2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 性善説のお人好し日本人と性悪説の中国人 | トップページ | 地方創生法 なんて辞めた方がいい! »

2014.07.25

どこのバカが考えたか 2020年東京オリンピックはこの時期開催!

 どこのバカが考えたのか?!2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催日は
---------------
オリンピック競技大会開催概要
正式名称第32回オリンピック競技大会
英文名称The Games of the XXXII Olympiad
開催期間 2020年7月24日(金)~8月9日(日)
競技数28競技
パラリンピック競技大会開催概要
正式名称第16回パラリンピック競技大会
英文名称Tokyo 2020 Paralympic Games
開催期間 2020年8月25日(火)~9月6日(日)
競技数22競技
---------------
 これほど暑い時期に開催するなんて、選手の自殺行為としか思えないし、良い記録が出る大会と言うよりも、まさに、やるだけ、開催国の経済効果を狙ったものと、多分放映権という商業主義のためでしかない。
 本来ならば、前回の東京大会と同じ時期の10月10日頃がベストなのだが、この大会はもう、危険を一杯はらんでいるとしか思えない。
 25日の熱中症とみられる緊急搬送は1224人 うち死亡者が3人。
これはこの日1日だけだ。
 この糞暑い時期に高校野球大会をやるというのも 生徒達の自殺行為としか思えない。

 日本が熱帯化している中での7月下旬から9月上旬にかけては とんでもない暑さだ。
 昔は 35度以上なんて日はほとんど無かったのだが、今や、ここ数年は35度以上も普通に起きるようになっている。
 つまり、6年後の日本の気象状況がどうなっているかと言えば、間違いなく温暖化が進み、35度以上の猛暑日がもしかしたら、常態化しているかも知れない。
 日本の場合は高温で、しかも湿度が高いのだから、運動をすること自体が向いていない。

 この時期に行うなんて、お馬鹿そのものでしかない。
 見物に行った人間も、エアコンの効いた自宅で見ているのが一番だ。
 マラソンなんかを考えても、早朝に走らせるしかないだろう。
 脱水症状で、選手がバタバタ倒れるなんて 映像も 想像できてしまう。

 この時期に決めたのは やはり 放映権の関係らしいが、選手の生命を完全に無視しているとしか思えない。記録を出すという大会よりも、やはり、商業主義が中心だ。

 もう、こんなくだらないオリンピック大会なんて辞めた方がましだ。

 6年後にオリンピックを東京や関東近県に分散開催しても、僕は自分のみの安全を考えて、見に行かない。
 この期間、東京周辺から脱出していた方が、いいかもしれない。
 6年後に避暑地でのんびりしていた方がましだ。
 どうせ、競技大会の結果は民放がくだらないほど繰り返し報道することもわかっているし、金メダルを多めに予想して、事前に煽るだけ煽ることもあり得る話しだ。

 経済効果云々の話なのだが、それはスポンサー企業や宿泊施設の関係者と思った方がましで、開催地の東京はハード面の出資が多くなり、下手すると 財政負担が大きくのし掛かっているかも知れない。

 そもそも、日本でやるメリットは スポーツバカ以外の人間には何のメリットもない。
つまりは、その競技大会の分を国民に振り分けた方がどれだけましかと言うことになる。
金メダルを取らせるための、負担分を国民に回した方がどれだけ有意義かと言うことだ。

 スポーツは好きな人が勝手に出てやれば良いし、国別の国旗掲揚なんてしなくて良い。
そもそも、国旗を揚げたりすることで、ナショナリズムを高揚しているに過ぎない。
 メダルの数を競うなんて、後進国でしかないと言うことをもっと考えるべきだ。

 はてさて、6年後のオリンピック大会、大雨、台風でぼろぼろになり、熱中症で選手がバタバタと倒れる様子しか想像できない。

 10年以上の前ならば、この時期に公園で子ども達が遊んでいる姿が見られたのだが、今や、熱中症の危険から避けるために、公園もとても静かでしかない。

 熱中症の暑さ指数も 年々上がっているのも間違いない。
 いまや 暑さ指数が28~31度 厳重警戒 激しい運動は中止 と言う日々だ。
 この暑さ指数が31度以上になれば 運動は原則中止と言うことに 運動に関する指針では決まっている。
 こんな中で、将来のオリンピックは開催するというのだから、一体誰が、選手が死亡したときに責任を取るのだろうか?
 それとも 東京電力福島原発の被曝量を都合の良いように上限を上げるなんて姑息な手段を使うのだろうか?

 選手の人たちも、自分のみの安全を守るために オリンピックを考えるべきだし、本来はIOCが選手たちの一番コンディションの良いときに開催する子をと考えるべきだ。
 もう、オリンピックは経年劣化しているとしか思えない。

 6年後のオリンピック 日本の夏は更に猛暑になっていると思うのだが、どうなることやら。
 僕は家でのんびりするか、日本から脱出することに決めている。

※以前から悪質なサイトがホームページのマナーを無視し勝手にリンクを張り、トラックバックし、紹介している企業・輩がいます。 このブログサイトの勝手な紹介・TrackBack・リンクは一切禁止致します。ブログをやっている方も悪評高い、よくご存じの事業所です。 <管理者>

-------------------------------------------------------
・千葉市 美浜区 高洲 パソコン教室
 
             シニアのためのパソコン教室
・千葉市 美浜区 でタクシーに乗るなら 個人タクシー 大矢タクシー
・佐倉市 表町  墓所・墓石のご用命は             石匠のつるや

・千葉市 団員募集中 千葉シニア合唱団グループ  千葉シニア合唱グループ
・船橋市 ふじい音楽教室   ふじい音楽教室
・岡山県 備前焼窯元 天地窯  天地窯
・市川市 リフォーム等ご相談は 有限会社 大澤工務店 
kumabon612のYouTube  ○フリッカー写真集DMC-G1
-------------------------------------------------------

« 性善説のお人好し日本人と性悪説の中国人 | トップページ | 地方創生法 なんて辞めた方がいい! »

コメント

こんばんは、くまさん

ホント、だれがこんないちばん暑い日の開催を考えたのでしょう。
絶対に重病患者や、死人が出ますよ。
日本の開催ならば、10月にやるのがベストでしょうに。
福島も収束している分からないのに、東京はエゴの塊ですね。
しかも、スポーツで国威発揚を考えたのでしょうが、陸上では日本は無理です。
力以上の事をやるとなると、税金でものすごい強化をしなければ無理かも。
強い外国人選手を帰化させるかもしれませんね。

まるこ姫さん、こんにちは∈^0^∋
 どうするのでしょうね、6年後のオリンピック。
 熱中症で危険と言うことで、是非、他国の人は自分の命を大切に参加しないで欲しいですね。
 オリンピックは無駄以外の何物でもありません。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/60045199

この記事へのトラックバック一覧です: どこのバカが考えたか 2020年東京オリンピックはこの時期開催!:

« 性善説のお人好し日本人と性悪説の中国人 | トップページ | 地方創生法 なんて辞めた方がいい! »