2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 今日も病院へ同行 | トップページ | 個人情報保護法なんて 糞の役にも立たない! »

2014.07.10

またもや 情報漏洩 ベネッセ どうやら 流用はジャストシステム

 まあ、情報漏洩が後を絶たない。
 今回は通信教育大手のベネッセコーポレーションだが、どうして情報漏洩が繰り返されるのだろうか?
 人為的な問題ではないだろうか?
 名簿は売れるのだから、当然売る人間もいれば買う人間もいる。
 早いもので、流用したのはジャストシステムという情報が流れ出し、嫌気がさし、ジャストシステムの株価が下がっていると言うことだ。
---------47ニュースより引用
 通信教育大手ベネッセコーポレーションの大規模な顧客情報漏えい問題で、同社関係者が10日、共同通信の取材に対し、情報を流用したのは通信教育事業を手掛けるIT事業者のジャストシステム(徳島市)と明らかにした。ジャストシステムからのダイレクトメール(DM)に、ベネッセにしか登録がないはずの個人情報が記載されていたことも分かった。

 不審に思った顧客からの問い合わせが相次ぎ、ベネッセが調査に乗り出して流出が判明した。ジャストシステムは「担当者がいないので確認中」と話している。

-------------
 ひどい話し、漏洩する方も漏洩する方だが、それを承知で購入する方も購入する方だ。
 ダイレクトメールについては、どうしてくるのかがわからないものが結構ある。
 その時には、やはり漏れているのではないかと疑うのが道理だ。

 正直言って、勝手に送ってくるダイレクトメールは こちらが希望していないので ゴミ以外の何物でも無い。郵便の場合は、受取拒否、メール便も きちっとした名前がないものは 受取拒否をして、宅配業者に全て止めてもらっている。
 くだらないダイレクトメールは結構田丸もので、資源の無駄以外の何物でも無い。
 宛名の封筒もシュレッダーにかけているのだが、それなりに纏まると手間がかかる。
 そして、何よりもゴミでしかない、本当に資源の無駄だ。
 電話による営業 テレマーケッティングもよくかかってくるのだが、相手は仕事だが受け取る側としては、時間の無駄でしかない。
 今の時代、必要なものは ネットで検索して、安いところで購入できる。
 飛び込みで営業が来るのも、先方の勝手でこちらは 様々なものが中断されるという迷惑この上のない行為だ。

 はてさて、情報漏洩はデジタル処理をしてあればしてあるほど、いとも簡単に何万件も野数が数秒もかからずにコピーできる。
 ベネッセの場合 個人情報最大2,070万件流出か なんて見出しが出ているのだが、余りにもひどい話しだ。
 そして、子ふぉもや保護者の名前や住所、生年月日、電話番号などおよそ760万件の流出が確認されたとのことだ。
 これだけの情報が漏れたらば、もう、どうしようもない。生年月日が入っていると何にでも使える。
 ベネッセ側は 顧客のクレジットカード番号や金融機関の口座番号等については流出の確認はされていないとのことだが、基本データだけで十分迷惑な話だ。
 一端出回ってしまったものは、もう取り返すことは出来ない。
 第二、第三者にどんどん回ってしまい、どんな措置をしても ダイレクトメールは間違いなくくる。
 今の時代、個人情報は個人の人がとても敏感になっているのだから、通常はデータとして出にくい。だからこそ、高額で売買が出来ると言うことで、相も変わらず、情報漏洩が止まらない。
 さて、国が推し進めるマイナンバー制度もいかがなものだろうか?このところ、マイナンバー制度に民間がどんどんぶら下がり利用を考えているようだが、ぶら下がりが増えれば増えるほど、情報漏洩したときには どうしようもないほど、個人情報が開示されてしまう危険がものすごく高くなる。
 民間でさえ、こんな状態なのだ。
 マイナンバー制度は国がやっているのでは、多分漏れるだろうし、裏で、個人情報が高額で売買されることも想像に難くない。
 お馬鹿な国が情報管理をしようとすればするほど、実は情報漏洩の危険性がどんどん高くなり、格好の標的の的となる、
 まあ、操作している人間に甘言を弄して、近付く人間がいるだろうし、秘密保護法の関係もあって、情報が漏洩したことも秘密にされることもあるだろうね。

 情報漏洩は他山の石とすることのみならず、絶対に情報漏洩は止めるべきだ。
 しかし、情報漏洩が、毎回出ると言うことは 人間の性と言わざるを得ない。

 はてさて、流用はジャストシステムとのことだが、ジャストシステムはどう対処するのだろうか?
 企業体質を問われても仕方が無いのだが、今日はジャストシステムの会見があっても良いはずだ。
 台風情報もさることながら、こちらのベネッセとジャストシステムの記者会見も注視しなければいけない。

 本当にデジタル情報になった途端に情報漏洩が防げなくなってしまった。
 紙ベースの方が絶対に重要な情報は安全だ。あえて、デジタルにする必要は無いのでは無いだろうか?



 

※以前から悪質なサイトがホームページのマナーを無視し勝手にリンクを張り、トラックバックし、紹介している企業・輩がいます。 このブログサイトの勝手な紹介・TrackBack・リンクは一切禁止致します。ブログをやっている方も悪評高い、よくご存じの事業所です。 <管理者>

-------------------------------------------------------
・千葉市 美浜区 高洲 パソコン教室
 
             シニアのためのパソコン教室
・千葉市 美浜区 でタクシーに乗るなら 個人タクシー 大矢タクシー
・佐倉市 表町  墓所・墓石のご用命は             石匠のつるや

・千葉市 団員募集中 千葉シニア合唱団グループ  千葉シニア合唱グループ
・船橋市 ふじい音楽教室   ふじい音楽教室
・岡山県 備前焼窯元 天地窯  天地窯
・市川市 リフォーム等ご相談は 有限会社 大澤工務店 
kumabon612のYouTube  ○フリッカー写真集DMC-G1
-------------------------------------------------------

« 今日も病院へ同行 | トップページ | 個人情報保護法なんて 糞の役にも立たない! »

コメント

こんばんは、くまさん

情報漏えいが後を絶ちませんね。
銀行や生命保険会社などの情報漏れは、特に怖いものです。
それでなくても、ゆうちょでさえ、インターネットバンキングへのハッキングの警告をしているのに、自ら情報が漏れてしまうっていうのは、無責任にもほどがあります。
ネットは便利なようで、一面とても怖いですね。
悪用する人が多すぎます。

まるこ姫さん、こんにちは∈^0^∋
 情報漏洩が後を絶ちませんね。
 情報がお金になるのですから、人間性の問題で、やってしまうし、犯人が捕まるかどうかも現在ではわかりません。そして、一端データが出回ってしまうと、もう、回収することは出来ませんから、採った者がちになり、個人の情報は完全に保護されないと言うことです。
 個人情報保護法なんて糞の役にも立ちませんね。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/59958445

この記事へのトラックバック一覧です: またもや 情報漏洩 ベネッセ どうやら 流用はジャストシステム:

« 今日も病院へ同行 | トップページ | 個人情報保護法なんて 糞の役にも立たない! »