2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 民主党が消えた日 | トップページ | 民主党も相撲協会もどうしようもない! »

2011.02.03

わいては消える 「スポーツ庁」設置?!

 自民党時代にも「スポーツ庁」構想というのがあった。オリンピックで金メダルを量産しようというものだが、そんなものは税金の無駄といった方がいい。
 国がメダルを取るための期間を作る必要はない。
 金メダルを目指す人ががんばってもらえばいい。
 
 民主党も何もやるものがないとどうも新たな省庁を作りたくなるらしい。これは議員の修正らしい。作っては無駄だといって壊し、整理統合する。

 しかしだ、今まで整理統合して人員や予算が削減されたものがあるだろうか。外郭団体といわれるものがどんどん増えて、天下り先を増やしているに過ぎない結果が出ている。
 そもそも、新興国でもあるまいし、金メダルを取って国威発揚なんて発想が古すぎる。 
 スポーツは健康維持のためにやるべきであって、国が主導権をとって「ああだ、こうだ」というとろくなことはない。
 国としては厚労省あたりで、健康のため 家に閉じこもらず、少しでも外の空気に触れて歩きましょうというだけで十分。
 国が主導すると「人、物、金」がなくては動けない体制ができてしまう。
 そこには利権と補助金が発生する。
 そうすると派閥ができたり、簡単に参加できないシステムができてしまう。
 
 運動して健康に留意しましょうとやるだけで十分。

 もう、オリンピックで金メダルの数を競うのは 中国とかに任せておけばいい。
 「パンとサーカス」の「パン」の部分をもっと重点を置くべきだ。政権与党の民主党は今の日本を今後どうするのかの将来像を出してほしいのだが、全く、どうしたいのかがわからない。
 今や国民の思考はものすごく多様化している。スポーツでさえ、その祭典といわれるものが終わってしまえば、即終わってしまう。
 サッカーもよく頑張りましたということでしかない。子供たちは、彼らの姿を見て、サッカー選手にあこがれる人も出てくるだろう。しかし、大人たちにはみるだけのスポーツとなる。
 熱烈なファン以外はすぐに目がほかに移ってしまう。

 マスコミの目移りの激しさに、国民は振り回され体というのが現状だ。
マスコミが一生懸命応援しているバレーボール。スポーツの域を超えて、番組の一つとされてしまって、みる気もしない。
 
 情報も偏ったマスコミの報道でしか、(ネットのないところでは)信じざるを得ない。 
 健康のために政治が積極的に旗を振る必要はないが、指針を示すだけで十分。
 誰しも健康には留意している。
 スポーツ庁を作って一人の金メダリストを作るよりも、裾野の国民一人一人の健康、医者にかからなくてもいい体を作ることをやってほしいものだ。

 医者の待合室が談話室になっていることを考えても、人と自然に話し合える場所を考えた方がいい。
 まあ、いずれにしても国が旗を振ると現実離れしたものができてしまう。
 何でもそうだが、金をかけずにやれるものが一番長続きがする。 

 議員の考えることって、無駄と表裏一体ということがよくわかっていないようだ。
 そして、官僚たちは一度できたものは、まず、消すことはしない。

幸運の招き猫
くまさんことくまボンでした! 
※墓所・墓石のご用命は 石匠のつるやへ!
Movable Type公式サイト ※千葉でタクシーに乗るなら 大矢タクシーに!
※千葉市 稲毛でのトータル美容
         コミュニケーションサロン メグ・ライト
シニアのためのパソコン教室 kumabon612のYouTube フリッカー写真集DMC-G1

« 民主党が消えた日 | トップページ | 民主党も相撲協会もどうしようもない! »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/50763042

この記事へのトラックバック一覧です: わいては消える 「スポーツ庁」設置?!:

« 民主党が消えた日 | トップページ | 民主党も相撲協会もどうしようもない! »