが出来ることは一見いいかもしれないが、人間の世界では半分も判ればいいのかもしれない。

 どうも、ウィキリークスWikileaksのやっていることは一見正当に見えるのだが、実は不条理な人間世界には無理がありすぎる。

 漸く、人々はすべて公開されるということの愚かさを知ったのかもしれない。

幸運の招き猫
くまさんことくまボンでした! 
※墓所・墓石のご用命は 石匠のつるやへ!
Movable Type公式サイト ※千葉でタクシーに乗るなら 大矢タクシーに!
※千葉市 稲毛でのトータル美容
         コミュニケーションサロン メグ・ライト
シニアのためのパソコン教室 kumabon612のYouTube フリッカー写真集DMC-G1

« 今日は何の日だったの?12.04 | トップページ | 今日は何の日だったの?12.05 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/50217927

この記事へのトラックバック一覧です: 機密暴露の善し悪し ウィキーリークスWikileaks:

« 今日は何の日だったの?12.04 | トップページ | 今日は何の日だったの?12.05 »