2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« わいては消える 「スポーツ庁」設置?! | トップページ | 八百長=日本相撲協会 »

2011.02.04

民主党も相撲協会もどうしようもない!

 民主党も相撲協会もほとんどどうしようもない点では同列だ。どうしようもない政府が、これまたどうしようもない相撲協会をコメントする、指示するなんて信じられない。
 まあ、あきれてしまう。
 「盗人猛々しい」に等しい。
 民主党はマニフェストをみてくれと政権交代前にはさんざんマニフェストをアピールしていたのだが、菅直人になったら、マニフェストはほとんど無視。野党に秋波を送りつつ、マニフェスト修正は交換条件になってしまった。
 いったいこの政党は何をしてくれるのかが全く不明。小沢一郎問題も相も変わらず、小田原評定だ。無駄に時間を浪費するだけで、やっていることだけの意思表示。
 結局何もできない。
 日本相撲協会もさんざん大相撲の八百長問題で週刊現代と裁判沙汰になったりしていて、証拠が見つからなかったから、日本相撲協会が勝訴していた。
 しかし、これも嘘だったということになる。
 裁判も正直証拠がなければ、真実は負けてしまうということだ。

 日本相撲協会と裁判で争って負けた出版社側は「それみろ」と思っていることだろう。

 2000年から八百長疑惑については出ていたのだが、証明することができなかっただけだろう。

 つまり、もう、大相撲の八百長は日常茶飯事行われていたことになる。無気力相撲を審判が見極めてなんてことになっていたのだが、それも、八百長相撲の当事者の方が役者が上だったということだ。

 もう、日本相撲協会は公益法人を辞めて、一般法人で「相撲」をやった方がいい。完全な興行でいい。国が公益法人で支援する必要もなく、自分たちで好きなようにやればいい。
 八百長もありで、視聴者から八百長かどうかを当てさせるトトカルチョでもしたらおもしろいだろう。
 別に、国技と法律でうたわれているわけでもなし、国技もどきなのだから、民間でおもしろおかしく努力した方がましだ。
 その分しっかり法人税を課すべき。

 裁判で勝ったからといって、それが真実ということではないことの証明だ。

 小沢一郎の強制起訴で有罪か無罪かはいずれ明らかになるのだが、それはあくまでも裁判での話しだ。
 裁判での限界が今回の日本相撲協会の八百長疑惑裁判でも明らかになった。
 裁判なんて、こんなもの。
 真実を知っているのは「本人」のみだ。
 無罪を勝ち取ってほくそ笑んでいる人間もいれば、本当に無実なのにえん罪に苦しんでいる人もいるはずだ。
 人間が人間を裁く限界が 日本相撲協会を見れば明らかだ。

 もう、公益法人を外して、好き勝手にやればいい。勝ち負けが伴うところには、賭け事がいつでもつきまとう。
 嘘つきは舞台から去ってもらうのが公平な見方だ。

幸運の招き猫
くまさんことくまボンでした!
※墓所・墓石のご用命は 石匠のつるやへ!
Movable Type公式サイト ※千葉でタクシーに乗るなら 大矢タクシーに!
※千葉市 稲毛でのトータル美容
         コミュニケーションサロン メグ・ライト
シニアのためのパソコン教室 kumabon612のYouTube フリッカー写真集DMC-G1

« わいては消える 「スポーツ庁」設置?! | トップページ | 八百長=日本相撲協会 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/50772438

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党も相撲協会もどうしようもない!:

« わいては消える 「スポーツ庁」設置?! | トップページ | 八百長=日本相撲協会 »