2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 増税論へ まっしぐら バカはそれしかできない?! | トップページ | 庭の物置と雨水の排水整備で打ち合わせ »

2011.09.18

帯に短し、たすきに長し 最近のプリンター

 最近のプリンターはどうも中途半端が多いことと、メーカーの自己満足で作っている節がある。

 キャノンとエプソンのいいとこ取りをすると、多分本当の売れ筋商品ができるのではないだろうか。

 まずは両者に入れる最大の問題点は「インク容量の削減」どうも、インク容量を小さくしているとしか思えない。

 パソコンの値段を安くして、インクで儲ける。消耗品でも受ける戦略が見え見えだ。インクの容量を増やすことが一番。

 

 両者に共通するのはインクジェットプリンタ複合機には優先・無線ランの装置が付いているのだが、単機能器にはLANの装置が付いていない。

 あえて複合機を購入しなくてもいい人が多くいるはずだ。若干の値段が上がるくらいならば、単機能器に優先・無線ランの装置を付けて欲しい。

 これが着けば売れるはずだ。

そして、エプソンの主力機は後からストレートに紙を挿入するものがない。

又、両面印刷機能も別売りのオプションだ。

 あまりにもデザインばかりを重視するあまり、ストーレートに印刷することができない。つまり、用紙の選択肢が狭まるということだ。

 どうも、紙がぐるっと回って出てくるという、複雑な機能が嫌いだ。

 エプソンの場合は後からストレートに紙が挿入され印刷でき、尚かつ、顔料インクの黒が使用できるようになれば、ベストなのだが、写真向きと言うことに他ならない。

 どんどん各メーカーの主力プリンタは複合機に移行しているようだが、是非とも印刷だけで着る短気納期にも優先・無線ランの装置を付けてほしいものだ。

 そして、もう一点、キャノンの場合は割合とアップルには冷たいという印象があるがいかがだろうか。

 本来は複合機は買いたくないのだが、iPadから印刷する関係上、今年はキャノンかエプソンの複合機を購入する予定。

 給紙の関係から考えると やはりキャノンの方がいいかもしれない。

 帯に短したすきに長し という言葉が、キャノンとエプソンのプリンタにはあるのだが、まあ、いずれにしても、インクタンクの容量を大きくして欲しい。

 さて、皆さんはどっちを買いますか?

-------------------------------------------------------
・千葉市 美浜区 高洲 パソコン教室
 
             シニアのためのパソコン教室
・市川市 柏井町 船橋法典 ピアノ教室・音楽教室
     井戸由美ピアノスタジオ

・千葉市 美浜区 でタクシーに乗るなら 個人タクシー 大矢タクシー
・佐倉市 表町  墓所・墓石のご用命は             石匠のつるや

kumabon612のYouTube  ○フリッカー写真集DMC-G1
-------------------------------------------------------

« 増税論へ まっしぐら バカはそれしかできない?! | トップページ | 庭の物置と雨水の排水整備で打ち合わせ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/52761422

この記事へのトラックバック一覧です: 帯に短し、たすきに長し 最近のプリンター:

« 増税論へ まっしぐら バカはそれしかできない?! | トップページ | 庭の物置と雨水の排水整備で打ち合わせ »