2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« ようやく NHKもラジオ放送ネットへ | トップページ | 上野のパンダはトップニュース?! »

2011.02.21

がんばらなくていい人ほどがんばる!? この矛盾

 政治の世界とはとてもおもしろくて、皆さん「潔い」という言葉が全く通用しない世界だ。首相の座がとても居心地がよいのか知らないが、「退陣論」が噴出してくると、「馬の耳に念仏」「蛙の面にション弁」「糠に釘」もう、全く聞く耳を持たないのか、おしなべていう言葉が「がんばる」と言い出す。
 本当に不思議だ。
 長きにわたる自民党政権下の末期の阿部、福田、麻生との流れでも同じだった。
 鳩山由紀夫についても仕方なくやめたということだ。

 潔くやめたという人は良くも悪くも記憶に残るのは小泉純一郎しかいない。

今回も菅直人は「こういう時こそしっかり立っていることが大切だ。どんな嵐が来ようが頑張る」と述べたそうだが、勘違いも甚だしい。
 もう自分の力がないとなれば、このような重要な時期でも、さっと身を引き、自分より優秀な議員や政党にすべてを任せるべきだろう。

 できない人ができると思い込んでいる人ほどやっかいなことはない。
 自分の状況を分析でいない人ほど、第三者には迷惑をかけることになるのだが、困ったものだ。
 菅直人は「解散カード」をちらつかせているらしいが、解散なんかできないかもしれない。
 まず、民主党現議員の半数も再選すれば、相当いい結果だろうが、三分の一も厳しいのではないだろうか。
 統一地方選挙の様子を見ていると、もう民主党から乗り換えている議員がニュースで話題になっている。
 議員になるためには「民主党」の看板は呪われた看板で有権者は避けることは間違いない。
 期待が大きかっただけに、マニフェストと減税、無駄を省きますといっていたのが本当に大嘘だったのだから、自民党よりも信ずるに値しないということだろう。

 内紛を処理できない党首に国の政策を期待してはいけない。

 この手詰まりな状況を解決できない首相は「どんな嵐がこようとがんばる」なんて、お馬鹿な発言をせずに、すぐにでも解散するべきだろう。
 そして、民主党が崩壊することを願って投票に行く。

 今年の地方選挙の結果が楽しみだ。
 いったい民主党の議員が何人残るだろうか。
 もしかすると、新たな第三政党が大きく伸びるかもしれない。

 ああ、本当に、政権に上り詰めるとお馬鹿ほど降りることができなくなるようだ。 

幸運の招き猫
くまさんことくまボンでした!
※墓所・墓石のご用命は 石匠のつるやへ!
Movable Type公式サイト ※千葉でタクシーに乗るなら 大矢タクシーに!
※千葉市 稲毛でのトータル美容
         コミュニケーションサロン メグ・ライト
シニアのためのパソコン教室 kumabon612のYouTube フリッカー写真集DMC-G1

« ようやく NHKもラジオ放送ネットへ | トップページ | 上野のパンダはトップニュース?! »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/50931892

この記事へのトラックバック一覧です: がんばらなくていい人ほどがんばる!? この矛盾:

« ようやく NHKもラジオ放送ネットへ | トップページ | 上野のパンダはトップニュース?! »