2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 必要の無い情報は流さない、ながれない? | トップページ | 今日も暑いです »

2014.08.17

呆れてしまう Windowsの月例アップデートで不具合! 

 Windowsを使用している人には 毎月の月例パッチはある意味不具合発生のリスクを抱えていると行ってもいい。
 本来は月例パッチによりリスク負担が少なくなったり、改善されて利することがあるのだが、マイクロソフトの月例パッチには 起動できなく成るという リスクがいつも含まれている。
 今回 8月の月例パッチは 幸い僕のパソコンでは無事に乗り切ることが出来たのだが、多くの人は 起動できなくなった人が発生したみたいだ。
 このマイクロソフトのいい加減な作りなのだが、ブルーバック画面が出たり、復元していますという画面が出たりするのだが、実は うまく復元できず 再インストールする場合が何回か合った。
 復元機能がいい加減で、大抵復元できないことの方が多いのだ。

 実は今回のアップデートでも ひどい話しだが、今は削除する方法が発表されている。
 有るケースでは アンインストールを推奨するなんて とんでもない話しだ。

 マイクロソフトと長くお付き合いをしているのだが、アップルのOS Xと比べると以下に貧弱な作りになっているかがわかる。
 最近では、アップルを使用するように推奨しているのだが、この月例パッチがないことで、パソコン初心者はとても安心して使用できる。
 特に、Windows8シリーズでは勝手にアップデートし、勝手に再起動を求めてくるわけで、本人がするしないにかかわらず、買ってアップデートし、挙げ句の果てにブルーバックになり、復元機能もきかず、再インストールなんてことになってしまうのだ。
 データのバックアップもしていない人が大半だから、又、新たに、設定するというとても面倒なことが待っている。

 Macの場合はタイムカプセルがあるし、月例パッチという考え方が基本的にない。
年間修正は数回あれば多い方だ。
 そして、今回 OSがバージョンアップされるのだが、操作方法は変わらずにアイコンが変わると言うことと、操作がよりしやすくなると言うことに重点を置いている。
 マイクロソフトのように、勝手に操作方法を変えて、自分勝手に操作方法を良くしたと自己満足している企業とのおおきな違いだ。

 又、来年の4月に出るWindows9では OSを統一するという噂もある。
となると、大きく又変わるかも知れないのだ。
 ユーザーの使い勝手を完全に無視して、企業の好みと商業主義にはしるこの姿勢は許せるものではない。

 今は、Macを主流にWindowsはパラレルデスクトップの中で動かしている。
この方が、リスクがとても少ない。つまり、どうしても使わなければいけないWindowsのソフトだけを動かし、それ以外のものは全てアップルのソフトで仕事をするという方法だ。

 若干、パソコン等の価格はWindowsと比べて高くなるのだが、月例パッチの修正と起動しなく成るというリスク負担からは解放される。

 マイクロソフト Windowsの脆弱性は アップデートをする度にリスクが益していると思った方がいい。

 今回の月例パッチでシステムが正しく起動できなくなった方は 再インストールする方が一番手っ取り早いかも知れない。
 又、アップデートは自動ではなく アップデートの発表があってから、早くても 1週間くらい空けてから、アップデートをすることをお勧めする。
 即アップデートをしてしまうと、いつ何時 生け贄になるかわからないからだ。

 これは、月例アップデートが続く限り、ユーザーの責任と言うことで、マイクロソフトは責任を取るような取らないような姿勢でしかない。

 もう、マイクロソフトを使うのを辞めて、アップルのMacにした方が、面倒なことが少ないのだから、乗り換えた方がましだ。

 はてさて、来年の4月にマイクロソフトの新OSが出るとのことだが、どうなることやら。

---------復旧方法
 まず、コンピュータの起動に失敗する場合、DVD などのインストール メディアを用いてコンピュータを起動し、スタートアップ修復やシステムの復元を行う。これにより、これらの更新プログラムのインストール前の状態に戻す。システムのバックアップがある場合は、リストアを行う。

上記の方法で復旧できない場合は、以下の手順で作業を行う。

1. コンピュータを再起動し、セーフ モードで起動する。
2. fntcache.dat ファイルを削除する。 このファイルを削除するには、コマンド プロンプトを管理者権限で開き、コマンド「del %windir%\system32\fntcache.dat」を実行する。

1. ファイルを削除した後、コンピュータを再起動する。通常、これでコンピュータは正常に起動する。
2. [スタート] メニューから [ファイル名を指定して実行] を選択し、regedit と入力して [OK] ボタンをクリックする。
3. [レジストリ エディター] が起動されたら、左ペインから [HKEY_LOCAL_MACHINE] をクリックして展開し、[SOFTWARE] - [Microsoft] - [Windows NT] - [CurrentVersion] - [Fonts] の順番でポイントする。

1. Fontsを右クリックし、エクスポート をクリックする。
2. ファイル名に任意の名前を設定し保存する(次のステップで削除するフォントに関するレジストリを復旧する際に用いる)。
3. Fontsサブキーから、「ファイル名のみではなく、下記画面例のように "C:\xxx\xxx\xxx.otf" などのフル パスで指定されている」「ファイル名の拡張子が、”otf” (xxx.otf) となっている」という条件のレジストリを探し、削除する。

1. fntcache.datファイルを再度削除する。これを実行するには、コマンド プロンプトを管理者権限で開き、コマンド「del %windir%\system32\fntcache.dat」を実行する。
2. [コントロール パネル] から [プログラムと機能] を開き、[インストールされた更新プログラム] をクリックし、更新プログラム「KB2982791」「KB2970228」「KB2975719」「KB2975331」をアンインストールする。
3. コンピュータを再起動する。
4. 7.で保存したファイルを右クリックし、、[結合 (G)] を選択して、8.で削除したレジストリキーを復元する
-----------

 ※インストールメディアを作っていない人は 大変。

※以前から悪質なサイトがホームページのマナーを無視し勝手にリンクを張り、トラックバックし、紹介している企業・輩がいます。 このブログサイトの勝手な紹介・TrackBack・リンクは一切禁止致します。ブログをやっている方も悪評高い、よくご存じの事業所です。 <管理者>

-------------------------------------------------------
・千葉市 美浜区 高洲 パソコン教室
 
             シニアのためのパソコン教室
・千葉市 美浜区 でタクシーに乗るなら 個人タクシー 大矢タクシー
・佐倉市 表町  墓所・墓石のご用命は             石匠のつるや

・千葉市 団員募集中 千葉シニア合唱団グループ  千葉シニア合唱グループ
・船橋市 ふじい音楽教室   ふじい音楽教室
・岡山県 備前焼窯元 天地窯  天地窯
・市川市 リフォーム等ご相談は 有限会社 大澤工務店 
kumabon612のYouTube  ○フリッカー写真集DMC-G1
-------------------------------------------------------

« 必要の無い情報は流さない、ながれない? | トップページ | 今日も暑いです »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/60171026

この記事へのトラックバック一覧です: 呆れてしまう Windowsの月例アップデートで不具合! :

« 必要の無い情報は流さない、ながれない? | トップページ | 今日も暑いです »