2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 何故、土日にきちっとしたニュース番組枠がないのだろうか? | トップページ | ウオーキング 3ヶ月目に突入 »

2014.09.30

御嶽山噴火に見る 火山余地の難しさ!

 今回の御嶽山の噴火に思うことは 以下に人間の人知は自然には問うて及ばないと言うことだ。どんなに叡智を傾けても 自然はあざ笑うかのごとく 無意味な経験値の積み重ねでしか無いと考えさせられてしまう。
 これは 無くなった方には申し訳ないのだが、 「運」の一言ですまされてしまうのだ。
 人間なんて自然に比べたら、本当にゴミのような存在で、風に吹かれてしまうぐらい小さい。
 今の天気予報でも災害予報でも 残念ながら 全く 糞の役に立たない。
 何故かと言えば、災害の時には 「安全なところに非難してください」「身の安全を確保してください」という言葉で 対処しようとしているのだ。
 安全なところの基準が全くわからないのでは 非難することも出来ない。また、安全と思われるところに非難することが困難なんて場合もあるのだ。
 今回の御嶽山の噴火も 全く予想だにしなかった、そこに居た人たちの 「運」が悪かったとしか言いようがない。どんなに、それまでの行いが良かろうが、悪かろうが、仲が良かろうが、そんなことは自然の脅威の前では全く無意味でしか無い。
 神は居るのかと言うことにも成るのだが、神は居るとは思えないし、神は言い換えれば「心」とも言えるし、神は自然の脅威とも言えるのだ。
 つまりは、自然にはとても勝てないというのが昔からの人たちの経験則だし、だから自然信仰が生まれる所以でもある。
 どんなに科学に費用を投下しても、スーパーコンピュータを駆使しても、残念ながら、自然には全く歯が立たず、せいぜい統計を取ることしか出来ない。
 自然を満喫しようと山に行った人たちは 自然の脅威を目の当たりにしていて、何も無ければ自然のご加護としか言いようがない。
 人命を絶対に守るというのならば、入山規制をするしか無かったが、それはあくまで自己責任、自己判断でしか無い。
 それこそ年間30万人もの登山者が居る富士山が噴火したらば、もっと悲惨なことになることは間違いない。
 はてさて、そんな中で御嶽山の噴火予知すら出来なかったにもかかわらず、九州電力川内原発を意固地にも稼働しようとしている政府が居るのだ。
 噴火により川内原発がどうなるかを政府は想定しているのだろうか?
 噴火でさえ 人知では押さえ込むことが出来ない、人間が作り出した原発も放射能の前では全くの無力で、この二つが同時発生したときには もう、川内原発周辺は人間が住めなくなると言うことでしかない。
 福島第一原発でさえ、もう人が住めないといった方が間違いないのだが、政府は未だにその言葉を口が裂けても言わない。
 ひどい話しでしか無い。

 要するに、九州の川内原発周辺は万が一の事故が発生した場合には 土地及び住民は捨て石になるという意味だ。
 言い換えれば、原発立地地域はどうなっても良いところに建設したといった方が無難だ。
そんなことは、官僚も議員も口が裂けても言わないが、これこそ言わずもがなの内容でしか無い。
 原発立地の行政は補助金と引き替えに土地と住民を政府と議員に売ってしまったと言うことだ。
 ああ、川内原発周辺にも火山が沢山あるわけで、再稼動なんかしたらば、更に重大な問題が発生することをマスコミも全く情報として取り上げていない。

 マスコミの存在がもう日本では全くなくなってしまった。
 せめて、朝日新聞くらいはと思っていたのだが、朝日新聞は 「嘘つき」情報しか出さないというレッテルがもう付いてしまったので、いくら何を言っても オオカミ少年でしか無く、信頼度がゼロだ。

 この国は 東京、南関東周辺が安全であれば、何でもありでしか無い。
つまりはそれを感覚でわかっているものだから、東京周辺に人口が集まるのは当然のことだ。地方創世なんて、くだらない発想で事業をやろうとしているのだが、安全性が確保されない地方では、誰も住もうとはしませんね。
 ますます、東京周辺、南関東に人口が手中するのはわかりきったことだ。

 今の政府の言っていることは、滅茶苦茶としか言いようがありません。

※以前から悪質なサイトがホームページのマナーを無視し勝手にリンクを張り、トラックバックし、紹介している企業・輩がいます。 このブログサイトの勝手な紹介・TrackBack・リンクは一切禁止致します。ブログをやっている方も悪評高い、よくご存じの事業所です。 <管理者>

-------------------------------------------------------
・千葉市 美浜区 高洲 パソコン教室
 
             シニアのためのパソコン教室
・千葉市 美浜区 でタクシーに乗るなら 個人タクシー 大矢タクシー
・佐倉市 表町  墓所・墓石のご用命は             石匠のつるや

・千葉市 団員募集中 千葉シニア合唱団グループ  千葉シニア合唱グループ
・船橋市 ふじい音楽教室   ふじい音楽教室
・岡山県 備前焼窯元 天地窯  天地窯
・市川市 リフォーム等ご相談は 有限会社 大澤工務店 
kumabon612のYouTube  ○フリッカー写真集DMC-G1
-------------------------------------------------------

« 何故、土日にきちっとしたニュース番組枠がないのだろうか? | トップページ | ウオーキング 3ヶ月目に突入 »

コメント

こんばんは、くまさん

やっぱり人間は自然の前にはアリ程度ですわね。
どれだけ立派な建物を建てても、自然の猛威には勝てないですから。
人間が傲慢になり、自然も制御できると思っているみたいですが、どんなにあがいても自然は偉大です。
もっと謙虚になるべきではないですか?
御岳山が噴火して、どうも日本は火山活動が活発になってきたのかなあと思います。
ふつうは、川内原発なんて危なくて稼働できるとは思えませんが、既得権益者の方も必死ですからね。

まるこ姫さん、こんにちは∈^0^∋
 人間の力なんて、大自然から比べると全くちっぽけ野茂ので、塵芥の大きさぐらいですね。
 本当に謙虚になるべきです。いくら、科学が進んだと言っても、たかが数千年です。
自然の長さは億の単位ですから、追いつくわけがありません。
 自然には全く刃向かえないと言うことでしかありませんね。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/60398493

この記事へのトラックバック一覧です: 御嶽山噴火に見る 火山余地の難しさ!:

« 何故、土日にきちっとしたニュース番組枠がないのだろうか? | トップページ | ウオーキング 3ヶ月目に突入 »