2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 菅総理 リーダーシップ本当にないね! | トップページ | エジプト軍と何があったの?大統領辞任 »

2011.02.12

日本人にこれだけの力があるだろうか?エジプト

  エジプトの民衆デモによってムバラク大統領が辞任を発表した。数週間もデモに参加すること自体が日本では考えられないのだが、仕事を休んでも(無職の人も)現政権を倒した、倒さなければという思いが強いからこそ、このような行動に出たのだろう。
 軍隊が中立的な立場に立っていたからこそ達成できたことなのだが、日本ではこのようなデモが起こるだろうか。
 中国ではこのようなデモが起きたらば、人民解放軍の行動はたぶん天安門事件と同じ結末になることだろう。エジプトが検索エンジンで検索できないように情報操作をしているのだから、当然かもしれない。
 中国自体、過去の経緯から一つの国で長年続いたことがない。つまり、いずれ分裂し、また、統合が歴史から見るとされそうな気がする。人間がものすごく多すぎることがそもそもの原因だ。
 この中国の民衆が現状を知ったならば、どうなるかはわからないだろう。声の大きい方が価値の国だ。常識が通用するわけがない。力が強いことが事故権力の証でしかないからだ。今自由に世界に出かけることができる人たちは現状に問題があったとしても、経済的に満足しているのだから、反旗を翻すわけもない。だから、海外旅行をさせている。
 中国、北朝鮮はいつ民衆が立ち上がるかわからない。
 しかし、ある程度様々な情報がフィルターなしで見られている日本はいかがだろうか。学生運動華やかな頃に比べたら、学生運動という言葉がほぼ死語になっている。
現状に満足しているというか、なんだか「関係ない」という空気を感じている。
それよりも「自分自身」が大事ということかもしれない。
 このように政治がどうしようもないくらいていたらくな状況の時に、有権者が立ち上がる雰囲気がどうもない。
 なぜなのだろうか?
 完全に民主党に裏切られてしまったことなのかもしれない。
 民主党がより自民党になってしまったとき、政権交代は何だったのかということでしかない。
 悲しい現実だ。
 もう少し、民主党らしい政治をしてくれるかと思ったら、民主党らしさは完全にかなぐり捨ててしまった。
 政治主導もあっという間にギブアップ。民主党は野党時代から「官僚」たちをぼろくそに言っていたのだから、「官僚たち」はへそを曲げるわけだ。
 人の使い方を全く知らない。
今までの国会での挙げ足取りばかりして、攻撃ばかりをして人を慮ることが全く欠落していた。
 実はその発言が今の政権を窮地に陥らせている。
 野党時代の責任をとらなくてもいい「辛辣、悪辣」な言葉と態度が、どんどん外交問題を自ら窮地に追い込んでいる。
 中国尖閣列島事件や今の北方領土問題もしかりだ。
 民主党の責任がとれない態度では、今の政治がうまくいくわけがない。
 官僚たちに今度は屈し、頭数が足りないときたら、なりふり構わず、「抱きつき戦法」だ。
 有権者といえば、どうも冷め切ってしまっている。
 自分の国なのに、どうしてこうも熱さが違うのだろうか。

 情報が満ちあふれているのにもかかわらず、完全に政治を無視しているかのようだ。
  野党が長すぎると自分の発言がどのくらい影響があるのかがわからないらしい。

幸運の招き猫
くまさんことくまボンでした! 
※墓所・墓石のご用命は 石匠のつるやへ!
Movable Type公式サイト ※千葉でタクシーに乗るなら 大矢タクシーに!
※千葉市 稲毛でのトータル美容
         コミュニケーションサロン メグ・ライト
シニアのためのパソコン教室 kumabon612のYouTube フリッカー写真集DMC-G1

« 菅総理 リーダーシップ本当にないね! | トップページ | エジプト軍と何があったの?大統領辞任 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/50846370

この記事へのトラックバック一覧です: 日本人にこれだけの力があるだろうか?エジプト:

« 菅総理 リーダーシップ本当にないね! | トップページ | エジプト軍と何があったの?大統領辞任 »