2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 計画停電はやむを得ない しかし・・・ | トップページ | 節電のため パソコンを停止します。 »

2011.03.14

いくらでも計画節電に協力するのだが・・・。

いくらでも計画節電に協力するのだが、東京電力の情報が二転三転していて、どうしていいやらわからない。
 僕のところではグループ2なので、9:20分~13:00、18:20~22:00分が停電となる。つまりこの時間帯に電気を使わない生活準備をしたのだが・・・。
 9:20分に停電になると思い、パソコンの電源を切り、電池でラジオをかけNHKを聞いていたら、東京電力の会見が入ったということで聞いていると、第2グループの計画節電は今のところやらずに、電力を流しているということで、パソコンに電源を入れユーストリームでNHKのテレビを見ることに。
 何をどうするのかを、政府が決めてほしいものだ。
 この辺でも民主党の政権運用のだめさ加減が出ているように感じる。
 東京電力の努力していることはものすごくよくわかるのだが、政府が主導してやらなければ、二転三転、三転四転することは今後もあり得る。
 緊急事態なのだから、変な話だが、仕事も緊急事態で数日間自宅待機と決断する必要もあるはずだ。
 様々な問題が出ている中で、本当に決断をして、経済の中断も決断するべきだ。
 交通アクセスが、ずたずたになっている中で、大きな余震がきたときにはさらに、帰宅困難者が出てくる可能性が高い。
 少なくとも大きな余震の確率が70%と高い3日間については、緊急的な措置でお休みとすべきだと思うのだがいかがだろうか。

 次に思うのは、津波による大きな被害を受けたところは今後、将来のことを考えて、すべての住宅を非難した高台に国策で住宅を作るべきだろう。
 今までの住宅地を片付けることよりも新たに作った方が安心して生活が得きるように感じる。
 千年に一度の大津波ということだが、確率的にはいつまた起きるかわからない。

 国のやるべきことは、被災者に安心な場所を提供することと、今後の災害があっても被害者が極力出ないようにすることだろう。

 赤字国債等で財源がないことはわかるのだが、新たな町作りをするべきだ。
 これは国会議員すべての人がモデルとして知恵を出すべきなのだが、果たしてできるだろうか。
 安心した町作りができない限り何をするにも、発展はあり得ない。

 今の政権に期待するしかないのだが、どうもシャキッとしていない。
 よりによって、こんな時期に情けない政府にこんな大災害では不安でしょうがない。

------------------------------------------------------------
・千葉市 美浜区 高洲 パソコン教室
 
             シニアのためのパソコン教室
・市川市 柏井町 船橋法典 ピアノ教室・音楽教室
     井戸由美ピアノスタジオ

・千葉市 美浜区 でタクシーに乗るなら 個人タクシー 大矢タクシー
・佐倉市 表町  墓所・墓石のご用命は             石匠のつるや

kumabon612のYouTube  ○フリッカー写真集DMC-G1
------------------------------------------------------------

« 計画停電はやむを得ない しかし・・・ | トップページ | 節電のため パソコンを停止します。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/51116424

この記事へのトラックバック一覧です: いくらでも計画節電に協力するのだが・・・。:

« 計画停電はやむを得ない しかし・・・ | トップページ | 節電のため パソコンを停止します。 »