2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 3月19日(日)、3月20日(月)ハワイから帰国 | トップページ | フェンス 器物損壊事件 現場検証 »

2017.03.21

プライド・オブ・アメリカ オプショナルツアー について

  僕たちが参加したオプショナルツアーを参考までにご紹介
オプショナルツアー とは ショアーエクスカーションのことです。

Map_poa

※このコースは変わるときがあります。特にハワイ島で溶岩が海に流れているときはこのようなコースをとりますが、ながれていないときにはハワイ島の上側を回ります。

ショアーエクスカーションは英語も含めてですが、日本語ツアーは上船日の夕方が申込締め切り日となっていますので、早めの決断が必要です。

 今回はすべて日本語ツアーに参加したいと思っていましたので、添乗員さんから事前のご案内を頂いたときに、希望を伝えておきました。

 英語が堪能ではありませんので、日本語で説明を聞かないと何しに来たかわかりませんので、より多くの皆さんが参加するショアーエクスカーションに参加しますと伝えました。

 実は 日本人乗客が少ないと日本語ガイドツアーは催行されません。
 今回有利だったのは、JTBの参加者が21名?22名?いたことです。
 そのほかに、日本人の方がツアーを含めて80人弱。

 クラブツーリズムニッコウトラベルの方は数回しかお合いしませんでした。
 ですので、殆どJTBグループプラス 少数グループの方々で ほぼ毎日過ごした次第です。
 新婚さんもいましたね。

 今回のガイドさんの場合は もしもの時には Wi-Fiレシーバーを利用して、通訳をしてくれましたので、殆ど困ることはありませんでした。

 ホテルのレストランも 毎日予約して同席してくれましたし、最初の数日は全て無料のレストランで食事を一緒にしてくれましたので、どの様なメニューがあるのか、味や量が多いか少ないかを確認することが出来て、とても助かりました。

 ※レストランの日本語メニューは実は 間違っていることが多く、英語のメニューと比較しながら頼まないと、違うものが来ます。
  違うものが来ることが不思議です。

 スープは二種類しかないことと、僕たちには味が濃かったり、分量が兎に角 多いということでしょう。飲物については、無料のものはどこのレストランでも無料です。

 同じテーブルに座った方々と異なるものをオーダーし、シェアして味見をしたりしていました。
 この味見は大事です。

 次ぎに自分達で来るときの目安になりますので。

 殆どレストランでは、日本語は通じませんので ご注意を。

 話がそれましたが、オプショナルツアー ショアーエクスカーションの説明です。

 僕たちが参加したのは 1日目を除いて 全て日本語ツアーでした。

 

・マウイ島 1日目 ホエールウオッチング 英語ツアー 9:45分出発
        約3時間 料金 119ドル

        添乗員さんが英語の説明をWi-Fiレシーバーを通して訳して
               くれました。
        たのしめました。鯨も見ることが出来ました。
        10倍の双眼鏡を持参したので、迫力あるものを見ました。
        双眼鏡は絶対必要です。

 ※船内集合出発は日本語ガイドツアーの場合 すべて 08:25 です。

 ・マウイ島 2日目 ハレアカラ噴火口 日本語 約4時間 99ドル

 ・ハワイ島 ヒロ 火山国立公園 日本語 約4時間半 104ドル
        帰りには ビッグアイランドキャンディーズ本店によります。
        100ドル以上買うとお土産があります。
                  もう100ドル買ってもあります。

 ・ハワイ島 コナ 歴史の街コナ 約4時間 89ドル
        プライド・オブ・アメリカが入港できる港がないため、
                 テンダーボートでピストン輸送です。
        ※ちなみに、一週間前の方々は天候が悪くて、上陸でき
                なかったそうです。 
        天候が悪いと上陸できないことも想定しておきましょう。

        お昼は船に戻らず、参加者で 「寿司しおの」でとりました。

Shiono_sign

       僕たちはお店お勧めのお寿司を食べました。美味しかったです。
     ちなみに「寿司しおの」は日本の中央区八重洲に本店があります。
        http://www.sushi-shiono.jp/?r=
        テンダーボートはピストン輸送です。

 ・カウアイ島 1日目 ワイメアキャニオン 約5時間 79ドル
         コナコーヒーは カウアイ島で買いましょう。

      ハワイ島コナでは手摘みが主流ですが、カウアイ島では全て機械。
      人件費がかかっていない分、安いと言うことです。

         ※カウアイ島のコナコーヒーは全米ナンバーワンです。

         カウアイコーヒーのビジターセンターに寄りますので、
                    こちらで買うのがベストです。

      僕たちは残念ながら、こちらのコーヒーの味が合いませんので、
                  買いません。
         ※もう一つ、車酔いしやすい人は酔い止めを必ず飲んで
                  おきましょう。
           家内は車酔いしました。
         以下のリンクの タミーさんがガイドでした。
         http://hawaii-kauai.net/

 

・カウアイ島 2日目 ワイル阿川とシダの洞窟 約3時間半 79ドル
         ガイドさんは ロバート(ボビー)長尾さんでした。
         コア・ツアーズの代表者 http://www.koatours.com/jp/

※殆どのツアーは半日行程でした。お昼はついていませんので、軽食を用意すると良いですね。おやつも。

 全ての日程では晴れでした。天候が良かったのが本当に良かったです。
 船に乗るときは 右舷がベストです。

 この時はハワイ島で溶岩が海に流れ出ているという情報から、船が予定を変更して、溶岩が見えるように、航行してくれました。

 この時も双眼鏡が効果を発揮。滝のようにながれる溶岩と溶岩の熱で蒸発する白煙が迫力有る映像で自分達のベランダからゆっくり見られました。

 オプショナルツアーには全て参加しましたので、忙しかったです。
 グループの中には 2回目の上船の方がいて、その方はゆっくり船の生活をくつろいでいたそうです。
 時間があれば、船に乗船する前にマーケットを散策したりととても有意義でした。

 皆さんの参考になればと思っております。

 そうそう、JTBさんの場合は、参加者にミネラルウォーターを配ってくれました。
 僕たちは、3本だけ残ってしまいました。なかなか使い切れません。
 でも、たすかりました、買うと結構します、旅行代金に含まれているとしてもね。

 下船するときは、船のミネラルウォーターを持ち出せるのですが、上船するときは空港と同じように、荷物検査パスポートチェックがあり、水は全て持ち込めません。

 水は処分しなければいけませんので、ご注意を!

 ・レストレランの予約は室内のテレビからも出来ます。
 ・シャワールームは狭いです。よく外国の人が入れるなと思うサイズです。
  笑い話らしいですが、外国の方はシャワールームの壁にボディシャンプーを
  ピューッとかけ、そこに体をこすりつけてお終い とのことです。

 ・日本語の船内新聞があります。

 ・JTBさんの場合は それとは別の情報誌をいただけてかなり参考になります。

  例えば、ナパリコーストのクルージング時間とかおすすめの見学場所も書かれていて
  ありがたいです。
  このあたりが、個人旅行と添乗員さん付の違いになるかも知れません。

 ・船内アクティビティの 例えば レイ作り教室も同席してくれて、通訳してくれるので
  助かりました。

 なかなか、行く前に プライド・オブ・アメリカ ハワイ 4島クルーズをチェックしたのですが、情報が一寸不足していましたので、思い出しながらアップします。

  余談ですが、全てのデッキ案内が乗っている案内図を見ていたら、外人さんから それどこで貰ったのと言われたのには驚きました。
 JTBツアーからもらったと行ったらば、あきらめてましたっけ。
 この案内図があったおかげで、船内を迷わずに歩けました。

 

« 3月19日(日)、3月20日(月)ハワイから帰国 | トップページ | フェンス 器物損壊事件 現場検証 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 3月19日(日)、3月20日(月)ハワイから帰国 | トップページ | フェンス 器物損壊事件 現場検証 »