2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 米国 原子力規制委員会 報告書3000ページ 日本はなし! | トップページ | 花粉症 来てます! »

2012.02.24

鳩山由起夫 はやっぱり変

 鳩山由起夫はやっぱり変だった。変な人を外交・安全保障担当にした民主党もやはりおかしい。多分又迷走させたいのだろう。おかしいのは国民承知の上か。
 さて、笑えてしまうのが、鳩山由起夫元首相が 大阪維新の会の「船中八策」の骨子について 以下読売新聞ネットより抜粋
-----------------------------
一切数値目標が書かれていない。国民も判断しかねるものばかりだ」と批判した。「私どもは、細かく数値目標を入れて(マニフェストを)書き上げた。(維新の会は)民主党のマニフェストの教訓を学んでいる」とも語った。民主党が2009年衆院選で掲げたマニフェスト(政権公約)を巡っては、多くの項目が政権交代後に実現できていないとの批判が出ている。
----------------------------

まあ、どのつらさげてこのようなことが発言できるかと言えば、民主党の元代表だからだろう。民主党が詐欺師集団であるということは誰でもよくわかっている。
 細かく数値目標を入れて書いたにもかかわらず、それが嘘で固めてあったのだからどうしようもない。
 そして、自民党が政権与党で居続けることが氏名だったのと同じで、民主党は政権与党になることが目標だった。
 つまり、民主党は政権与党になった途端に、嘘で固めたマニフェストを吐き捨てたのだ。吐き捨てたと言うよりももう、嘘で固めて作ったつじつま合わせの数値や目標だったから出来るわけもない。
 4年間をいかに怠惰に政権与党で居続けるかしか考えていない。だからこそ、東日本大震災が起きたときには、全く危機管理ができず、今も復旧・復興、原発問題も何にも対処が出来ないし、肝心な原発時の議事録も作れなかった。
 作る能力も作ること自体も浮かばなかったのだろう。
 張りぼての政権が継続しているわけだから、中身がないのは当然で、そこにつけ込んだのが財務省や各省庁だ。政治主導もできず、結局は官僚の思いのまま。
 不退転の決意で消費税増税に向かうしかない。というか、それしか政治決断が出来ない、それしか結果が残せないから、是が非でもやりたいのだろう。
 しかし、宇宙人鳩山から、ぼんくら菅直人、ドジョウの3人は結果を何も残していない。一つだけ間違いなく言えることは、政治を混乱させ、より政治を停滞させ、呆れさせてくれることだけは間違いない。
 小沢一郎と言えば、ドジョウが消費税増税を争点に解散・総選挙を行った場合、新党などの政界再編を仕掛けると暗示したそうだ。
 政界再編をするぞと牽制するくらいならば、とっとと民主から離党して新党を結成してほしいものだ。
 もう、民主党に残って、主導権をとっても 民主党の政治生命は終わっている。今は人気の余生をのんびり何もせず、生き延びているだけだ。
 何にもしない、何にも出来ない、ただ一つ不退転の決意で消費税増税をして、名を残したいだけだ。
 たまったものではない。
 政界再編はもう始まっている。

-------------------------------------------------------
・千葉市 美浜区 高洲 パソコン教室
 
             シニアのためのパソコン教室
・市川市 柏井町 船橋法典 ピアノ教室・音楽教室
     井戸由美ピアノスタジオ

・千葉市 美浜区 でタクシーに乗るなら 個人タクシー 大矢タクシー
・佐倉市 表町  墓所・墓石のご用命は             石匠のつるや

kumabon612のYouTube  ○フリッカー写真集DMC-G1
-------------------------------------------------------

« 米国 原子力規制委員会 報告書3000ページ 日本はなし! | トップページ | 花粉症 来てます! »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/54061469

この記事へのトラックバック一覧です: 鳩山由起夫 はやっぱり変:

» 橋下徹の憲法観 [Self-Help]
前回のブログで維新八策の骨格・目標について書きました。 で、産経新聞の正論で屋山太郎氏が橋下氏の突破力は小沢氏の対極 で着眼点が正攻法だった。知事は選挙で選ばれた政治 ... [続きを読む]

« 米国 原子力規制委員会 報告書3000ページ 日本はなし! | トップページ | 花粉症 来てます! »