2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 震災2年 どうなっているのだろうか? | トップページ | しつけのできない親、しつけをされない子ども »

2013.03.14

母の気まぐれ

 母親の気まぐれにはいつも困らされる。
 前回も入院したときに 「いつ行こうなら退院してもいいですよ」と言われ、こちらの都合も考えずに 朝一番で 今日帰るから迎えに来てと言われたことだ。
 本人は何もすることが無いから、気ままに言えるのだが、予定を入れているものにとっては理不尽きわまりない。
 こんなことがあって、今回も 今週の土曜日に勝手に退院すると言い出した。
 たまたま一昨昨日に主治医とお話しすることができたので 退院の日時を確認したところ 当初の予定通り18日月曜日と確認させていただいた。
 ところが、一昨日家内が母と話をしたときには 土曜日退院と言われてますますこんがらがってしまった。
 そんなわけでもう一度 今度はナースステーションで確認をしたらば やはり18日の月曜日と言うことがわかった。
 何を考えているのかと言えば 早く家に戻りたいと言うことだけだろう、しかし、家に帰ってきても 治療ができないわけだからとても困る。
 わずか2日の違いだが、病院にいるといないとでは身内にとっては大違い。

 母親の気まぐれにはいつも振り回されてとても困る。
 このようになると子どもよりも大人の方がたちが悪い。

 今後、癌が腰に転移している可能性が高いということになるのだが、本人は多分抗がん剤を飲まないことだろう。
 プラシーボ効果が効きすぎるため、自分の身体に都合の悪いことだけに神経が集中してしまう。前回もそうだが、この薬を飲むと 希に、胃が痛くなることがありますと主治医が言ったことを 希に を勝手に削除してしまい、薬を飲んだら、胃が痛くなり 即担当医に電話連絡して 一錠だけで飲むのをやめてしまったことがある。

 今回も多分飲まないだろう。

 本人の問題だから、僕は強いて 飲んだ方がいいよとは言わない。
 飲んだから今回 肺がんが転移したのか 乳がんが先で肺に転移したのか全くわからない。
 しかし、本人がそれでいいならば 僕は何にも言わない。

 天寿を全うするのが先か 癌と長くお付き合いをしながら長生きをするのか それは全て本人の意思のままにする予定。
 ガンと共生するのも悪くないのではないだろうか?ただし、これは痛みが出ないときのことだ。
 父親の場合は 癌が発見されたときにはほぼ前進に癌が転移していた。
 しかし、その後5年近く痛みも何も無く過ごすことができた、寿命が近づいたのは 二年前の3.11の頃からだ。そのころから 痛みが出だして、痛みを我慢することができなくなり、その後一月余りでなくなった。
 何がいい人生なのかは 本人しか知らない事だ。

 病気と向き合うとき 実は本人も大変なのもわかるのだが、周囲も相当振り回されることは間違いが無い。

 母の気まぐれを 云々するのは 母がいるからだが・・・。

 病気をしないで ある朝目が覚めないで あの世とやらにいけるのが一番いい。
しかし、どれくらいの人がそのような人生を終えることをできるのやら。

   

※以前から悪質なサイトがホームページのマナーを無視し勝手にリンクを張り、トラックバックし、紹介している企業・輩がいます。 このブログサイトの勝手な紹介・TrackBack・リンクは一切禁止致します。ブログをやっている方も悪評高い、よくご存じの事業所です。 <管理者>

-------------------------------------------------------
・千葉市 美浜区 高洲 パソコン教室
 
             シニアのためのパソコン教室
・市川市 柏井町 船橋法典 ピアノ教室・音楽教室
     井戸由美ピアノスタジオ

・千葉市 美浜区 でタクシーに乗るなら 個人タクシー 大矢タクシー
・佐倉市 表町  墓所・墓石のご用命は             石匠のつるや

・千葉市 団員募集中 千葉シニア合唱団グループ  千葉シニア合唱グループ
kumabon612のYouTube  ○フリッカー写真集DMC-G1
-------------------------------------------------------

« 震災2年 どうなっているのだろうか? | トップページ | しつけのできない親、しつけをされない子ども »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/56951938

この記事へのトラックバック一覧です: 母の気まぐれ:

« 震災2年 どうなっているのだろうか? | トップページ | しつけのできない親、しつけをされない子ども »