2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 日本株の上げ下げは僕には無意味 | トップページ | 公的年金運用 日本株25%?! 穴開け鱈場誰が負担? »

2014.10.31

日本の名誉と信頼を回復するための特命委員会?

 「日本の名誉と信頼を回復するための特命委員会」が初会合をしたそうだ。
 この長い「日本の名誉と信頼を回復するための特命委員会」は、客観的事実に基づいた、日本の政府の立場を内外に発信して、日本の名誉を回復する行動をとっていくべき と言う内容らしい。
 いわゆる 従軍慰安婦問題についての体外発信などについて、政府への提言をとりまとめる方針だという。
 日本人の根底には、沈黙は金とか 控えめな行動が元々の国民性だ。
 しかし、今や韓国、中国のように騒ぎ立てる、大きな声で叫んでいる人がいるのだから、大きな声で叫ばれたらば、黙っている日本はその日を認めてしまうと言うことになる。

 世界中で問題が大きくなるのは、自己主張をめいっぱいするからでしか無い。
 日本人も少しずつ、性格が変わってきたのは、「お互い様」という思いやりがかけてきたことだ。自分だけ良ければ良いという考えが、どんどん広まり続けている。
 まあ、それを加速させているのが、韓国の訳のわからない 日本中傷が原因であることは間違いない。

 言わなければ、非を認めたことになるというお馬鹿な世界の常識が有る限り、日本人も相手よりも大きな声で叫ばなければいけないのは、当然のことだ。

 相当昔、アメリカでは交通事故にあっても、謝罪をしないと言うことが 裁判で有利になるために、どんどん広まり、何が何でも、非を認めないと言うことが半ば常識になっている。

 日本人も同様に、自分の非を認めない人間が増えていることは間違いない。
 どんどん、人間関係がぎすぎすしているのはこのせいだ。

 日本も声を大きくして叫ぶのは良いことだが、ネゴシエーションのテクニックを学ぶべきだ。
 ネゴシエーションにディベートを学ぶべきだ。

 訳のわからないことを言う政府に対して、どう言い負かすかと言うことをもっと考えるべきだ。
 日本の外交の下手さ加減は相手を余りにも慮ることが最大の弱点。
 もっと早くから、自分の立場を自己主張することが必要だったのだが、まあ、今からでお遅くない、どんどん相手をやり込めるぐらいの気持でやるべきだし、いざとなったらば、国交断絶もかまわないという勢いでやらないと、相手を負かすことはできない。

 日本人の論理を世界が相手の場合には、180度くらい変えなければいけませんね。

※以前から悪質なサイトがホームページのマナーを無視し勝手にリンクを張り、トラックバックし、紹介している企業・輩がいます。 このブログサイトの勝手な紹介・TrackBack・リンクは一切禁止致します。ブログをやっている方も悪評高い、よくご存じの事業所です。 <管理者>

-------------------------------------------------------
・千葉市 美浜区 高洲 パソコン教室
 
             シニアのためのパソコン教室
・千葉市 美浜区 でタクシーに乗るなら 個人タクシー 大矢タクシー
・佐倉市 表町  墓所・墓石のご用命は             石匠のつるや

・千葉市 団員募集中 千葉シニア合唱団グループ  千葉シニア合唱グループ
・船橋市 ふじい音楽教室   ふじい音楽教室
・岡山県 備前焼窯元 天地窯  天地窯
・市川市 リフォーム等ご相談は 有限会社 大澤工務店 
kumabon612のYouTube  ○フリッカー写真集DMC-G1
-------------------------------------------------------

« 日本株の上げ下げは僕には無意味 | トップページ | 公的年金運用 日本株25%?! 穴開け鱈場誰が負担? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/60571853

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の名誉と信頼を回復するための特命委員会?:

« 日本株の上げ下げは僕には無意味 | トップページ | 公的年金運用 日本株25%?! 穴開け鱈場誰が負担? »