2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 根絶どころか・・・天下り増 あきれた! | トップページ | 今年の大河ドラマ のだめだった?! »

2011.02.25

幸福の科学の信者 賠償請求 それも総裁妻が

 新興宗教はあまり信用しないのだが、また、新興宗教が政治団体を運営することも嫌い。 幸福の科学が幸福実現党を結党し、選挙に臨んだが、惨敗だったのを覚えている。
まだ、日本の有権者も見る目が合ったと思うのだが筏だろうか。
 ところが、「幸福の科学に賠償請求」を東京地裁に名誉毀損で提訴したそうだ。
幸福の科学も宗教の得では解決できなかったということだろう。
まあ、いずれの宗教も人間的で宗教戦争をしているのだから、徳のない人ほど宗教に頼るのかもしれない。
 今回あまり話題にはなっていないようだが、宗教法人「幸福の科学」の大川劉邦総裁に名誉を傷つけられたとして、妻が名誉毀損で訴えた。
 まあ、離婚を求める訴訟も東京家裁に起こしているのだから、総裁もたいしたことはない。
 神聖な宗教行為への言いがかり、虚偽の流布といっているようだが、所詮宗教では解決できなことは多々あり、現代の裁判で処理ということだ。
 宗教法人も一般法人と同様に税金をかけるべきだろうし、非課税の部分の上限を1万円くらいまでに下げるべきだ。
 それでなくても、宗教はなんだか「おこころのままに」なんて曖昧な言葉で相手に多くを求めているような気がしてならない。
 「地獄に落ちろ」といわれても困る市ということだろう。
 
 どの宗教も教義は立派でも、それを守ろうとするのは生臭い人間だから、無宗教でも大して大差はないのかもしれない。
 日本人の場合は世界の宗教色の行事もすべて商業色がウエイトを占め別物になってしまっているし、冠婚葬祭で目安となっている六曜もいい加減なもので、鰯の頭も信心みたいなものだ。
 日本の場合は八百万の神が主流で神様にはとてもおおらかだ。

 宗教法人が金儲けの隠れ蓑になってはいけないということ。

この裁判はとても興味深いものがある。
しかし、マスコミはあまり報道していないのはなぜ?

幸運の招き猫
くまさんことくまボンでした! 
※墓所・墓石のご用命は 石匠のつるやへ!
Movable Type公式サイト ※千葉でタクシーに乗るなら 大矢タクシーに!
※千葉市 稲毛でのトータル美容
         コミュニケーションサロン メグ・ライト
シニアのためのパソコン教室 kumabon612のYouTube フリッカー写真集DMC-G1

« 根絶どころか・・・天下り増 あきれた! | トップページ | 今年の大河ドラマ のだめだった?! »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/50964393

この記事へのトラックバック一覧です: 幸福の科学の信者 賠償請求 それも総裁妻が:

« 根絶どころか・・・天下り増 あきれた! | トップページ | 今年の大河ドラマ のだめだった?! »