2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 今日はちょっとお疲れ | トップページ | 安全宣言を誰が信じるだろうか? »

2011.10.12

高齢者いじめが始まった?! 要するに消費税を上げたいだけ!

この国の公的年金の姿勢はいったい何なのだろうか?

まあ、復旧・復興も7ヶ月経過してもなんだかなあ!という状況だ。

ほとんど進んでいないという感じでしかない。

この国の政治家と官僚達は手続きばかりを重視して、実際の国民に対する対応が全くできていない。

 多分あと一つ来たっても、被災地の人たちは、蛇の生殺し状態は多分変わらないだろう。

 僕の住んでいるところの、歩道や道路の災害復旧工事も漸く来月から始まり、完成するのは平成123月末日だ。

 まあ、この辺は、急ぐ必要も無い状況だ。基本的には日常生活が被災前とまったく変わらずできるのだから当然だ。

 しかし、民主党って本当にどうしようもない議員集団だ。

 今になって、年金支給年齢引き上げ議論をしている。

 突然年金支給年齢を引き上がられたら、その間の空白時期はどう生活しろというのだろうか? 

 通常の国民は退職後は年金収入しかない。不動産収入や配当で生活できるひとなんて、まれに等しい。

 よくもまあ、国民の老後の生活の不安感をこれでもかと生み出すものだ。

 突然、年金支給時期を送らせられたら、その感動生活しろというのだろうか?

 年金については 一生安心できる なんて言っていた政権もあるのだが、民主党も同じようなことを当初は発言していたはずだ。

 それが、いとも簡単に発言を翻すというこの始末の悪い集団だ。

 要するに今回、なんで唐突に生活設計についての議論もないままに 年金支給年齢を上げる議論がマスコミを通じて出てきたかと言えば、間違いなく「増税」をしたいからに他ならない。

 「税と社会保障の一体改革」に直結しているということだ。

 まず、国民の皆さんの年金支給時期が今の状況だとこうせざるを得ませんと訴えているに過ぎない。本当にこそくな手段だ。

 そして、遅らせないためにも 増税が必要だ。消費税を上げて、年金に充当しましょうということを言っているに過ぎない。

 本当にだ民主党肌切らないな政党だ。

 詐欺師集団としか言いようがない。

 野党時代に国民に訴えていた内容が悉くできない。悉くウソばかりだ。

 復興税を実施し、その次には消費税のアップだ。

 こんな税金をアップすることしかできない議員や官僚達は全くやりくりのできない人たちだ。

 嗚呼、情けない。

 いっその事、年間事業計画を全てご破算にして、新たに必要な事業予算を組み替えた方がましなようだ。

 ご破算にしない限り、都合の悪いときには 即増税。

 官僚達は自分達の事業予算を削ろうともせず、民主党のバカ内閣は、予算を削ることができない。

 まあ、官僚達の言いなり内閣ということだ。

 こんな議員達は本当に必要ない。

 目に見える形で ふっきゅ・復興をして欲しいのだが、ドジョウ首相の「スピード感をもって」という言葉は既にウソ。

 どこにスピード感があるのだろうか?

 どうも当初予定していたように、復旧・復興はお正月を迎えそうだ。

-------------------------------------------------------
・千葉市 美浜区 高洲 パソコン教室
 
             シニアのためのパソコン教室
・市川市 柏井町 船橋法典 ピアノ教室・音楽教室
     井戸由美ピアノスタジオ

・千葉市 美浜区 でタクシーに乗るなら 個人タクシー 大矢タクシー
・佐倉市 表町  墓所・墓石のご用命は             石匠のつるや

kumabon612のYouTube  ○フリッカー写真集DMC-G1
-------------------------------------------------------

« 今日はちょっとお疲れ | トップページ | 安全宣言を誰が信じるだろうか? »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/52971288

この記事へのトラックバック一覧です: 高齢者いじめが始まった?! 要するに消費税を上げたいだけ!:

« 今日はちょっとお疲れ | トップページ | 安全宣言を誰が信じるだろうか? »