2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 全柔連と民主党はよく似ている! | トップページ | 麻生太郎の真意って何? »

2013.07.31

高齢者と住むことの大変さ いずれ自分も?

 昨日、漸く、母親の寝室にエアコンを設置した。
 年をとると皮膚感覚が鈍くなるのか、訳のわからないことを結構言う。
 エアコンに対しては、以前父が生きているときから拒否反応を示していたのだ。
 猛暑と言われる夏が来るに伴って、リビングに漸くエアコンを入れていたのだが、極力使わないようにしていた。
 そして、寝室では夜窓を開けて寝ていたのだが、なんとか我慢して寝ていたという感じだ。
 やはり今年になって、猛暑が早くやってきたので、エアコンを寝室に入れて欲しいということで、設置したのだが、どうも、うまく使いこなせない。
 うまく使いこなせいない分、機械の頭で対応しようと人感センサー付のものにしたのだが、どうも、初日は冷えていないと言い出した。
 母親の冷えるかどうかは 寒いと感じるかどうかと言うことに気づいた。
 変な話しだが、エアコンが効いていると言うことは 寒いということで レッグウォーマーをしながら、部屋で毛布を掛けている状況だ。
 温度を上げて、寒くも暑くもない温度にしていると、エアコンが効いていないと感じるらしい。

 暑くもなく寒くもなくが 一番良いのだが、母の感覚は別で、これはもうぼくにはわからない。

 そして、今日もエアコンを入れていながら、窓が開いている状況を発見。
 怒ってしまった。電気代がかかるわけだ。

 もう一つおかしいのは、エアコンが効いていて部屋が過ごしやすくなっているにもかかわらず、
エアコンのスイッチを切ると、何故か必ず、今までは窓を開けていたことだ。
 何のためのエアコンか全くわからない。
 その時も、かなり母親に怒ったのだが、もう怒る気が全くしない。
認知症があるのでは無いと思いたいのだが、行動が変としか思えない。

 こんな状況なので、家庭のアンペアを上げるべく 東電に電話しました。
 寝室に昼間でも寝に戻ることもあるので、エアコンがあちらこちらに付けて、消し忘れて、ブレーカーが落ちるのが心配なので。
 ため息が付くことばかり。

 こんな中で、家内が交通事故の治療のため病院に入院中で、四六時中 母親と同じでいるととても精神的に疲れる。

 うちの母のもう一つ不思議なところは、賞味期限や消費期限にものすごく敏感なことだ。
消費期限・賞味期限の日にちのものは、間違いなく捨ててしまう。
 生ごみを捨てる量が増えてショウガナイ。
生ごみ処理機を使えば良いのだが、それも、いまはぼくにとってとても億劫なこと。

 消費期限・賞味期限はあくまで目安であるにもかかわらず、年を重ねるごとに この傾向が顕著になるし、テレビで 身体に良いという食べ物が出るとあきるまで食べ続けることだ。

 今は、西瓜で 一人分はないので ぼくも毎日西瓜を食べることにつきあっている。

 ストレスが溜まることばかり。
 自分も間違いなく老いていくのだけれど、人の迷惑にならないようにしたいと願うばかり。
 死ぬときは、やはり迷惑をかけずに ぽっくりと死にたい。

 今は、家内が入院中の時に できるだけ古い書類は時間があるときに、セッセと確認しながら、シュレッダーをしている日々。

 若いうちに、時間を過ごすための趣味は何か作っておくべきですね。

 もう一つ、母親は外から見られているという妄想もあるようなのだが、遮光カーテンを買ってきて付けると、おかしなことなのだが、外が見えないと半分開けている状況。
 そして、普通のレースのカーテンに変更。
 夕方になると、レースのカーテンでは外から見えるということで、外が明るくてもシャッターを閉めてしまうことだ。
 何を考えているのか、全く訳がわからない。
 誰も、故意に人農地を除く人なんかいないのだが、ぼくには理解できない。理解したいとも思わない。
 今日は愚痴の物語。

 どこか旅行に行きたい!

※以前から悪質なサイトがホームページのマナーを無視し勝手にリンクを張り、トラックバックし、紹介している企業・輩がいます。 このブログサイトの勝手な紹介・TrackBack・リンクは一切禁止致します。ブログをやっている方も悪評高い、よくご存じの事業所です。 <管理者>

-------------------------------------------------------
・千葉市 美浜区 高洲 パソコン教室
 
             シニアのためのパソコン教室
・市川市 柏井町 船橋法典 ピアノ教室・音楽教室
     井戸由美ピアノスタジオ

・千葉市 美浜区 でタクシーに乗るなら 個人タクシー 大矢タクシー
・佐倉市 表町  墓所・墓石のご用命は             石匠のつるや

・千葉市 団員募集中 千葉シニア合唱団グループ  千葉シニア合唱グループ
kumabon612のYouTube  ○フリッカー写真集DMC-G1
-------------------------------------------------------

« 全柔連と民主党はよく似ている! | トップページ | 麻生太郎の真意って何? »

コメント

こんばんは、くまさん

本当に大変な日々ですね、
高齢者は自分が一番だと思っていて、子供に帰ると言うか、遠慮がありませんものね。
怒られてもけろっとしているところがありませんか?
あまり感じなくなるのかもしれません。
自分もいつかそうなるのでしょうが、なんだか切ないですね。

まるこ姫さん、こんにちは∈^0^∋
 怒っても、糠に釘みたいで、こちらが疲れます。
何回いっても、治りません。
 本当に疲れます。
 町の高齢者が傍若無人になるのもわかる気がします。長生きすることは、良いことばかりでは無いですね。長生きすることで、人間がこわれている人が、生きていると、事件が起きるわけです。
長生きするより、適当なところで、寿命が途絶えた方が、いい時代かも知れません。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/57901331

この記事へのトラックバック一覧です: 高齢者と住むことの大変さ いずれ自分も?:

« 全柔連と民主党はよく似ている! | トップページ | 麻生太郎の真意って何? »