2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 目指すも何も 消費税10%は決定路線 | トップページ | 警察、検察の失態 容疑者逃走中 »

2014.01.07

老老介護による暴行等 何となくわかる気がする

 年末年始にかけても多いのだが、年間通して 老老介護又は介護の末に暴行や致死に至らしめた事件が増えている気がする。
 今現在、ここ何年だろうか、6年前後になるだろうか、両親を病気介護と言えば病気介護だが、病院に付き添っていくだけでも ストレスが溜まるので、老老介護ならば尚のことストレスが溜まり、暴行し、致死に至らしめた様子が何となくだがわかる。

 愛知県で 認知症妻(80)の介護をしていた夫(77)が暴行容疑で逮捕された事件が報道されていた。
 義理の母は老人ホームに入っているので、大変助かっているのだが、もし、両親と義理の母の面倒を見続けていたらば、多分精神的に行き詰まっていることだろう。

 毎日、接していると息を抜くことが出来ない。
 父は数年前になくなり、母の病院が良いにつきあっているのだが、それでも、疲れるというのが本音だ。
 介護の必要が無いため、良いのか悪いのか どちらとも言えないのだが、旅行に行くのもなかなか難しいというのが実情。
 昨年は家内の湯治と言うことで、思い切って出かけたのだが、何となく、心がスッキリしないと言うことでしかない。

 介護の認定を受けていなくても、たとえ自分の親だとしても、自分の自由は奪われると思うときが多くなる。

 ましてや、認知症の妻とどう今日していて介護ならば、ストレスのはけ口がなく、瞬間的に爆発するといことでしかない。
 介護認定を受けていて、介護をしてもらうことで、ストレスを減少する方法を考えなくてはいけないのだが、今の介護保険では介護度ゼロだと適用されない。

 一年365日一緒にいると、健常さでさえいやになる。
 老老介護による事件は、介護保険のよどんだ部分で起きて言えるとしか言いようがない。

 高齢化社会で医療が中途半端に進み、延命だけしているようでは その負担は家族に重くのし掛かるだけだ。
 自立できない延命策は余程の条件が整っていない限り、不要だとしか思えない。

 ぼく自身は、もし、高齢で自立できなくなったらば、安楽死をのぞむのみ。

 最近特に、病人の面倒を見ていると 安楽死と言うよりも 延命策にだけ走っているとしか思えない。

 親の介護が終わったあとには、自分達夫婦の老老介護が待っているのではと思うと、今の社会保障では老後をゆったりと過ごすことはまず無理な話でしかない。

 延命治療による長寿社会はあまりにもいびつな社会としか思えいない今日この頃だ。

 いつまでも健康で、自立できていることが理想なのだが・・・。 

※以前から悪質なサイトがホームページのマナーを無視し勝手にリンクを張り、トラックバックし、紹介している企業・輩がいます。 このブログサイトの勝手な紹介・TrackBack・リンクは一切禁止致します。ブログをやっている方も悪評高い、よくご存じの事業所です。 <管理者>

-------------------------------------------------------
・千葉市 美浜区 高洲 パソコン教室
 
             シニアのためのパソコン教室
・市川市 柏井町 船橋法典 ピアノ教室・音楽教室
     井戸由美ピアノスタジオ

・千葉市 美浜区 でタクシーに乗るなら 個人タクシー 大矢タクシー
・佐倉市 表町  墓所・墓石のご用命は             石匠のつるや

・千葉市 団員募集中 千葉シニア合唱団グループ  千葉シニア合唱グループ
kumabon612のYouTube  ○フリッカー写真集DMC-G1
-------------------------------------------------------

« 目指すも何も 消費税10%は決定路線 | トップページ | 警察、検察の失態 容疑者逃走中 »

コメント

こんばんは、くまさん

これからは、老老介護がどんどん増えていくのではないでしょうか。
老人が老人を介護、そのくらいに皆が長生きする時代になりました。
毎日の事ですから、癇癪もおきますよ。
身内であればある程、わがままになりますからね。
看る方も看られる方も大変です。
国が家庭での看護を奨励していますから。
国の役割を放棄しているに等しいですがね。

おはようさん。
まあ、人口構成上から老人が増えて呆け老人も増えるのは当然じゃろう。
ハンデキャップを抱えた人を含めてそれらの人に対して、スピードを合わせた社会とするのか別のラインを敷いて行くのかは、多くの議論が必要じゃ。
わしは、一部の心身元気な者や金で解決できる者以外はで80歳以上は、良い意味での姥捨て山の設立が良いと思っておる。なるべく温暖な人里離れた地や島にゆったりと過ごさせて、医療は最小限にしてくれれば良いのじゃがノウ。

まるこ姫さん、こんにちは∈^0^∋
 老老介護になればなるほど、実は事件が増えるような気がします。
 介護保険の適用になり、他人が多少でも面倒を見てくれた方が、ストレスを減らすことができます。
 たとえ夫婦やおやこでも、介護は毎日のことですから底辺ですね。
 くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

隠居さん、こんにちは∈^0^∋
 同感で、姥捨山的な施設は絶対に執拗です。
 ぼくも将来そうなったら、自主的に姥捨山的な施設に入りたいです。
 延命治療はもう辞めた方がいいです。
 僕は希望しません。
 なんだか中途半端な医療の進歩やいやですね。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/58899701

この記事へのトラックバック一覧です: 老老介護による暴行等 何となくわかる気がする:

« 目指すも何も 消費税10%は決定路線 | トップページ | 警察、検察の失態 容疑者逃走中 »