2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 国も東電も震災麻痺、挙げ句の果てにマスコミも麻痺! | トップページ | 国の情報が信用できないと 測定器具が売れる »

2011.05.31

よっ!太鼓持ち 日本のマスコミ!

 日本のマスコミは本当に太鼓持ちだ。東京電力という大口のスポンサーには未だにへいこらしている。以前アメリカでトヨタブレーキ問題が大きく取り上げられていたときも、日本のマスコミはおそるおそる報道をしていた。海外と比べると雲泥の差だ。
 そして日本のマスコミは体制を批判できないのか、ほとんど体制を批判することをしない。したとしても記者クラブにお出入禁止が怖いのか、政治にたいするスクープさえない。
 最近のことと言えば、自民党政権時代も同様で、不信任決議案が出されそうになると、決まって、一見批判的なコメントをしていても、現体制を維持する姿勢は変わっていない。 見事に減民主党政権時代も同じだ。
 いよっ!日本のマスコミは太鼓持ち!
 ということになる。
 仙石副官房長館がいみじくも「原発事故対応、政権変われば前進する話ではない」と菅直人おろしを批判しているのだが、マスコミも暗に同調している。
 マスコミの報道も絶対に鵜呑みにしてはいけないといういい例だ。

 民主党が野党時代に様々なことで、自分たちだったらこうすると意気揚々と与党に意見を披瀝していたことがとても懐かしく感じる。
 なぜならば、政権与党になったら、全く発展的な意見がない。それこそ、もう3ヶ月我になろうとしているのに、何一つ進展していない。
 いったい復興計画はどうなっているのだろうか?
 青写真さえ見えてこない。

 菅内閣不信任案についても、数あるマスコミの中で、賛成をするマスコミがいてもいいはずだが、全く声が聞こえてこない。

 このようなご用マスコミは本当に不要としか思えない。
 中国の情報統制はよくわかるのだが、日本も情報統制をしているとしか思えない。
それも巧みだ。
 まずは、スポンサーには飼い犬のように忠実だ。だから、スポンサーが不祥事を起こしても、さらっと報道するだけで、いつもやるように何度でも繰り返し報道することはない。 そして、政府にたいしてもなんだか何を言っているのか全くわからない党内容だ。

 増税にたいしても、マスコミ自身がコメンテーターを通じて「止むを得ない」なんて言わせてしまっている。
 単純な影響されやすい国民は「増税やむなし」なんて洗脳されてしまう。
 そして、人の噂も七十五日でとっくに日本人の頭の中には、記憶が薄くなり出してしまっている。
 マスコミはそれを承知であまり触れない。
 政府が御用学者を雇い、自分に都合のよい結論を導き出しているところに、今回の大惨事につながったと言うことだ。
 マスコミも同様、真実を伝えるなんてことは、まず、強力なスポンサーにたいしてはあり得ない。どうでもいい、相手にはぼろくそに報道するのだが、まあ、ひどいものだ。

 ああ、偽物の民主主義と偽りの自由報道、巧みな情報統制には気をつけなければいけない。
 自分で判断するだけの情報リテラシーが必要だ。

« 国も東電も震災麻痺、挙げ句の果てにマスコミも麻痺! | トップページ | 国の情報が信用できないと 測定器具が売れる »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/51816823

この記事へのトラックバック一覧です: よっ!太鼓持ち 日本のマスコミ!:

« 国も東電も震災麻痺、挙げ句の果てにマスコミも麻痺! | トップページ | 国の情報が信用できないと 測定器具が売れる »