2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« ギャラクシーのCMなんだか魅力を感じない! | トップページ | 検察のストーリーありきは怖い!再審決定 »

2011.11.30

官僚の考え方を変えられない政治

  民主党の政治主導に期待して、多分多くの有権者は民主党に政権を託したのではないだろうか?

 ところが、官僚の考え方を変えられないどころか、官僚の手のひらの中でいとも簡単に動かされているというのが、民主党政治。

 財務省主導はもう、誰が見てもそう感じる。

 本来財布を預かる役所は緊縮財政となれば、自ら経費を削減するべく財布の非をもきつくするのが本来の姿なのだが、理屈にならない理屈を付け自分達のやりたいことはどんどん率先してやる。そして、民主党の行政仕分けのやり玉に挙がって、廃止となっても、なんてことはない、名目変更でゾンビのように復活させる。

 この悪質さ加減は もう、議会制民主主義なんてどこにもないということだし、民主党には政権を運営するだけの力がない。

 つまり、政治家がいなくても、国の運営は動くと言うことに他ならない。

 それでは何にもならないし、改革が進むわけもない。

 本来は、政権が代われば、官僚の考え方も変わらなくてはいけないのだが、全く変えることもできず、変わろうともしない官僚ということだ。

 企業でもトップが変われば、考え方ががらっとかわるものだが、この国の役所の硬直化にはあきれる。

 どちらが主で、どちらが従わからないようだ。

 橋下新大阪市長も発言していたのだが、人事権が全て。

 民主党政権も人事権については言っていたのだが、やる気配もなく、やれる気配も全くない。

 官僚がさせないようにしているだけだ。

 人事権を持たない社長なんて、いくらでも従業員、職員は抵抗ができるし、反抗もできるということだ。

 軍隊などは指揮系統の典型的なものだが、その考え方の硬直化が、今回の防衛局長のオフレコ発言だろう。

 つまりは、トップが変わっても全く自分達は変わることをしないと言うことの表れだ。

 場所が国であれ、地方行政であれ、トップが変わったら、考え方が変わるということを職員に徹底できないとこうなるということだ。

 橋本市のやり方は強引かも知れないが、このくらいのことをしないと役所の硬直化やトップに対する抵抗を押し切れるものではない。

 仲良し倶楽部よろしく、トップに座っているだけの組長は完全に舐められているということだ。

 役所の官僚に舐められている民主党のトップ、閣僚、首相では、何にも改革ができないということを日々照明してくれている。

 そして、予算ができないと財務相に首根っこを押さえられているからこそ、漸く予算ができ、これから復旧・復興をするのだそうだ。

 もう、明日は12月。

 多分このまま1年経過し、来年4月くらいに動き出すかも知れないと思った方がいい。

 こんなに政治主導ができない政府に復旧・復興を任せなければいけないのが最大の日本の不幸だ。

-------------------------------------------------------
・千葉市 美浜区 高洲 パソコン教室
 
             シニアのためのパソコン教室
・市川市 柏井町 船橋法典 ピアノ教室・音楽教室
     井戸由美ピアノスタジオ

・千葉市 美浜区 でタクシーに乗るなら 個人タクシー 大矢タクシー
・佐倉市 表町  墓所・墓石のご用命は             石匠のつるや

kumabon612のYouTube  ○フリッカー写真集DMC-G1
-------------------------------------------------------

« ギャラクシーのCMなんだか魅力を感じない! | トップページ | 検察のストーリーありきは怖い!再審決定 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/53369542

この記事へのトラックバック一覧です: 官僚の考え方を変えられない政治 :

« ギャラクシーのCMなんだか魅力を感じない! | トップページ | 検察のストーリーありきは怖い!再審決定 »