2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 東電 二ヶ月たってから、原発の現状把握か!? | トップページ | 四十九日の準備中 »

2011.05.17

自由化の進まない日本 NTTと東電

 どうして日本は親方日の丸企業が独占していて本来本当の自由化が全く進まないのだろうか。NTTの光回線も全く独占状態で、価格が全く安くならない。競争相手もなったクイナ状況だ。そして、注目もされないが、国策企業の職員の給料はなぜか高いのだ。
 公務員も高のだが、漸く公務員も少数派ではあるのだが、給料の減額に動き出して入る。国の事業は本来は国民にたいするサービスなのだが、サービスとは名ばかりで、独占しておいて、職員はとてもいい環境に置かれてしまう。
 おかしな国日本だ。ソフトバンクの孫氏ではないけれど、光回線も彼が企画すれば、月額1500円で使用が可能かもしれない。国策企業は自分たちの利権だけ守り、本来の国民サービスなんて二の次さんの次と言うことになる。
 東電も全く同様で共葬なき独占で、今回の事件で高給取りと言うことがはっきりした。 そして、国からは東電は発送電分離にするという案も出ているのだが、インターネットの現状を見てみると、全く同様なシステムになっている。
 それでどうなったかと言えば、ほとんど安くなっていない。
 プロバイダーも硬直的で値下げ競争はどこへやら。
 ましてやNTTの料金改定は遅々として進まずだ。
 今回はライト版を新たに創設したが、使用している人にはどのようにしたら、現状の料金を確認した方がいいのか全くわからない。
 要するに、いっぱい使いそうな人は現状の方が料金が安いと言うことを暗に言っているとしか思えない。
 やることなすこと、日本の政治が本当に自由かを使用なんて考えていないと言うことになる。
 誰のために 政治をしているのか?誰のためのサービスなのかと言うことが全く異なるところに置かれてしまっている。
 どうも、NTTも東電のように国策企業の人々のための企業政策を肉がしているとしか思えない。
 国民のサービスと言うことが本来の趣旨ならば、サービス料金を下げるために、独占企業の社員の給料、役員の報酬を当然下げるべきだ。
 まあ、親方日の丸企業の典型が日本航空だったのだが、一度つぶしてみないと全くわからない内部の人たちと言うことだろうし、どうも、国民も変に同情してしまうという変なところがある。
 国策企業でありながら、福島原発の避難されている人たちにたいする賠償の一時払いでさえ、いつになったら払うのかわからない状況だ。
 要するに、自分たちがまず大事で、その次の次くらいに、避難されている人たちと言うことに他ならない。
 避難されている人たちとの会合でも必ず発言される言葉は「できるだけのことはします。」とか、「善処していきます」だけだ。
 それしか英内担当者は出席する価値が全くない。
 無能な菅内閣も「努力します」という言葉ではね、信頼感は築けません。
 政治家はどう責任をとるかでその人の存在価値が証明されるような気がするのだが、責任とれるだろうか?とるだろうか?とても疑問だ。

------------------------------------------------------------
・千葉市 美浜区 高洲 パソコン教室
 
             シニアのためのパソコン教室
・市川市 柏井町 船橋法典 ピアノ教室・音楽教室
     井戸由美ピアノスタジオ

・千葉市 美浜区 でタクシーに乗るなら 個人タクシー 大矢タクシー
・佐倉市 表町  墓所・墓石のご用命は             石匠のつるや

kumabon612のYouTube  ○フリッカー写真集DMC-G1
------------------------------------------------------------

« 東電 二ヶ月たってから、原発の現状把握か!? | トップページ | 四十九日の準備中 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/51694269

この記事へのトラックバック一覧です: 自由化の進まない日本 NTTと東電:

« 東電 二ヶ月たってから、原発の現状把握か!? | トップページ | 四十九日の準備中 »