2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« あきれた配達 2題 | トップページ | 自然に対する脅威 どうすることもできない »

2013.08.23

福島原発 深刻度 レベル1からレベル3に引上?

 東京電力福島第一原子力発電所から高濃度の汚染水が漏れた問題で、原子力規制委員会は、トラブルの深刻さを示す国際原子力事象評価尺度をレベル3(重大な異常事象)に引き上げる構えを示した。
 これは当然なのだが、今の自民党政権の顔色をうかがってか、日本のマスコミは取り上げることがものすごくちいさい。
 海外の方が深刻な内容で報道しているのだが、日本のマスコミの社会性は全くゼロに近い。
 ドイツのシュミレーションの話しも殆どのマスコミでは取り上げていない。
まさに自民党のご機嫌を取っているようで、原発を稼働させたいと動いている自民党への配慮でしかない。
 マスコミは、本来、様々な角度からの情報を知らしめるべきなのだが、日本の場合は、ソフトな大本営発表に成り下がってしまっている。
 ドイツのキール海洋研究所が福島第一原発からの放射能汚染水の海洋拡散シミュレーションをしているのだが、どうして、この情報を流さないのだろうか?

 東京電力も汚染水の漏洩については、もうどうでも良い感じで、もう、どうしようもありませんのでというオーラがものすごく出ていて、会見を行っている。
 つまり、もう、やりようがありませんと言うことでしかない。
 そして、日本政府と言えば、原発を稼働したいものだから、こちらの話しにはふたをしだした。
 しかしながら、海外からの報道の方が真実に近いのではないだろうか?

原子力規制委員会がレベル3に上げたということを、マスコミも殆どスルーしている感じだし、政府も、我関せずという感じにしか思えない。

 福島原発の周辺には、もう住めないだろう。
 そして、太平洋の放射能汚染の問題については、多分数年後には、日本政府並びに東電に対して、損害賠償請求がされかねない。

 もっと、東京電力の原発事故への対応を速やかにしなければいけないのだが、多分、手立てがないのだろう。
 手立てが何もないにもかかわらず、処置ができないと言わないのは、まさにこれから原発を稼働したいからでしかない。

 もし、事故になったらば、全く対処ができない原発。
そんな危険なものは動かしてはいけないと言うことに結論が出てくるのだが、政府はそれを認めたくないのだ。
 おかしな政府。

 普通に考えれば、原発再稼動はいくら経済的に負担でも、辞めようと思うのが普通だし、もっと、経済的に解決できそうな新エネルギーを開発できそうなのだが、いかがだろうか?

 そう言えば、リチウムイオン蓄電池補助金というのをご存じだろうか?
簡単に言えば、電力不足を蓄電池で補おうという制度なのだが、これすら、今は、あまり知られていない。
 一般社団法人 環境共創イニシアチブという所で補助金の審査をする。
これは個人も法人も申請ができるのだが、あまりにも知られていない。

 どうも、自民党政権のやることは滅茶苦茶で、何を本当に推進したいかが全くわからない。
 わからないと言いつつも、原発だけは再稼動したいというのが本音なのだろう。
 つまりは、電力の不足部分を補うような補助金を作ってはみたものの、あまりにも消極的な話しだ。
 この補助金を知っている人がどれだけいるだろうか?

 原発にたいしても、政府がどれだけのことをするのかも、全く見えてこないし、マスコミはマスコミで、原発事故に対しては、腫れ物に触るように触れても、さらっとしか触れない。

 今で言えば、藤圭子の自殺の話しばかり、イチローの4千本の話しばかりで、現在、将来にわたって大きな影響のある原発事故に対しては、毎日触れてもいいくらいなのだが、触れることをしない。
 悲しい、日本の政府だ。近い将来、太平洋沿岸の諸国から、損害賠償をされたらどう対処するつもりだろうか?
 それこそ、国民一人一人に税金で対応するつもりだろうか?

 電力問題は、原発から大きく他のエネルギーに舵を切り。福島の原発周辺は立入禁止区域にし、その周辺の市町村は移転するべきだろうね。

 もう、復興も後手後手、更に、福島原発の事故処理はもうできないということで確定しているようだ。 

※以前から悪質なサイトがホームページのマナーを無視し勝手にリンクを張り、トラックバックし、紹介している企業・輩がいます。 このブログサイトの勝手な紹介・TrackBack・リンクは一切禁止致します。ブログをやっている方も悪評高い、よくご存じの事業所です。 <管理者>

-------------------------------------------------------
・千葉市 美浜区 高洲 パソコン教室
 
             シニアのためのパソコン教室
・市川市 柏井町 船橋法典 ピアノ教室・音楽教室
     井戸由美ピアノスタジオ

・千葉市 美浜区 でタクシーに乗るなら 個人タクシー 大矢タクシー
・佐倉市 表町  墓所・墓石のご用命は             石匠のつるや

・千葉市 団員募集中 千葉シニア合唱団グループ  千葉シニア合唱グループ
kumabon612のYouTube  ○フリッカー写真集DMC-G1
-------------------------------------------------------

« あきれた配達 2題 | トップページ | 自然に対する脅威 どうすることもできない »

コメント

安全は大好きだ。神話も好きだ。安全神話作りは得意で、すぐに信じられる。広めるのもたやすい。
我が国の国策は、安全神話と深く関係しているに違いない。
だが、最悪のシナリオを想定するのはひどく難しい。恣意(本音)の人ならそうなる。
これは、平和ボケのようなものか。

太平洋戦争初期に、フィリピンの米比軍はキング少将もジョーンズ少将も投降して、75000人以上の将兵の命を救った。
太平洋戦争後期に、日本軍は米空軍の飛来をゆるし、1945年3月10日未明、東京の下町の江東地区がB29約300機による空襲をうけ、死者10万をこす被害を出した。
日本人の指導者には、作戦の成否を予測する力はないのか。
人命の尊重はどのように考えられていたのであろうか。

それでも日本人は、原発の再稼働を選んだ。
一億総ざんげへの道。動き出したら止まらない。
この道は、いつか来た道。ああ、そうだよ、民族の歴史は繰り返す。

意思のあるところに方法はある。(Where there’s a will, there’s a way).
意思のないところに解決法はない。
意思は未来時制の内容であり、日本語には時制がない。
それで、日本人には意思がなく、解決法が見つけられない。
自然鎮火を待つのみか。成り行き次第ということか。

>親戚のじいちゃんはガ島で地獄を見てきた。
>「あれは決して国のために尊い命を落とす姿じゃ無かった」という言葉を忘れない。
兵卒は優秀。参謀は愚鈍。日本語脳の定めであるか。理不尽に耐える心を養うべきか。
耐え難きを耐え、忍び難きを忍んで、もって万世のために太平を開かんと欲す。

不自由を常と思えば不足なし。
座して死を待つか、それとも腹切りするか。
私の父は、玉砕した。何のお役に立てたのかしら。
安らかに眠ってください。過ちは繰り返しますから、、、、

わかっている、わかっている。皆、わかっている。
ああしてこうすりゃこうなると、わかっていながらこうなった、、、、、
十二歳のメンタリィティには、知恵の深さが見られない。教養 (洞察力) がない。
わかっちゃいるけど やめられない。ア、ホレ、スイスイ、、、、

白く塗られた黒いオオカミの足を見破ることは難しい。
だます人は悪い人。だまされる人は善良な人。おとり捜査は難しい。
この調子では、人の命はいくつあっても足りるものではない。
我々は、自らは望むことなく危機に陥る民族なのか。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://3379tera.blog.ocn.ne.jp/blog/


こんにちはー。
福島原発の汚染水が地下水汚染水も含めて、このような状況になるのは事故発生直後から解っていたことじゃ。京大の小出さんが明確に指摘していたのに、後手後手の対応でどんどん問題が大きくなってしまった。
自衛隊を使って、大型タンカーで汚染水を処理施設のある処まで輸送して処理水をどんどん海に放流しなければ関東中が汚染水タンクになってしまう。それなのに、頭の弱い安部君はゴルフ三昧だというのじゃからのう・・・・。

隠居さん、こんにちは∈^0^∋
 本当に後手後手ですね。
 仰るとおりで、汚染水の浄化も考えなければいけませんね。
 浄化ができない限り、永遠に汚染水は汚染されたままにしか処理できない。
 もう、時間の問題で福島県中が汚染水タンクになってしまいそうですね。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

こんにちは、くまさん

汚染水は増える一方で、今では、原発敷地内の港湾に高濃度の放射能が流れ込んでいるという話ではありませんか。
汚染水問題が解決しない以上、原発を再稼働など、もってのほかだと思います。
汚染水はタンクに保管する以外ないとしたら、この増える汚染水は恐ろしいほどのタンク群になります。
どうやって収拾するつもりなんでしょうか。
政府が肩入れしても、もうどうしようもない事態になっていると思いますがね。
しかし、原発と言う箱モノは、最後まで祟りますね。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/58046020

この記事へのトラックバック一覧です: 福島原発 深刻度 レベル1からレベル3に引上?:

« あきれた配達 2題 | トップページ | 自然に対する脅威 どうすることもできない »