2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 民主党はてんでんバラバラ!寄せ集め しかし・・・ | トップページ | 民間ができて国ができない!放射線検査 »

2011.11.26

鶴の一声と天の声

 独裁の典型的な事例は読売新聞のナベツネだ。マスメディアのトップが独裁企業では。そのマスメディアの内容も当然偏っていると思わなければいけない。

 ナベツネの場合は「老害」でしかなく、権力にしがみついている理由が全くない。あんなによぼよぼになっても、権力の座にいたいというのが凡人には全くわからない。それこそ、若い人に世代を担わせるべきなのだが、多文庫のナベツネは自分より優秀な人間はいないと思いこんでいるからこそ、ズーッと権力の座に居座っているのだろう。

 だからこそ、読売新聞は買わないことにしているのだが、読売新聞や読売巨人軍に人気があること自体が理解できない。

 こんな老害が居座っている企業の報道を誰が信じるだろうか?

 オリンパスもそうだが、日本には気骨のある人間がほとんどいなくなってしまったのではないだろうか?

 強いものに立ち向かうことをせずに、小中学校でも、大人の世界でも「弱いものいじめ」が横行しているのを見てもよくわかる。

 この国は明治の時代からどんどん軟弱になっているような気がしてならない。

弱いものいじめをすることを今の民主党政治も率先してやっているのだから、なにをかいわんやだ。

 年金減額、消費税増税、復興増税、東京電力の費用負担等々、間違いなく庶民いじめを平気でしている。

 いつからこんなにバカ議員達が弱いものいじめをするようになったのだろうか?

 議員になることで、特権階級になったような錯覚に陥っているのが問題だ。

議員なんて、なりたくてなったわけだから、安月給で当然。安月給ならば、そのぶんの特権を付けてやっても良いと思うのが人情だが、今の国会議員は報酬も多く、その他の特典までたっぷり付いている。

 庶民感覚がわからなくなるのは当たり前かも知れない。

 政治の世界には天の声は本来は庶民の声なのだが、全く聞く耳を持っていないらしい。

 そして、今の民主党は将来の日本をどうしたいのかが全くわからない。

 鶴の一声で代わってしまう企業と天の声の庶民の声を聞かない民主党政権。

 どちらも、物事が硬直するという典型だ。

 嗚呼、震災復興もままならず、震災復興に理由付けして増税をする。なんだかんだとごまかしを続けている民主党政権だ。

 本当に庶民のことを考えているならば、弱いものいじめはできないはずだが、財務相の傀儡政権と言われても当然だ。

 この財務相も財政縮減を考えるわけでもないのだから、あきれたものだ。

 世間でいじめが起きているのも政治家が庶民をいじめているのだから、いじめがなくなるわけがない。

-------------------------------------------------------
・千葉市 美浜区 高洲 パソコン教室
 
             シニアのためのパソコン教室
・市川市 柏井町 船橋法典 ピアノ教室・音楽教室
     井戸由美ピアノスタジオ

・千葉市 美浜区 でタクシーに乗るなら 個人タクシー 大矢タクシー
・佐倉市 表町  墓所・墓石のご用命は             石匠のつるや

kumabon612のYouTube  ○フリッカー写真集DMC-G1
-------------------------------------------------------

« 民主党はてんでんバラバラ!寄せ集め しかし・・・ | トップページ | 民間ができて国ができない!放射線検査 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/53337287

この記事へのトラックバック一覧です: 鶴の一声と天の声:

« 民主党はてんでんバラバラ!寄せ集め しかし・・・ | トップページ | 民間ができて国ができない!放射線検査 »