2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月の5件の記事

2016.07.30

にっぽん丸 クルーズ 4日目 上五島・軍艦島(端島)

にっぽん丸 クルーズ 4日目は上五島へ向かいました。
入港 9:30 出港 14:00 その後は 長崎 軍艦島(端島)周遊クルーズ。

上五島では 頭ヶ島天主堂

P7190336

P7190337

P7190340

下船の順番待ちです。
下船後はバスに乗って目的値へ。

P7190344

P7190346

P7190348

P7190349
いしだきの刑の石(レプリカ)が置かれています。
実はいしだきの刑をする前に 三角形の木の上に正座をさせるそうです。
ガイドさんの旦那さんが作ってくれた品物です。

P7190350
実際に座って見せてくれました。実は三角形の角を丸くしてあるので、それほど痛くは無いそうです。但し、サンプルの場合です。

P7190351

P7190352

P7190353

頭ヶ島天主堂P7190354

P7190356
キリシタン墓地です。

P7190357
海がとても綺麗です。

P7190358

P7190359

P7190361

P71903631

P7190364

P7190367

P7190368

P7190369

P7190372
お食事をしたところ 扇寿
五島うどん 地獄炊き をいただきました。 
トイレの数が少ないのが・・・。

P7190373
にっぽん丸に戻ってきました。

P7190374

P7190375
乗船し、出港の準備です。

P7190376_2
お別れの時 待望の紙テープ キャラクターさんと皆さんが見送ってくれました。
ガイドさん達の声がよく通ること。

P7190377
風になびいて、紙テープがとても綺麗でしたね。

P7190378

P7190379
島を離れていきます。

P7190380

P7190381

P7190382

長崎 軍艦島の周遊が始まりました。
ちょうどディナーを食べているときに 見えてきました。
残念ながら、夕焼けは見ることは出来ませんでしたが、少し、だけ夕日が見えていましたっけ。
P7190400_2

P7190402

P7190404
にっぽん丸のデッキに急いで出て、写真を撮りました。軍艦島の両側を見ることが出来ました。

P7190409

P7190413

船内に戻ってきました。

P7190418

これからは、瀬戸内海を通って、横浜に戻ります。
明日は1日、フェアウェルパーティーや北村英治スーパーカルテット、碧彩スペシャルコンサートが待っています。
 とても短く感じた4日間。あと二日間で 旅は終わりです。

 クルーズがこんなに楽しいとは思いませんでした。
 但し、海が荒れて無かれ場と言うことです。
 連日穏やかで良かったです、特に瀬戸内海は穏やかで最高です。

----------------新上五島 交流プラザより 引用 センター長ブログ
7月19日午前9時半、長崎県新上五島町の
青方港に客船「にっぽん丸」が寄港しました。
いつもながらの美しい船体。
寄港ありがとうございます。

乗客の皆様は教会めぐりや五島うどん、
自然見学などを楽しまれます。
青方港の専用岸壁には、
地元の事業所さんがお土産品やアイスクリームなどを
販売しています。

今回はJTBのチャータークルーズで、
横浜発着の5泊6日のクルーズ旅。
本日午後2時に横浜港に向け出港します。
------------------------

2016.07.29

にっぽん丸 クルーズ 3日目 下関

JTB碧彩季航 チャータークルーズ 3日目 下関入港
下関アルカポート 今日のオプショナルツアーは 萩へ 松下村塾などを見学してきました。
帰り間際になって、ガイドさんから 本日 梅雨明けしたとの連絡がありました。
 瀬戸内海の波は本当に静かで 殆ど船は揺れませんでした。
 快適そのもの。

P7180238

 下関港に入るに当たって、水先案内人がボートから乗り移ると言うことで 急いで 右舷側に言ったのですが、あっと言う間に 乗り移ってしまいました。
 水先案内人が乗ったボートが 戻るところの写真です。

P7180240

 水先案内人がのり終わった後すぐに 船首に戻ってきました。

P7180250

関門海峡は本当に狭いという感じがします。
行き交う船の多いこと。見ていて全くあきません。

P7180251


P7180252


P7180255

関門橋が見えてきました。
右側が本州 下関、左側が九州 門司。

P7180257


P7180259

間もなく、関門橋の下をくぐります。

P7180260


P7180263

関門橋の底の部分

P7180267

水先案内人を乗せた船が追い抜いていきます。早いです。

P7180270

下関 アルカポートの観覧車が見えてきました。
大阪埠頭でも観覧車がありましたが、港に観覧車は定番のもの?

P7180275

お出迎えのフラダンスやイベントステージやテントが準備されています。
とても楽しみです。

P7180278

ドローンでも撮影をしていた模様です。

P7180279

ハワイアンでお出迎え 有り難うございます!!
 オプショナルツアーで萩へ

P7180280

萩の宿 常茂恵(ともえ) で。(大正14年創業)
昼食です。美味しかったです。お食事処もとても綺麗な場所でした。

P7180284

P7180286

P7180287

P7180294
松陰神社

P7180298

P7180299
松下村塾

P7180303
反射炉

P7180309

にっぽん丸へ戻ってきました。これから夕食 夜の盆踊りに備えて、浴衣に着替えです。
今夜のドレスコードは 「ゆかたカジュアル」です。
 ゆかたは見た目は涼しいのですが、着ている方は暑いです。
 平家踊りも にっぽん丸の中でレクチャーを受けましたが、難しい!
 何でもそうですが、阿波踊りの「劣る阿呆に見る阿呆同じ阿呆なら踊らにゃ損損」とあるように踊らないと、楽しくありませんので、盆踊りに参加しました。

P7180315

盆踊りの合間には太鼓の演奏も、迫力満点。
盆踊りが終わると、最後の花火の打ち上げです。

P7180317

P7180330

これから、明日の上五島へ向かいます。
-------------
2016/07/20
下関市は17日、18日の2日間にわたり「しものせき海の日フェスタ2016~海と日本プロジェクト~」を初開催した。
 「あるかぽーと」にはJTB首都圏がチャーターした「にっぽん丸」が寄港、市長による歓迎式典、総勢100人による毛利藩大名行列、市民と乗船客による盆踊り大会、市民見学などが行われた。
 盆踊り大会ではおよそ400人が東京音頭や下関の伝統芸能「平家踊り」を輪になって踊った。2日間で約3万人が参加したイベントのフィナーレには150発の花火が打ち上げられ、にっぽん丸の汽笛が港に響き渡った。

 期間中、下関の食・歴史・文化を体感できる「しものせき維新まつり」を同時開催、「海」「関門海峡」をテーマに海峡都市ならではのイベントを実施した。
 特設ステージではハワイアンバンド、フラステージ、ミュージカルなど披露。「維新海峡屋台村」もオープンし、下関の特産品や飲食物などを販売した。

 そのほか、海上保安庁による巡視艇を利用した子ども体験航海と1日海上保安官任命式、水産大学校による練習船「耕洋丸」の船内見学会を実施した。
      WEB CRUISE クルーズマガジンより引用
---------------

おまけ

萩の食事処で購入したお土産

Img_08901

また、下関での 碧彩季航と焼き印の入ったどら焼きです。一人一個頂きました。
とても美味でした。

Img_08891

ちょっとした 心遣いが嬉しいですね。

2016.07.27

にっぽん丸クルーズ 2日目 祇園祭

 今回初めてクルーズ旅行に決めたきっかけは 京都祇園祭観覧席等送迎バス付きと言うこと。(JTBクルーズ 碧彩季航)
 過去、かなりの回数京都には訪れていたのですが、京都祇園祭には行くことが出来ませんでした。
 ホテルがとれないし、オンシーズンで価格がこれまた高いと言うこと。

 クルーズ旅行だと ゴールデンウィーク中でも、イベントの真っ最中でも宿泊先等は確保されているため、料金がオンシーズンで高額になると言うことがないため。

 大阪の埠頭に付いたときは雨でしたが、家内共々晴れ男、晴れ女なので、多分雨は大丈夫と思っていましたら、本当に雨は上がりました。

 会場に着くと 京都ホテル前の交差点は 辻回しを見ようと ものすごい人。

 JTBの確保した観覧席は8ブロックと言うことで 辻回しからは少し離れた場所。

 観覧席の場所は 車内の抽選で 実は一番前を引き当てることが出来たため 本当に目の前を山鉾巡行を見ることが出来ました。

 今年は23基。

 全て帰る予定でしたが、トラブルがあったようで、通過予定時間を30分超過しても16基資化見ることが出来ませんでした。

 12時10分前になると 添乗員さんそろそろお食事場所に戻って(京都ホテル)との 声がかかりましたので、戻ることに致しました。

 それにしても、目の前で山鉾巡行を見ることなんて、滅多にあることではありません。
 とても有意義で楽しかったです。
 これも クルーズの特典でしょうか。

P7170078

大阪埠頭でのお出迎えの面々。
大阪埠頭からバスで京都へ向かいました。
集合場所は京都ホテル 昼食も京都ホテルにて 松花堂弁当を頂きました。

P7170081

辻回しの場所 交差点 市役所前から撮影

P7170082

ビリの屋上を見上げると、人ひとひと。

P7170085

観覧席へ到着

P7170086


P7170087

観覧席から見た風景
蝉の鳴き声がバックグランドミュージックとして聞こえてきて びっくりです。
スピーカーから大音量でながしているとしか思えない鳴き声です。
昔来たときも、京都駅の改札を出た途端に 蝉の鳴き声が余りにもすごくて、義母が蝉の鳴き声 テープでながしているのかしらと いった言葉を今でも鮮明に思い出します。

P7170090

蝉は雨が降る前からもうすぐ雨が降ることをわかっているようで、蝉が鳴いていれば、雨が降らないと言うことになりますね。
 セミナ泣いていてくれて、有りがたかったです。

雨合羽、飲物などの おまけです。

P7170099

目の前を山鉾巡行が・・・。

P7170103

尖塔の長刀鉾が来ました。

P7170109


P7170112


P7170113


P7170116


P7170120


P7170145

平山郁夫氏のラクダの絵のタペストリーです。

P7170195


P7170197

辻回しようの竹が見られます。

P7170215


P7170219

Img_0729

京都ホテル 松花堂弁当です。殆どの方が食べ終わっていました。冷や汗(^^;)

京都を離れ、にっぽん丸に戻ってきました。

P7170222


P7170230

さて、いよいよ、文字に向かって出向です。紙テープでのお見送りのイベントはとても楽しいですね。

P7170231

何とか天気は持ちました。これから瀬戸内海航行し、門司へ向かいます。
文字では平家踊りなどの盆踊りが待っています。
盆踊りの練習はしましたが、平家踊りは難しい。手だけの振りを練習し、脚の降りはギブアップ。
 さて、明日の盆踊り大会はどうなることやら。


 

2016.07.22

にっぽん丸で祇園祭などに行ってきました

7月に 初めてのクルーズに参加してきました。
乗船したのは「にっぽん丸」
食のにっぽん丸と言われるだけのことはあって、美味しくて 美味しくて 三食きちっと食べてしまうと どれだけ太ってしまうことか・・・。

 乗船 初日は 横浜埠頭から大阪まで 

 船に乗るのは初めてだったので、船酔いしないように あらかじめ薬を飲んでおきました。

雨が降りそうでしたが、何とか降らずに助かりました。

P7160008

横浜埠頭に停泊している にっぽん丸 これから受付に行きます。

P7160009


P7160010

ウエルカムミュージックです。

P7160012


P7160013

乗船は受付は部屋番号別です。

P7160014

乗船受付をすませ、いよいよ 乗り込みます。

P7160036

いよいよ、出港。横浜ベイブリッジをくぐります。

P7160049

ランチを春日のテラスで食べているとき船の船尾の写真です。
スクリューの力強い回転が 綺麗に見えます。

P7160050

P7160051

P7160060

リドテラスデでのショコリキサーとハンバーガーとスープです。

P7160045



ティータイムのお茶とお菓子、美味です。

P7160062_2
こんなものも作りました。

P7160068
食のにっぽん丸だけあって、全ての食べ物が美味しかったです。
つい、写真を撮る前に食べてしまい、料理等の写真は殆ど撮っていない有様。

P7160073

P7160074

P7160075


もっと写真を撮っておけば良かったです。




2016.07.15

初盆 無事 済ますことが出来ました

 母の初盆 無事に終えることができました。
 そして、墓参りにも行ってまいりました。
 昨年は義理の母、今年は母と 二年連続の初盆。

 なんともなく忙しい日々が過ぎ、お盆を終え 何となく一段落という感じです。

 これで、安心して、旅行に出かけることが出来るというものです。
 これからは自分達の時間を大切にしようと思い、クルーズに出かける予定です。

 初めてのクルーズ。
 楽しめるのか、楽しめないのかも 天候次第という処です。

 はてさて、11月には 義母の三回忌、母の一周忌も待っています。

 その前に 自分達の気分転換という処でしょうか?

 皆様も、お身体にはお気をつけください。

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »