2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 相撲のかわいがりと同様 指導力のなさが体罰 彼らのことを調教師以下と呼ぶ | トップページ | SNSの浸透が振り込め詐欺の進化に一役! うだうだと »

2013.01.13

いじめ対策本部は 外部がいい

 ある市の教育委員会では学校現場のいじめ対策をサポートするチームを市内の小中学校に「いじめ対策本委員会」を設け、連携して取り組むそうだ。
 お馬鹿な仕組みだ。学校内に作っても 隠蔽体質がある限り、内部に作っても何の意味もない。
 作ることで自己満足するだけの全く予算が無駄な行動だ。

 本来ならば、全く第三者の期間に作り、子ども達が気軽に相談に行けることを大前提にすべき。
 つまり、学校内に作ったらば、教師達が見張っていて誰も行くことは無いだろう。
 行くことさえはばかられることになる。

 バカな大人達が考えると、こんな簡単な矛盾すらわからない。
 やはり、いじめを対策を考えるには 視点を変えなければいけないのだが、学校の恥を隠蔽するための仕組みを作っているだけに過ぎない。
 マスコミもなんでこんな内容のものを 報道するのだろうか。
 反論すべき事だ。

 子ども達にとってのSOSを簡単に吸い上げて、いじめから守るシステムを考えるべきなのだが、全くその点を無視し、強者の論理で仕組みを考えてしまう。

 弱者の論理を用いて、やるべきだ。
 自殺を守るためには 勇気ある撤退 と言うことがどの場合にも当てはまるということを徹底的に教え込まなければいけない。
 命があってこそ、これからの人生を苦もあるけれど楽しむことができる。
 自分の一生は本来は 神のみぞ知るということだ。

 人生楽あれば苦あり。苦あれば楽ありということを大人達は良く教えるべきだ。
 そして、いじめに遭ったらば 徹底的に戦うことも必要だし、避けて通ることも必要だ。
 地雷が埋まっていることを知りながら、自爆する必要は無い。
 どうやったら生き延びることができるのかを考えるべきだ。

 今回の体罰を苦にして自殺して生徒にしても、キャプテンをやめるということ、転校すること、様々な方法があったはずだ。彼には一つのことしか見えなくなってしまったことが、最大の問題だった。
 様々な選択肢があることを教えてあげなければいけなかった。
 人生なんて、選択肢がいっぱいある。色々な考え方があるのだが、そこでやめてしまったことがいかされることだってある。
 やめておいて良かったと思うことも多々ある。

 生きていれば、未だ色々な可能性が試せた。
 人生なんて、誰にもわからないからこそ、生きていると言うことになる。
 すべての人の人生がわかっていたら、決まっていたら、それこそ生きている存在価値がなくなってしまう。

 いじめの対策をするならば、駆け込み寺のように 暖かく迎え入れてくれる場所を提供するべきだ。
 それこそ弁護士会でもその仕事をうけいれて欲しいと強く思ってしまう。

 教師達では無理な話で、社会経験のある法律の詳しい人たちに是非とも実施して欲しい。
 どうもこの国は 弱者には決して優しくない背景がありそうだ。
 弱いもの、避けて通るものを 意気地無しとかいうのだが、その考え方は完全に間違っている。
 生きていくためには、避けて通ることも正解で、全く間違いではない。

 何度も言うようだが、撤退や避けて通ることの方が実は相当な決意がいる。
 だからこそ「勇気ある撤退」という言葉があるんだよね。

 バカを相手にしているときは 「勇気ある撤退」をして、後から徹底的に調査をして、弁護士と相談して、相手を糾弾するのがスマートなやり方だと思うがいかがだろうか?

 学校という教師の集団と戦うには それだけの智慧と勇気が無いと バカ達とは戦えない。
 家庭でも、「勇気ある撤退」をよく話すべきだ。

 病気になっていて、無理して仕事をして、いのちを縮めるよりも、きちっと健康になってから、対処する方が良いという 心のゆとりを持つことも必要だ。

 兎にも角にも いじめのサポートをするシステムを作るならば、学校の外でなければ何の意味もない。
 バカが作ると何を作ってもバカな発想だ。

 

政治家も人間ならば、もっと スポーツを楽しむべきものだということを教えるべきだ。
 オリンピックでメダルを取ることが目的のようにしてはいけないのだが、バカな政治家はどうもメダルの数を多く取ることしか頭に内容だ。
 実はこれではいじめや体罰はなくならない。政治家も強者の論理を押しつけてはいけない。

 

※以前から悪質なサイトがホームページのマナーを無視し勝手にリンクを張り、トラックバックし、紹介している企業・輩がいます。 このブログサイトの勝手な紹介・TrackBack・リンクは一切禁止致します。ブログをやっている方も悪評高い、よくご存じの事業所です。 <管理者>

-------------------------------------------------------
・千葉市 美浜区 高洲 パソコン教室
 
             シニアのためのパソコン教室
・市川市 柏井町 船橋法典 ピアノ教室・音楽教室
     井戸由美ピアノスタジオ

・千葉市 美浜区 でタクシーに乗るなら 個人タクシー 大矢タクシー
・佐倉市 表町  墓所・墓石のご用命は             石匠のつるや

・千葉市 団員募集中 千葉シニア合唱団グループ  千葉シニア合唱グループ
kumabon612のYouTube  ○フリッカー写真集DMC-G1
-------------------------------------------------------

« 相撲のかわいがりと同様 指導力のなさが体罰 彼らのことを調教師以下と呼ぶ | トップページ | SNSの浸透が振り込め詐欺の進化に一役! うだうだと »

コメント

こんばんわ。
いじめは、絶対にあってはならない行為ですね。
とは言っても、「いじめ」は一向に減らないのが、今の現実ですね。
自分も、「いじめ対策本委員会」が設立しても、絶対に減らないと思う。
やはり、身近な相談相手が必要だと思う。
また、無理して出席するぐらいならば、休めば良いと思う。
それと政府側は、もっと「いじめ対策」を厳重に設立すべきだと思う。
そうしないかぎり、いじめは無くならいと思いますね。

こんにちは、くまさん

やはり学校関係者が考えることは、一般人が考えることと、大きくかい離しているのではないですか?
学校内に色んな本部を作っても、果たして訪れる子供が何人いるかですよね。
教える方側に、今までの旧態依然とした考えを考え直さない限り、いつまでも同じ悲劇が生まれるのだと思いますよ。
教育とは、絶対的な力で屈服させることではありませんからね。

H.Kさん、こんにちは∈^0^∋
いじめ対策室を外部の生徒が行きやすいところに作るべきですね。
 教師が観察できるような所では全く意味がありません。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

まるこ姫さん、こんにちは∈^0^∋
画工関係者が考えることは まず自分達が一番大事で 監視、管理ができることしか考えていませんね。
 教育とは教える育てることですから、体罰ではありません。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/56530752

この記事へのトラックバック一覧です: いじめ対策本部は 外部がいい:

« 相撲のかわいがりと同様 指導力のなさが体罰 彼らのことを調教師以下と呼ぶ | トップページ | SNSの浸透が振り込め詐欺の進化に一役! うだうだと »