2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« スピード感をもって とはなんとなく変な言葉だ! | トップページ | 4Kテレビは起爆剤にはならないね »

2013.01.11

あきれた校長と教師達 社会性ゼロ

 今回の桜宮高校だけが以上とは思わず、氷山の一角だと思うのだが、教師の方が大事で生徒は単なる自分達の昇進のための材料でしかない。
 自分達の保身のために 隠蔽ばかりしていたことが日に日に明るみに出てくる。
 教師の処遇や体面ばかりが優先されている。

 これを一般の企業に置き換えてみるとよくわかる。
 商品を売っている企業が、クレームをうけても 自分達の商品に欠陥は無いと言い続けるのと同じで、使い方が悪いと開き直っている姿に重なって見える。

 教師は違反を犯していれば規則通りに、処罰されるのが当たり前だ。
 教師の役目は教育であって、部活で強くすることではない。
スポーツバカを作るならば、民間でやればいい。
だから、オリンピックが嫌いなのだが、スポーツの本文よりも有名になることや、金メダルを取ることだけが目標になっていて、本来の楽しみや身体を鍛えることがおろそかになっている。
 もう、いい加減、スポーツで競うことなんかやめてしまえと思う。
 スポーツを強くすることも相も変わらず、根性でやっているのと全く同じだ。
 体罰というよりも、犬の飼育と同じで、恐怖心で育てている。
 そこには教育は全くない。

 教師達は自分の保身ばかりで、生徒のことを全く考えていないということがよくわかる。
 言い換えれば、生徒は使い捨てで 自分達の出世のためには 人の命がなくなろうと、自分達の環境だけは確保されているということだ。
 仕事をすると言うことは、どういうことか よく考えるべきだ。

 教育委員会も同じ穴の狢だけに 調査をしても 自分達教職員を庇いつつなのだから、きちっとした対応ができるわけがない。

 大阪市長がどの様に対応するのかとても楽しみだ。

 体罰が法律で規制されているならば、頭の良い一応教師といわれる人間は考えて行動するのが当たり前だ。
 それができないならば、法律改正の行動をするか、やめればいい。
 人の命をなんとも感じていない教師達が多くいるからこそ、学校でのいじめが無くならないのかも知れない。
 半分の原因は親のしつけにもあるのだが、孫に対する大甘な祖父祖母にもあきれてしまう。
 これは、あまりにもしつけができなくなってしまった、親が育てた子ども達が教員になり、社会人になり、しつけが崩れてきたせいかもしれない。
 先生ばかりを責めるわけにも行かないが、今回の自殺問題は間違いなく教師達に原因がありそうだ。
 この教師達は、職を辞することが当然の行為だ。

※以前から悪質なサイトがホームページのマナーを無視し勝手にリンクを張り、トラックバックし、紹介している企業・輩がいます。 このブログサイトの勝手な紹介・TrackBack・リンクは一切禁止致します。ブログをやっている方も悪評高い、よくご存じの事業所です。 <管理者>  

-------------------------------------------------------
・千葉市 美浜区 高洲 パソコン教室
 
             シニアのためのパソコン教室
・市川市 柏井町 船橋法典 ピアノ教室・音楽教室
     井戸由美ピアノスタジオ

・千葉市 美浜区 でタクシーに乗るなら 個人タクシー 大矢タクシー
・佐倉市 表町  墓所・墓石のご用命は             石匠のつるや

・千葉市 団員募集中 千葉シニア合唱団グループ  千葉シニア合唱グループ
kumabon612のYouTube  ○フリッカー写真集DMC-G1
-------------------------------------------------------

« スピード感をもって とはなんとなく変な言葉だ! | トップページ | 4Kテレビは起爆剤にはならないね »

コメント

おはようさん。
確かに教師も教師なら校長もひどいものじゃのう・。
しかし、殴られていやならバスケ部を辞めれば良いだけで、自殺まで行くのがどうもわしには理解できない。
最近の子供は、いろいろな意味での耐性が弱っているのと対応能力が低いのでないかのう・・・・。
社会に出れば色々ないじめや嫌がらせは日常茶飯事だからそれらに対する方策も学生時代に養うことが大事じゃ・・・・・。

隠居さん、こんにちは∈^0^∋
やめられれば山られたでしょうね。
やめられない理由があったように聞きます。
しかし、自殺はしてはいけませんね。
負けないで戦う姿勢が必要です。
負けないように支える仕組みが必要ですね。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

親のことや、自分の将来、
何より明日からの生活、
そんなことやら考えただけで、
部活を辞めることなんて、
できなかったよ。

首をつるほうが、早く楽になれると思ったんだ。

もう疲れていたから。ずっとずっと・・

sakuraさん、こんにちは∈^0^∋
 自殺をする前に相談して、もう一度おとなたちと戦える場所を大人達が作ってあげなければいけませんね。
 死んではいけません。
 考えを変えるだけで違う道が開けることもあります。
 死んでは大人達に負けてしまいます。
生きて戦うことがやはり必要です。
これで彼の死が有意義なものになるかといえば、ずるい大人達はそれこそ忘れてしまいますね。
 死んではいけない!
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

なぜ、しんだらいけないの?

親のため?
顧問のため?
バスケ部のため?

そのために、毎日皆の前で殴られるのを我慢する?
命より大好きなバスケをあきらめる?

相談したよね?
親にも、友達にも。

皆見ていたよね?知っていたよね?


ほかに方法がなかったよ。

生きていて、どう大人に勝てたんだろう・・
死ぬほど考えたけど、わからなかった

sakuraさん、こんにちは∈^0^∋
議論はするつもりはないのでこれでお終いにします。
 何かを捨てることも必要です。生きていることで解決策を見つけることもできます。
 死んでしまえばそれでお終いです。
 生きていれば、大人になると逃げることも必要という事があります。 
 それこそ勇気ある撤退という言葉もあります。
 やめることも考える、どちらが、自分にとってよりよいか、そこに、自分の命を落とすことを入れてはいけません。
 人生 生きていてこそ、思ったこともできますし、また、思ったこともできないことも多々あります。できないことは挫折ではありません。
 選択肢の一つです。
 
 色々なことがあってこそ、人生ですし、生きていればこそ、過去の問題が小さく思えることもあります。
 その時代の大きな壁も、生きていることで、小さく思えることもあります。
 これは長く生きてみないとわかりませんが、死ぬ木で頑張るということは、死ぬことではありません。
 気持ちに余裕を持つということもとても大事です。
 気分の転換が必要なときがあり、目先が見えなくなってしまってはダメです。
 このようなときには、なんといわれようとも部活をやめるということも選択肢の一つだったのではと思います。
 勇気ある撤退とはそのようなことです。
決して弱いということではありません。
 死んでしまうと考え直すこともできません。
 
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/56515515

この記事へのトラックバック一覧です: あきれた校長と教師達 社会性ゼロ:

« スピード感をもって とはなんとなく変な言葉だ! | トップページ | 4Kテレビは起爆剤にはならないね »