2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 議員の考えることは 議席を守ることが第一 | トップページ | 枝豆の芽が出ました »

2013.05.23

敦賀市長、活断層認定に不快感 補助金付けのつけが大きく回っただけ

 国県市の補助金は麻薬のようなもので、一度手を出したら、金銭感覚が麻痺して、緊縮財政や、新たな経済政策が全く見えなくなって、独自性を完全に失ってしまうものだ。
 一番手頃なものでは、生ごみ処理機や雨水タンクなどだが、補助金が市町村からツクモのだから、価格競争が進まずに、高値安定が続いている。
 強度さえ保てば良いのだから、価格競争が進めばあっと言う間に安くなり、普及するような気がするのだが、補助金が着くというものは、不思議に高値安定になる。
 これは、補助金地獄の一端だが、もう少し大きな規模で商店街補助金も似たり寄ったりだ。
知恵の回らない商店街組織は「補助金ありき」、補助金がもらえるものを事業として作り出す。
本末転倒で、槍たいものを自力でやるのでは無くて、金目当てで事業をする。
だから、成果が上がらず、補助金が全くの死に金になってしまう。
本来、補助金とは、先にあるものではなく、事業者達がこうこうこういうものの事業をしたいと思って事業計画を建て、ちょっと援助してもらうと尚のこと効果が出るときに、審査して補助金を出すものだ。
 しかしながら、最近の補助金は補助金という金が欲しくて、その事業に内容をこじつけたり、補助金制度を作った役人が予算を消化できないときに無理矢理、押し込んで使わせるケースなどがある。まあ、最近の復興予算のようなもので、何でもかんでも予算を消化させてしまい、あとは知らぬ顔の半兵衛を決めこむということだ。

 そして、今回の敦賀市長の活断層認定に不快感を示したという記事なのだが、それは、市長の才覚のなさを自ら証明しているに過ぎない。
 お馬鹿はほど、補助金に頼り、実質的な収入がないにもかかわらず、水ぶくれしてしまい、水ぶくれの部分で余計な箱物を作り、箱物の維持費が出なくて、パンクをするという、お馬鹿の連鎖が始まるというものだ。
 電源開発促進法助成金なんて、原発を行政が作るのをいやがった穴埋めとして、作った法律だ。それをそのままジャブジャブと使う馬鹿がいると、今回のように廃炉にされてしまうと、自ら自滅の道に走ると言うことになる。

 原発の電源開発促進法助成金はほんとうに麻薬みたいなもので、敦賀市は完全に麻薬漬けの状態だ。
 もう、廃炉になって補助金がもらえないとなると「経済に混乱」が生じると嘆いているようだが、それは、あんたの才覚のなさだし、予見性のなさだ。
 原発を当てにしないで地道な経済活動を育成してこないから今のようになってしまう。
 商工会議所も原発を当てにしているようではどうしようもない。
 経済活動は補助金では良くならない。
自分達でよりよくすることを、きちっと考え、今後原発が無くても、自立できるまちを行政と共に知恵を絞るべきだ。
 しかしながら、増設を当て込んでいるようなバカでは、もう、やめた方がましだ。
 今後原発を頼っている行政は、あっと言う間に財政破綻状態になりかねない。
 夕張市の二番手、三番手は一杯いるということだ。
 これからが、ほんとうの市長や商工会議所の腕の見せ所と言うことになる。
実力なき物は滅びるだけですね。

 

※以前から悪質なサイトがホームページのマナーを無視し勝手にリンクを張り、トラックバックし、紹介している企業・輩がいます。 このブログサイトの勝手な紹介・TrackBack・リンクは一切禁止致します。ブログをやっている方も悪評高い、よくご存じの事業所です。 <管理者>

-------------------------------------------------------
・千葉市 美浜区 高洲 パソコン教室
 
             シニアのためのパソコン教室
・市川市 柏井町 船橋法典 ピアノ教室・音楽教室
     井戸由美ピアノスタジオ

・千葉市 美浜区 でタクシーに乗るなら 個人タクシー 大矢タクシー
・佐倉市 表町  墓所・墓石のご用命は             石匠のつるや

・千葉市 団員募集中 千葉シニア合唱団グループ  千葉シニア合唱グループ
kumabon612のYouTube  ○フリッカー写真集DMC-G1
-------------------------------------------------------

« 議員の考えることは 議席を守ることが第一 | トップページ | 枝豆の芽が出ました »

コメント

こんばんは、くまさん

日本中、どこの市町村も、補助金や交付金をあてにしています。
首長になる人物の才覚がないんですよね。
一度補助金や交付金をもらうと、おんぶにだっこでそれに頼ってしまいます。
活断層の上に立つ原発なんか、恐ろしくて稼働できるわけがありませんが、原電や県知事、市長は、稼働したくて仕方がないようです。
事故が起きた後の事をなぜ考えないのか、頭の中をのぞいてみたいです。

まるこ姫さん、こんにちは∈^0^∋
 ジョジョ努力をする必要の無い首長ばかりで困ります。補助金や助成金を当てにしないでも自立できる行政を確立できる首長が必要ですが、そんな人一握りもいるでしょうかね。
 議員は楽な家業ですね。
選挙の2週間我慢すれば、また、楽な生活が送れると言うことかも知れませんね。
 原発は本当にバカです。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/57436896

この記事へのトラックバック一覧です: 敦賀市長、活断層認定に不快感 補助金付けのつけが大きく回っただけ:

« 議員の考えることは 議席を守ることが第一 | トップページ | 枝豆の芽が出ました »