2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« アウトロー見てきました! | トップページ | 女子柔道の本気度は高い! »

2013.02.04

愛の鞭という暴力ほど 矛盾した言葉はない!

 指導できない人間ほど 手を出したり、難しい言葉で煙を巻くことが普通だ。
そして、お馬鹿な指導者ほど 教えられない分を「愛の鞭」という言葉に置き換えて 暴力を振るう。
 この体罰による愛の鞭を 他人や会社でやったらどうなるだろうか?
 見ず知らずの人に お前は態度が悪い「愛の鞭だ!」と叫びつつ体罰をくだしたら、間違いなく警察のお世話になる。
 ところが、暴力にもかかわらず、「愛の鞭」という体罰しかできない指導者に限り使いたがる。
 愛の鞭なんて体罰ではない。

 そんな中で 独立行政法人日本スポーツ振興センター法を改正し、第三者委員会の設置の他、仲裁制度の確立を支援や当事者救済に対する女性などができるようにするそうだ。

 法律がないよりはましだけれど、お馬鹿な肉体派のスポーツほどそんなことを無視するのは目に見えている。
 ましてや、今度の女子柔道の15名達が全くマスコミに出てこないことが 隠蔽体質を物語っているのでは無いだろうか?
 はっきりマスコミに出てきて発言できるような雰囲気が日本柔道連盟にないのだろう。
多分、マスコミに出て告発者が訴えたならば、彼らは国際競技から多分出場できなくなると思っているからこそ、沈黙をしているのかも知れない。

 もっと、OPENにしてだれでもが意見を交換できるようにするべきなのだが、JOCもまったく変わらなかったということだ。
 日本柔道連盟に訴えてもどうにもならず、JOCに訴えてもどうにもならなかった。

 できることならば、国際柔道連盟に訴えた方が道が早かったかも知れない。

 日本にも 一般財団法人 日本スポーツ仲裁機構 という組織があり、競技者と競技段田とのトラブルを公正・中立な立場で解決する場がある。
 しかしながら、日本柔道連盟は個々に加入していなかったことがわかった。
 すべてのスポーツ団体はこの日本スポーツ仲裁機構に強制加入すれば新たに法律改正をすることもない。
 なんだか お馬鹿な超党派の議員達も自分達のお手柄にしたいのか、百済ないものをあっちにもこっちにも作ることばかり。
 本来ならば、仲裁機構の充実をすればよろしいと言うことになる。

 何のための日本スポーツ仲裁機構なのか全くわからない。

 何でもそうだが、法律を作っても、色々な組織を作っても活用されないのでは全く金の無駄遣いでしかない。
 あきれてしまう。

 今回の日本女子柔道15名の告発ですべてのスポーツの膿が出てくれば良いのだが、いかがなものだろうか?
 スポーツを教えているすべての指導者達から体罰による卑怯な愛の鞭を根絶できるだろうか?
 なんかとてもスポーツにしては陰湿な慣習がながれているようでとても気持ちが悪い。

 

※以前から悪質なサイトがホームページのマナーを無視し勝手にリンクを張り、トラックバックし、紹介している企業・輩がいます。 このブログサイトの勝手な紹介・TrackBack・リンクは一切禁止致します。ブログをやっている方も悪評高い、よくご存じの事業所です。 <管理者>

-------------------------------------------------------
・千葉市 美浜区 高洲 パソコン教室
 
             シニアのためのパソコン教室
・市川市 柏井町 船橋法典 ピアノ教室・音楽教室
     井戸由美ピアノスタジオ

・千葉市 美浜区 でタクシーに乗るなら 個人タクシー 大矢タクシー
・佐倉市 表町  墓所・墓石のご用命は             石匠のつるや

・千葉市 団員募集中 千葉シニア合唱団グループ  千葉シニア合唱グループ
kumabon612のYouTube  ○フリッカー写真集DMC-G1
-------------------------------------------------------

« アウトロー見てきました! | トップページ | 女子柔道の本気度は高い! »

コメント

こんにちはー。
まあ確かに懲罰的な体罰には問題が有るし絶対に反対じゃ。
だが、わしの経験からだと、少し判りずらいかも知れないが、徹底的に身体が傷めつけられた時には、身体中から無駄な力が抜けて来て自然に体がうまく動くようになることが有るのじゃ・・・・・。
そのような練習の一つが、野球で守備練習の際の1000本ノックだとわしは考えておる。今時は前時代的なシゴキまたはイジメと捉えられるかも知れないが・・・・・・。
わしは、同じような経験を異なる場面で何度か経ており、まさに身体が無意識にうまく動くのじゃ・・・、わしはこれが達人の域と言うことだと思っておる。

隠居さん、こんにちは∈^0^∋
厳しい練習は問題ないと思います。
練習と暴力は全く意味が異なりますね。
殴ったって、練習にはなりません。
監督の自己満足です。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

こんばんは、くまさん

体罰は前から言われていた事ですが、ようやく実態が少しずつわかりかけてきましたね。
この際だから、徹底的に膿を出して、科学的な指導方法に変えていくべきですよ。
トカゲのしっぽ切りに終わらせたら、何のことか分からなくなりますから。
精神論では強くなりません。

まるこ姫さん、こんにちは∈^0^∋
日本の指導者達は安易すぎます。
どうも、昔の精神論が顔を出してきますね。
根底に根性とか精神とかが第一義だと潜在的に思っているのかも知れません。
 なんだかそう簡単に片付けられない問題かも知れませんね。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/56694619

この記事へのトラックバック一覧です: 愛の鞭という暴力ほど 矛盾した言葉はない!:

« アウトロー見てきました! | トップページ | 女子柔道の本気度は高い! »