2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

2017.04.21

スマホからデジカメが操作できる?

 今まで知らなかったことが、今日解決。

 ほとんどのフィルムカメラは生前整理でカメラのキタムラで処分してもらいました。
 そんな中で、旅行中にシャッターが思うように切れなくなったので、メンテナンスに出したカメラが戻ってきました。

 戻ってきたカメラを調整しようと取扱説明書を読んでいると、今まで気がつかなかった操作方法を発見。

 それは カメラ側にワイファイ機能があり、スマホと連動すること。

 びっくりしました、今のカメラはこんなことができるものかと。

 OLYMPUS PEN-F でもできるならば、
 SONYのDSC-RX100M2 でも もしかしてできるかもしれないと取説を読むと、なんとできるではないですか?

 試してみると、スマホ側からカメラのレンズを通して見えている画面がそのまま見えること、そして、シャッターも切れること。広角や望遠操作も、びっくりです。

 自分たちが簡単に取れるので、これからは テーブル三脚を忘れずに持って行きます。

 思い込みとは怖いもので、このカメラのWi-Fiは 部屋のワイファイを通してのもの肩大きく勘違いしていました。

 たまには、取扱説明書をじっくり読んでみるべきです。

 いかに、今のデジカメやスマホの機能を使いこなせていないかがわかりました。

 デジカメもスマホももしかすると、まだ気がつかない便利な機能があるかも?

2017.03.22

オリンパス PEN-F修理に

 ハワイ旅行中 またもや、デジカメ オリンパス PEN-Fのシャッターが切れなくなったため、1年間の保証期限が切れる前に、ヨドバシに修理に出しました。

 実は2016年の祇園祭に出かけたときに、山鉾の写真を撮っていたらば 何故か、シャッターが全く切れなくなった。

 電源スイッチを何回入れ直しても、シャッターが押せない。

完全にフリーズ状態。

折角、山鉾巡行を見に来たのに、写真が撮れないのではと、iPhoneで動画、写真を撮ることに。
 船に戻って、電池を外して、再度入れ直したら、シャッターが切れた次第。
 全く原因不明。
 その後の旅行時も、シャッターが切れたり切れなかったり。

 今回のハワイ旅行中も、切れたり切れなかったりの状態が発生したので、今度こそ修理と思い、修理に出した次第。

 もしもの時は、iPhoneでも写真は良く撮れますので、パソコンなどでミル場合は、まったく問題なし。
 デジタルカメラが売れなくなるのもよくわかります。

 さて、どういう結果が出るのやら。


 

2017.03.11

3月11日(土) 久々に成田空港へ

 もう、何十年ぶりでしょうか?
 少なくても15年以上は海外旅行にいっていませんでした。

 親の介護におわれる日々でしたので、国内旅行も年に一回あるかないか。

 全ての親を一昨年送り出し、法事も税務関係も昨年内に落ち着きましたので、これからは自分達の時間を大切にしようと、体が動くうちに旅行に行こうと思っています。

 そんな中、キャンセル待ちが、いけるようになり、飛行機会社も変わりましたが、催行されることになり、紆余曲折はありましたが、成田空港に。

 団体旅行ですので、今回は添乗員さんに沢山甘えようと思っています。
 兎に角久しぶりすぎて、海外旅行初心者と全く同じ気分。

 空港に来るだけで気分は盛り上がっています。

 成田空港内も変わりましたね。こんなに外国人が多いとは思いませんでした。

それも、中国人、韓国人の多いこと。

 中国人のマナーは本当に良くないですね。
通行の邪魔になるところにいるのは間違いなく中国人か韓国人。

 お国柄だからしようがないのか???

 さて、成田空港についてすぐに、不足分のドルを両替。
 安い銀行は何処かと探しておりましたが、千葉銀行が安いですね。

 両替をしたところで抽選券を頂いたので、家内が抽選をしたいと言うことで、その場所へ。
 なんてことはありません、ヒルトンハワイタイムシェアリングのセールスでした。
 実はこのセールスはホノルルデューティフリーにもいて、おどろきでした。

 次にはWi-Fiを受取に。場所が一寸わかりにくい~。

 爪切りも買いに行きました。

 集合場所の下見に行き、その後は一寸のんびりしたいので、ラウンジに入りました。
 ラウンジも2カ所周り、一カ所では コシヒカリのおにぎりを頂きました。
 この塩結びのなんて美味しかったことか。

Img_1026

 集合時間が19:20分だったので、そろそろ行くことにしました。

Img_1262

 僕たちが最初かなと思ったらば、最後の方で、皆さん既にチェックインされていましたので、ぼくらもチェックインすることに。
 そして、航空会社のラウンジに行くことになりました。
 デルタ航空のラウンジの広いこと。

Img_1265

P3110009

P3110010

デルタ最終便だったので、ラウンジもまばら。
食べるものもほとんどなくて、ちょっとがっかり。
実はこのラウンジにいる人の殆どが、旅行のお仲間だったとは・・・。

 フルフラットシートはとても楽でした。
 ただ、携帯を充電しようと思い、コンセントやUSBに差し込んだのですが、家内共々充電できず、残念でしたね。

Img_1027
ボリュームのある食事です。

Img_1028

アイスが大きい!冷えてて固い!!Img_1029
スタッフ用の休憩の席です。睡眠中

Img_1267

Img_1269
軽食です。軽食?

Img_1270
スタッフの方はいつの間にか起きていました。

Img_1271

日付変更線を超えたので時間が戻ります。
ホノルル空港に時間通り着きました。光が眩しい!!

Img_1031
入国審査では、ものすごく混んでいて、すごい人でした。
何分かかったでしょうね。30分以上は間違いなくかかりました。

荷物もあっという間にターンテーブルから降ろされていました。

 係りの人たちが、どんどんターンテーブルから降ろさないと、次から次へと到着便があり、荷物が溢れてしまうのでしょうね。

Img_1032
スーツケースも一応大丈夫でした。実はこのカバー 帰りは大変なことになりました。
空港に無事全員でました。
これから、プライド・オブ・アメリカに乗るために、お迎えのバスを待っています。
この待ち時間にワイファイの設定をしたのですが、つながらず。
一回もつなげることができず、使えませんでした。
 ワイファイ借りて損しました!!
携帯はソフトバンクだったので、いつのまにかスプリントが使えるようになっていました。驚き!!

Img_1272

 暑いですね、やはりハワイは。
 みなさんバス待ちの間に、簡単に着替えてます。

 ハワイの空は青いぞー!

プライド・オブ・アメリカの上船前 受付兼待合室 フラダンスなどを見ながら、客室の掃除が終わるのを待っています。
 前の椅子の人たちのような体型の方が殆どです。

 シャワールームによくはいれるなと思いました。P3120019

P3120021

正面にエスカレーターが見えるかと思います。
このエスカレーターを利用し、船に乗船します。下船の時も同じです。

上船してから、デッキ11階のアロハカフェにて、三々五々というか一斉に、昼食を取り出しました。まあ、すごいです混み具合が。要領もわかりませんから、特に大変。
ビュッフェスタイルですね。

アロハカフェは16:00迄利用できます。夜も。

 食後、船内を添乗員さんと共に歩きました、船内散策です。
 午後3時半より、リバティー・レストランにて 日本語による上船説明会。

各団体やグループごとに着席し、みどりさんやみかさん(みどりさんの後継者)による、エクスカーションや船内の様々な説明がありました。

 午後2時半頃にはお部屋には入れそうとのことでしたが、この日は一寸遅かったですね。説明会中に入れるお部屋の回数が館内放送されていました。

 当然のことながら、良い部屋から、プライド・オブ・アメリカの場合は上層階から下の階に掃除が終わるという仕組み。ペントハウスの人が一番早い、ぼくらは10階でした。
 僕たちの部屋です。

P3120024

コンセントは結構有ります。テレビの裏にもありますので、充電は困ることがありません。
まだ、ホノルル港ですので、先程待っていたおおきな部屋がすぐ目の前に見えます。

P3120025

ちなみに、部屋の冷蔵庫等 ミニバーの価格を抜粋
ボトルウオーター 1リットル 5.50ドル ・ペプシコーラ 2.95ドル
・サンペリグリーノ 750ミリリットル 5.50ドル ・シャルドネ 12.00ドルなど

上船避難訓練 4:45分 これは絶対参加です。
階段で降りて、部屋指定の場所に集合しなければいけません。
僕たちの場合は ステーキハウスでした。そこで、担当者にチェックをしてもらわないといけません。
日本の方が受付のいない入口から入ってきて座ってしまった方がおりました。がいこくのかたが、僕の方に視線を向けたので、 日本の方ですかと声をかけ、あちらで受付をして下さいとアドバイスをしました。その方は、新潟からニッコウトラベルで来られたとのこと。
 ここに来ても、チェックを受けないと 再呼び出しがあるそうです。

JTBクルーズでは お水は参加者全員に1リットルのボトルウオーターが○本配られます。ですので、冷蔵庫やミニバーに置かれた水は全く手つかずでしたし、配られたボトルウオーターを二人で飲みきれませんでした。3本余りました。

 今日のディナーは 無料レストラン スカイライン。18:00に集合です。

 船は19時に出向です。船が動き出す様子が、レストランからよく見えました。

 結構食べられます。全員の方が初回ですので、参加されました。
 中にはお父さんと4歳の女の子という組み合わせも。

 さて、明日からはオプショナルツアーの始まりですし、船がゆれも困るので、早めに酔い止めを飲んでおきました。

 寝る前にシャワールームへ。うーん、狭いです。足の裏を洗おうとすると厄介。
体を垂直に上げ下げする必要がありますね。
 船の揺れ殆どありませんでした。

2016.12.13

ESTAの申請チャレンジ 時間がかかった!

 実は海外旅行に申し込んだ。
 それもアメリカ行きに。
 来年どこに行こうか迷っていた。

 大好きなベニスを起点としたクルーズがあり、それに乗船しようと思い説明会に行ったのだが、残念ながら、来年はそのコースは実行しないと言うことで、急遽変更。

 家内が行きたいと行っていた、プライドオブアメリカに申込みをしたのですが、キャンセル待ちで、尚かつ また催行されるかどうか不明とのこと。

 パスポートは海外の客船に試乗するために パスポートが絶対に必要とのことで、夏に作っておきました。

 ヨーロッパに行く予定でいたので、まさか、アメリカ そしてHawaiiに行くとは考えていなかったのですが・・・。
 Hawaiiと言えば 30年以上も前に年末年始に行ったくらい大昔の話し。

 いまは、ESTA 電子渡航認証システム の申請が必要とのことで、取りあえず、いけることを考えて、やってみました。

 まあ、何と難しいことか?

 この申請は一人当たり 14ドル。

 これがないと航空機等への搭乗や米国への入国を拒否されるとのこと。
 まあ、やっかいなこと。

 ※おそくとも 出発の72時間前までに申請を行う必要があります。

 いつでも出来るわけではなく、サーバーがお休みの日もありますので、早めにやることですね。

 旅行会社に依頼をすると 結構な金額を取られそうなので、まあ、大したことはないだろうと高を括って始めたらば、とても時間がかかりました。

 二人でパソコン画面に向かい、じっくりと理解しながら、申請していくと、途中で 何度もタイムオーバーの表示が出てしまう。

 作成中に タイムオーバー表示は辞めてほしいものです。

 通常は29分前後で完了するらしいのですが、初めてやるものとしては、理解しながらやるととても時間がかかる始末。

 まあ、なんとか約1時間半かかって、申請終了。

 初めてやる人には、一寸厄介かも知れません。

 これから、ESTAを申請する方は、
 地球の歩き方の以下のサイトを一読してから、トライするか、画面が大きい方は、片面に表示しながら、すすめるととてもわかりやすいです。

 http://www.arukikata.co.jp/esta/index.html

2016.12.04

11月25日(土) 終日航海日

11月25日(土) 終日航海日
朝の公開中の写真 余り天気が良くありませんね。

Pb250058

Pb250059

Pb250062

カーテンにタグ発見!

朝食の前に一寸おつまみ。

Pb250064

まずはビュッフェスタイルの朝食です。

Pb250065

最近はビュッフェスタイルでも、食べ過ぎてしまうので、自制しております。

Pb250071

JTB碧彩季航 精鋭の皆さんです。
兎に角こちらのスタッフの方々の盛り上げ方は半端ではありません。
にっぽん丸の碧彩季航に参加したときにも、楽しませて頂きました。
今回も期待して良いですね。
本当に芸達者な方々ばかりです。

まずはスタンプラリーに参加してみました。

Pb250072

これが回答です。

Pb250075

これから訪れるところの甘いものを頂きました。
日向夏ジュースも美味しかった。

夜にはぱしふぃっくびいなすのスタッフの方々の紹介です。
一寸僕たちも ドレスアップ。

Pb250088

Pb250089

Pb250090

今晩も沢山食べました。
二人とも着物なので、シミを付けないように慎重に食べました。
太り気味になっている僕には、洋服よりも 着物の方が楽ですね。

明日は、いよいよ 宮崎県 細島 高千穂峡ツアーです。
天気が良いことを祈るばかり。

2016.08.04

にっぽん丸 クルーズ 最終日 横浜 大桟橋へ

 楽しかった初めてのクルーズも あっと言う間に最終日を迎えてしまいました。
 クルーズがこれほどまでに楽しいとは思いませんでした。
 にっぽん丸の食事も最高で ローストビーフは本当にとろけるように美味しかったです。
 ただ、間違いなく太りました。
 次回乗船するときには ヘルシーメニューにたまには変更しようかと思っています。
 一度だけでも、ヘルシーメニューにすれば良かったです。
 食事の写真を全て撮っておきたかったですが、食べる方が先で、食べてしまってから 写真を撮れば良かったと気づくことが殆どでした。

 

P7210507

このパンもとても美味しかったです。カスタードクリームとイチゴジャムが入っています。
ボリュームたっぷりで、パンケーキ2枚では多く感じ、フレンチトーストもとても美味しかったです。また、毎回、サラダとフルーツを食べることが出来ました。
 健康的な食事ですね。

P7210509

JTBの方々の南京玉すだれは 本当に面白かったです。
次回は是非、アクティビティーの中に「南京玉すだれ」の講習会を入れてください。

P7210510

P7210511

JTB碧彩季航担当の職員の皆さんの芸達者なことにびっくりです。

ビンゴ大会もあり、最後の最後まで楽しむことが出来ました。
僕は、全く当たりませんでしたが、家内がビンゴで 品物をゲットしました。

全く、ビンゴゲームで一回も番号がヒットしなかった方には、とても素晴らしい賞品が当たりました。羨ましいです。
 これは参加した方しか知らないことですね。

P7210515

横浜に近付いてきましたら、雨になってきました。
別れがつらい、涙雨でしょうか?

P7210518

いよいよ下船です。下船の順番は お値段の高い部屋の方々から順次と言うことです。

雨の中、横浜大桟橋で出迎えてくれたJTBの方々。
頭が下がります。

Img_01551

Img_01561

桜木町駅まで 無料バスで送ってくれました。
駅に着くと、雨も殆ど上がっており、自宅に戻る頃には かさは不要でした。
 どれだけ太ったか、体重計にのるのが怖かったです。
 今は、元に戻ってきましたし、更なる減量をしようと、ウオーキング中です。

 クルーズは移動日ごとにパッキングをすることが無く、とても楽でした。
 夜の時間に殆ど移動しているので、時間が有意義に使え、特ににっぽん丸は食事が美味しかったですので、満足。
 JTB碧彩季航も良いオプションが多くて、楽しめました。

 はてさて、次のクルーズはいつになることでしょうか?

 どうもきな臭い海外旅行よりも、ここ数年は安全な日本国内の言ったことのないところへ行く方が安全かも知れません。
 旅行も体調が悪くてもどこへも行けません。
 これから、体調を管理して 出来るだけでかけたいです。

2016.08.01

にっぽん丸 クルーズ 5日目 終日クルーズ

5日目は 終日クルーズです。
 昼間は 瀬戸内海の風景を眺めながら、様々な模様詩に参加しました。
 夜は フェアウェルパーティ 碧彩季航スペシャルコンサートなど盛り沢山。

P7200420

P7200422

P7200423

P7200440

P7200452

P7200454

P7200463

P7200469

P7200470

P7200472

P7200475

P7200478
列車がちょうど通過しています。

P7200481
フェアウェルパーティ開始です。

P7200482
そして、最後の晩餐です。

P7200493

P7200497

P7200498

P7200499

P7200501

瀬戸内海は本当に波静か。
食後には、北村英治スーパーカルテットスペシャルコンサートを聴きました。

いよいよ、一晩寝ると 明日の午後には 横浜大桟橋に入港です。
あっと言う間の6日間という感じ。

波さえ荒れなければ、クルーズは本当に楽しいです。

2016.07.30

にっぽん丸 クルーズ 4日目 上五島・軍艦島(端島)

にっぽん丸 クルーズ 4日目は上五島へ向かいました。
入港 9:30 出港 14:00 その後は 長崎 軍艦島(端島)周遊クルーズ。

上五島では 頭ヶ島天主堂

P7190336

P7190337

P7190340

下船の順番待ちです。
下船後はバスに乗って目的値へ。

P7190344

P7190346

P7190348

P7190349
いしだきの刑の石(レプリカ)が置かれています。
実はいしだきの刑をする前に 三角形の木の上に正座をさせるそうです。
ガイドさんの旦那さんが作ってくれた品物です。

P7190350
実際に座って見せてくれました。実は三角形の角を丸くしてあるので、それほど痛くは無いそうです。但し、サンプルの場合です。

P7190351

P7190352

P7190353

頭ヶ島天主堂P7190354

P7190356
キリシタン墓地です。

P7190357
海がとても綺麗です。

P7190358

P7190359

P7190361

P71903631

P7190364

P7190367

P7190368

P7190369

P7190372
お食事をしたところ 扇寿
五島うどん 地獄炊き をいただきました。 
トイレの数が少ないのが・・・。

P7190373
にっぽん丸に戻ってきました。

P7190374

P7190375
乗船し、出港の準備です。

P7190376_2
お別れの時 待望の紙テープ キャラクターさんと皆さんが見送ってくれました。
ガイドさん達の声がよく通ること。

P7190377
風になびいて、紙テープがとても綺麗でしたね。

P7190378

P7190379
島を離れていきます。

P7190380

P7190381

P7190382

長崎 軍艦島の周遊が始まりました。
ちょうどディナーを食べているときに 見えてきました。
残念ながら、夕焼けは見ることは出来ませんでしたが、少し、だけ夕日が見えていましたっけ。
P7190400_2

P7190402

P7190404
にっぽん丸のデッキに急いで出て、写真を撮りました。軍艦島の両側を見ることが出来ました。

P7190409

P7190413

船内に戻ってきました。

P7190418

これからは、瀬戸内海を通って、横浜に戻ります。
明日は1日、フェアウェルパーティーや北村英治スーパーカルテット、碧彩スペシャルコンサートが待っています。
 とても短く感じた4日間。あと二日間で 旅は終わりです。

 クルーズがこんなに楽しいとは思いませんでした。
 但し、海が荒れて無かれ場と言うことです。
 連日穏やかで良かったです、特に瀬戸内海は穏やかで最高です。

----------------新上五島 交流プラザより 引用 センター長ブログ
7月19日午前9時半、長崎県新上五島町の
青方港に客船「にっぽん丸」が寄港しました。
いつもながらの美しい船体。
寄港ありがとうございます。

乗客の皆様は教会めぐりや五島うどん、
自然見学などを楽しまれます。
青方港の専用岸壁には、
地元の事業所さんがお土産品やアイスクリームなどを
販売しています。

今回はJTBのチャータークルーズで、
横浜発着の5泊6日のクルーズ旅。
本日午後2時に横浜港に向け出港します。
------------------------

2016.07.29

にっぽん丸 クルーズ 3日目 下関

JTB碧彩季航 チャータークルーズ 3日目 下関入港
下関アルカポート 今日のオプショナルツアーは 萩へ 松下村塾などを見学してきました。
帰り間際になって、ガイドさんから 本日 梅雨明けしたとの連絡がありました。
 瀬戸内海の波は本当に静かで 殆ど船は揺れませんでした。
 快適そのもの。

P7180238

 下関港に入るに当たって、水先案内人がボートから乗り移ると言うことで 急いで 右舷側に言ったのですが、あっと言う間に 乗り移ってしまいました。
 水先案内人が乗ったボートが 戻るところの写真です。

P7180240

 水先案内人がのり終わった後すぐに 船首に戻ってきました。

P7180250

関門海峡は本当に狭いという感じがします。
行き交う船の多いこと。見ていて全くあきません。

P7180251


P7180252


P7180255

関門橋が見えてきました。
右側が本州 下関、左側が九州 門司。

P7180257


P7180259

間もなく、関門橋の下をくぐります。

P7180260


P7180263

関門橋の底の部分

P7180267

水先案内人を乗せた船が追い抜いていきます。早いです。

P7180270

下関 アルカポートの観覧車が見えてきました。
大阪埠頭でも観覧車がありましたが、港に観覧車は定番のもの?

P7180275

お出迎えのフラダンスやイベントステージやテントが準備されています。
とても楽しみです。

P7180278

ドローンでも撮影をしていた模様です。

P7180279

ハワイアンでお出迎え 有り難うございます!!
 オプショナルツアーで萩へ

P7180280

萩の宿 常茂恵(ともえ) で。(大正14年創業)
昼食です。美味しかったです。お食事処もとても綺麗な場所でした。

P7180284

P7180286

P7180287

P7180294
松陰神社

P7180298

P7180299
松下村塾

P7180303
反射炉

P7180309

にっぽん丸へ戻ってきました。これから夕食 夜の盆踊りに備えて、浴衣に着替えです。
今夜のドレスコードは 「ゆかたカジュアル」です。
 ゆかたは見た目は涼しいのですが、着ている方は暑いです。
 平家踊りも にっぽん丸の中でレクチャーを受けましたが、難しい!
 何でもそうですが、阿波踊りの「劣る阿呆に見る阿呆同じ阿呆なら踊らにゃ損損」とあるように踊らないと、楽しくありませんので、盆踊りに参加しました。

P7180315

盆踊りの合間には太鼓の演奏も、迫力満点。
盆踊りが終わると、最後の花火の打ち上げです。

P7180317

P7180330

これから、明日の上五島へ向かいます。
-------------
2016/07/20
下関市は17日、18日の2日間にわたり「しものせき海の日フェスタ2016~海と日本プロジェクト~」を初開催した。
 「あるかぽーと」にはJTB首都圏がチャーターした「にっぽん丸」が寄港、市長による歓迎式典、総勢100人による毛利藩大名行列、市民と乗船客による盆踊り大会、市民見学などが行われた。
 盆踊り大会ではおよそ400人が東京音頭や下関の伝統芸能「平家踊り」を輪になって踊った。2日間で約3万人が参加したイベントのフィナーレには150発の花火が打ち上げられ、にっぽん丸の汽笛が港に響き渡った。

 期間中、下関の食・歴史・文化を体感できる「しものせき維新まつり」を同時開催、「海」「関門海峡」をテーマに海峡都市ならではのイベントを実施した。
 特設ステージではハワイアンバンド、フラステージ、ミュージカルなど披露。「維新海峡屋台村」もオープンし、下関の特産品や飲食物などを販売した。

 そのほか、海上保安庁による巡視艇を利用した子ども体験航海と1日海上保安官任命式、水産大学校による練習船「耕洋丸」の船内見学会を実施した。
      WEB CRUISE クルーズマガジンより引用
---------------

おまけ

萩の食事処で購入したお土産

Img_08901

また、下関での 碧彩季航と焼き印の入ったどら焼きです。一人一個頂きました。
とても美味でした。

Img_08891

ちょっとした 心遣いが嬉しいですね。

2016.07.27

にっぽん丸クルーズ 2日目 祇園祭

 今回初めてクルーズ旅行に決めたきっかけは 京都祇園祭観覧席等送迎バス付きと言うこと。(JTBクルーズ 碧彩季航)
 過去、かなりの回数京都には訪れていたのですが、京都祇園祭には行くことが出来ませんでした。
 ホテルがとれないし、オンシーズンで価格がこれまた高いと言うこと。

 クルーズ旅行だと ゴールデンウィーク中でも、イベントの真っ最中でも宿泊先等は確保されているため、料金がオンシーズンで高額になると言うことがないため。

 大阪の埠頭に付いたときは雨でしたが、家内共々晴れ男、晴れ女なので、多分雨は大丈夫と思っていましたら、本当に雨は上がりました。

 会場に着くと 京都ホテル前の交差点は 辻回しを見ようと ものすごい人。

 JTBの確保した観覧席は8ブロックと言うことで 辻回しからは少し離れた場所。

 観覧席の場所は 車内の抽選で 実は一番前を引き当てることが出来たため 本当に目の前を山鉾巡行を見ることが出来ました。

 今年は23基。

 全て帰る予定でしたが、トラブルがあったようで、通過予定時間を30分超過しても16基資化見ることが出来ませんでした。

 12時10分前になると 添乗員さんそろそろお食事場所に戻って(京都ホテル)との 声がかかりましたので、戻ることに致しました。

 それにしても、目の前で山鉾巡行を見ることなんて、滅多にあることではありません。
 とても有意義で楽しかったです。
 これも クルーズの特典でしょうか。

P7170078

大阪埠頭でのお出迎えの面々。
大阪埠頭からバスで京都へ向かいました。
集合場所は京都ホテル 昼食も京都ホテルにて 松花堂弁当を頂きました。

P7170081

辻回しの場所 交差点 市役所前から撮影

P7170082

ビリの屋上を見上げると、人ひとひと。

P7170085

観覧席へ到着

P7170086


P7170087

観覧席から見た風景
蝉の鳴き声がバックグランドミュージックとして聞こえてきて びっくりです。
スピーカーから大音量でながしているとしか思えない鳴き声です。
昔来たときも、京都駅の改札を出た途端に 蝉の鳴き声が余りにもすごくて、義母が蝉の鳴き声 テープでながしているのかしらと いった言葉を今でも鮮明に思い出します。

P7170090

蝉は雨が降る前からもうすぐ雨が降ることをわかっているようで、蝉が鳴いていれば、雨が降らないと言うことになりますね。
 セミナ泣いていてくれて、有りがたかったです。

雨合羽、飲物などの おまけです。

P7170099

目の前を山鉾巡行が・・・。

P7170103

尖塔の長刀鉾が来ました。

P7170109


P7170112


P7170113


P7170116


P7170120


P7170145

平山郁夫氏のラクダの絵のタペストリーです。

P7170195


P7170197

辻回しようの竹が見られます。

P7170215


P7170219

Img_0729

京都ホテル 松花堂弁当です。殆どの方が食べ終わっていました。冷や汗(^^;)

京都を離れ、にっぽん丸に戻ってきました。

P7170222


P7170230

さて、いよいよ、文字に向かって出向です。紙テープでのお見送りのイベントはとても楽しいですね。

P7170231

何とか天気は持ちました。これから瀬戸内海航行し、門司へ向かいます。
文字では平家踊りなどの盆踊りが待っています。
盆踊りの練習はしましたが、平家踊りは難しい。手だけの振りを練習し、脚の降りはギブアップ。
 さて、明日の盆踊り大会はどうなることやら。


 

より以前の記事一覧