2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

2017.04.13

フェンスの工事が終了

 4月13日午後ようやく、フェンスの工事が終了しました。
3月16日にフェンスが壊されてから、一月以内に治りました。

 ビッグスクーターが自己転倒し、スクーターが飛び込んできたらしのですが、このドライバーが常識のない人間で、きちっとした謝罪が最後までなく、本当にあきれました。
 結果的には、相手の損保会社が費用負担をしてくれたので、現状復帰をすることができた次第。
 当て逃げされていたらば、こちらの損保でお願いするところでした。

 ないにがあるか本当にわからない時代です。

 これで、器物損壊事件はなんと3回目です。
 本当に、お祓いでもしてもらわないといけません。

 塩で清めようかと思っています。

 みなさん、事故には気をつけましょう。

 加害者、被害者共にならないことがベストです。

2017.04.09

東京文化会館へ

 今日は前々からチケットの手配をしていた シューベルトのミサ曲を聴きに行ってきました。
 上野の 東京文化会館 大ホール。
 天気は小雨。
 上野は久しぶりですが、外国人の多いこと。

 体調が優れずに、休憩中に帰ってきてしまいました。

 

東京文化会館も座席が狭すぎます。
 上野は何となく会わないところかも知れません。

2017.04.03

4月3日 恒例のガーデンショーへ

 以前は幕張メッセで開催されていた 日本フラワー&ガーデンショーが 横浜で開催されています。
 サカタのタネの会員になっていると、会員証定時で入場券が二人ぶんがいただけるので、行ってまいりました。

Title

 幕張メッセの時に比べると、なんとなく会場が小さくなったような気がしますが、会場外にも、設定があるため、とても楽しめます。
荒井屋まで散策途中。日本丸です。

Dsc00559

 食べるところも、千葉と異なり、美味しいところがたくさんあるので、行くのが楽しみ。
 最近では、クルーズに行く時に 横浜大桟橋から出航することが多いので、特にくるのが楽しみです。
 今日は残念ながら、横浜大桟橋にはクルーズ船はいませんが、千葉港とはやはり雰囲気が全く違います。

Dsc00561

 イメージづくりが上手。千葉は何をやっても垢抜けないですね。

Dsc00562

Dsc00563

Dsc00565

Dsc00566

Dsc00573

 パシフィコ横浜 では やけに親子連れが多いとおもったらば、某大学の入学式があるみたい。最近では、親子連れが普通なのかもしれません。

Dsc00579

 お昼は、荒井屋 牛鍋店 万国橋店へ
 ここの牛鍋は美味しいです。
 もう一つオススメは ローストビーフの 鎌倉山関内支店 ランチがいいですね。

Dsc00589

Dsc00594

Dsc00596

Dsc00599

Dsc00600

Dsc00602

散策後、横浜そごうで買物をして、本日は帰りました。

2017.03.22

フェンス 器物損壊事件 現場検証

 帰宅してから、漸く 現場を目撃していた人から、話が聞ける状況になったので、警察署に連絡して、現場調書を作成してもらいました。

 どうやら、ビッグスクターがぶつかったことが、目撃者の方の情報でわかりました。
 また、当日エンジンがかからなかったために、レッカー移動していたとのこと。

 急いで、監視カメラの映像を見てみると、確かに、レッカー車に移動している映像が映っていましたので、翌日、警察の担当課に連絡して、ビデオを見られるように編集し直しました。

 3月16日(木)午後5時過ぎにぶつけてから、一週間近くにもなるのに、何の連絡もありません。
 加害者の神経を疑います。

2017.03.21

プライド・オブ・アメリカ オプショナルツアー について

  僕たちが参加したオプショナルツアーを参考までにご紹介
オプショナルツアー とは ショアーエクスカーションのことです。

Map_poa

※このコースは変わるときがあります。特にハワイ島で溶岩が海に流れているときはこのようなコースをとりますが、ながれていないときにはハワイ島の上側を回ります。

ショアーエクスカーションは英語も含めてですが、日本語ツアーは上船日の夕方が申込締め切り日となっていますので、早めの決断が必要です。

 今回はすべて日本語ツアーに参加したいと思っていましたので、添乗員さんから事前のご案内を頂いたときに、希望を伝えておきました。

 英語が堪能ではありませんので、日本語で説明を聞かないと何しに来たかわかりませんので、より多くの皆さんが参加するショアーエクスカーションに参加しますと伝えました。

 実は 日本人乗客が少ないと日本語ガイドツアーは催行されません。
 今回有利だったのは、JTBの参加者が21名?22名?いたことです。
 そのほかに、日本人の方がツアーを含めて80人弱。

 クラブツーリズムニッコウトラベルの方は数回しかお合いしませんでした。
 ですので、殆どJTBグループプラス 少数グループの方々で ほぼ毎日過ごした次第です。
 新婚さんもいましたね。

 今回のガイドさんの場合は もしもの時には Wi-Fiレシーバーを利用して、通訳をしてくれましたので、殆ど困ることはありませんでした。

 ホテルのレストランも 毎日予約して同席してくれましたし、最初の数日は全て無料のレストランで食事を一緒にしてくれましたので、どの様なメニューがあるのか、味や量が多いか少ないかを確認することが出来て、とても助かりました。

 ※レストランの日本語メニューは実は 間違っていることが多く、英語のメニューと比較しながら頼まないと、違うものが来ます。
  違うものが来ることが不思議です。

 スープは二種類しかないことと、僕たちには味が濃かったり、分量が兎に角 多いということでしょう。飲物については、無料のものはどこのレストランでも無料です。

 同じテーブルに座った方々と異なるものをオーダーし、シェアして味見をしたりしていました。
 この味見は大事です。

 次ぎに自分達で来るときの目安になりますので。

 殆どレストランでは、日本語は通じませんので ご注意を。

 話がそれましたが、オプショナルツアー ショアーエクスカーションの説明です。

 僕たちが参加したのは 1日目を除いて 全て日本語ツアーでした。

 

・マウイ島 1日目 ホエールウオッチング 英語ツアー 9:45分出発
        約3時間 料金 119ドル

        添乗員さんが英語の説明をWi-Fiレシーバーを通して訳して
               くれました。
        たのしめました。鯨も見ることが出来ました。
        10倍の双眼鏡を持参したので、迫力あるものを見ました。
        双眼鏡は絶対必要です。

 ※船内集合出発は日本語ガイドツアーの場合 すべて 08:25 です。

 ・マウイ島 2日目 ハレアカラ噴火口 日本語 約4時間 99ドル

 ・ハワイ島 ヒロ 火山国立公園 日本語 約4時間半 104ドル
        帰りには ビッグアイランドキャンディーズ本店によります。
        100ドル以上買うとお土産があります。
                  もう100ドル買ってもあります。

 ・ハワイ島 コナ 歴史の街コナ 約4時間 89ドル
        プライド・オブ・アメリカが入港できる港がないため、
                 テンダーボートでピストン輸送です。
        ※ちなみに、一週間前の方々は天候が悪くて、上陸でき
                なかったそうです。 
        天候が悪いと上陸できないことも想定しておきましょう。

        お昼は船に戻らず、参加者で 「寿司しおの」でとりました。

Shiono_sign

       僕たちはお店お勧めのお寿司を食べました。美味しかったです。
     ちなみに「寿司しおの」は日本の中央区八重洲に本店があります。
        http://www.sushi-shiono.jp/?r=
        テンダーボートはピストン輸送です。

 ・カウアイ島 1日目 ワイメアキャニオン 約5時間 79ドル
         コナコーヒーは カウアイ島で買いましょう。

      ハワイ島コナでは手摘みが主流ですが、カウアイ島では全て機械。
      人件費がかかっていない分、安いと言うことです。

         ※カウアイ島のコナコーヒーは全米ナンバーワンです。

         カウアイコーヒーのビジターセンターに寄りますので、
                    こちらで買うのがベストです。

      僕たちは残念ながら、こちらのコーヒーの味が合いませんので、
                  買いません。
         ※もう一つ、車酔いしやすい人は酔い止めを必ず飲んで
                  おきましょう。
           家内は車酔いしました。
         以下のリンクの タミーさんがガイドでした。
         http://hawaii-kauai.net/

 

・カウアイ島 2日目 ワイル阿川とシダの洞窟 約3時間半 79ドル
         ガイドさんは ロバート(ボビー)長尾さんでした。
         コア・ツアーズの代表者 http://www.koatours.com/jp/

※殆どのツアーは半日行程でした。お昼はついていませんので、軽食を用意すると良いですね。おやつも。

 全ての日程では晴れでした。天候が良かったのが本当に良かったです。
 船に乗るときは 右舷がベストです。

 この時はハワイ島で溶岩が海に流れ出ているという情報から、船が予定を変更して、溶岩が見えるように、航行してくれました。

 この時も双眼鏡が効果を発揮。滝のようにながれる溶岩と溶岩の熱で蒸発する白煙が迫力有る映像で自分達のベランダからゆっくり見られました。

 オプショナルツアーには全て参加しましたので、忙しかったです。
 グループの中には 2回目の上船の方がいて、その方はゆっくり船の生活をくつろいでいたそうです。
 時間があれば、船に乗船する前にマーケットを散策したりととても有意義でした。

 皆さんの参考になればと思っております。

 そうそう、JTBさんの場合は、参加者にミネラルウォーターを配ってくれました。
 僕たちは、3本だけ残ってしまいました。なかなか使い切れません。
 でも、たすかりました、買うと結構します、旅行代金に含まれているとしてもね。

 下船するときは、船のミネラルウォーターを持ち出せるのですが、上船するときは空港と同じように、荷物検査パスポートチェックがあり、水は全て持ち込めません。

 水は処分しなければいけませんので、ご注意を!

 ・レストレランの予約は室内のテレビからも出来ます。
 ・シャワールームは狭いです。よく外国の人が入れるなと思うサイズです。
  笑い話らしいですが、外国の方はシャワールームの壁にボディシャンプーを
  ピューッとかけ、そこに体をこすりつけてお終い とのことです。

 ・日本語の船内新聞があります。

 ・JTBさんの場合は それとは別の情報誌をいただけてかなり参考になります。

  例えば、ナパリコーストのクルージング時間とかおすすめの見学場所も書かれていて
  ありがたいです。
  このあたりが、個人旅行と添乗員さん付の違いになるかも知れません。

 ・船内アクティビティの 例えば レイ作り教室も同席してくれて、通訳してくれるので
  助かりました。

 なかなか、行く前に プライド・オブ・アメリカ ハワイ 4島クルーズをチェックしたのですが、情報が一寸不足していましたので、思い出しながらアップします。

  余談ですが、全てのデッキ案内が乗っている案内図を見ていたら、外人さんから それどこで貰ったのと言われたのには驚きました。
 JTBツアーからもらったと行ったらば、あきらめてましたっけ。
 この案内図があったおかげで、船内を迷わずに歩けました。

続きを読む "プライド・オブ・アメリカ オプショナルツアー について" »

2017.03.20

3月19日(日)、3月20日(月)ハワイから帰国

いよいよ最終日。JTBクルーズ プライド・オブ・アメリカ ハワイ4島めぐり も終わりです。

8:25分 ホテルロビー のカメの広場 集合です。
総勢23名のうち 4名はホノルルで延泊して帰るとのこと。
次回は、もし参加したらば、延泊します。
 ロケーションが良いです。ダイヤモンドヘッドが見える部屋は最高かも。

P3200632

P3200633
ロイヤルハワイアンは昔より ピンク色が薄くなったような気がします。
メンバーの方で、やはり30年前に来たという方とお話ししても、色が薄くなったという印象でした。

P3200634

P3200635

・朝食はホテルの和食レストランでしたが、美味しかったです。

Img_1519

・食後は朝の散歩

Img_1520

Img_1522

・シェラトン・リゾートの立地は本当に最高です。
以前30年前にハワイに来たときには、マリオットホテルの蕎麦に泊まったような気がします。
ここシェラトンはどこに行くにも便利。

Img_1527

・ホノルル発 11:37 デルタ航空 DL-579
 帰りは座席番号 1番でした。家内が2番

Img_1045

Img_1046

Img_1047

機内でのんびり寝ようと思ったら、隣の窓側の人のいびきがものすごくて、寝ることができませんでした。ヘッドホンをしながら、映画を見ていました。
 隣は選べません。でもかなり離れていたのに、機内で雄叫びをあげるほどのいびきでした。いい迷惑です。

Img_1528

---- 日付変更線 ----

・成田空港 15:30 入国・通関後、解散です。
スーツケースがこの便の乗せられなかった方が、10人ぐらいいて驚きました。
仲良くして頂いた方の奥様の分がホノルルに居残りに。後に連絡して確認したところ、2日遅れで、自宅に届いたそうです。

広島から来た大の広島ファンの方と最後のお別れもしました。

僕たちは リムジンバスで帰りました。
日付変更線がある海外旅行は、2日間はないに等しいですね。

 いつも自宅に着くと、外回りは見ずに玄関に入り、のんびりするところなのですが、虫の知らせと言いますか、外回りを見に行きました。

 見たらびっくり、フェンスがこわれていました。

P3220022

 急いで、玄関に入り、セコムに電話をして、写真を取りに来てもらいました。
また、ご近所の方から、留守電が入っていて、状況がわかりました。
 バイクが突っ込んだとのことらしかったです。
 急いで警察に連絡しましたが、詳細を見ていた方がわかり次第再度連絡をとのことでした。
 また、当て逃げになるかも知れないので、自分の保険会社に一応事故の連絡をし、もしもの時には、こちらの保険で治せることを確認しました。

 まあ、帰ってきて、旅の余韻に浸る時間もなく、これから数週間はこちらの事故処理に当たるとは、思いもよらぬ事になりました。
 3回目の器物損壊事件です。

2017.03.18

3月18日(土) ホノルル下船 プライド・オブ・アメリカ

3月18日(土) 最終日 ホノルル下船 プライド・オブ・アメリカ 7:00入港 27度
下船です。

集合時間 5階前方 ハリウッド・シアター 左側の入口近く 集合時間 8:25
8:30 下船開始
9:00 港出発、ホテルへ
9:15 ホテル着、手荷物預け チェックインは15:00以降 ~自由行動
14:30~16:30 添乗員さんロビー待機、カギの手渡し
3月19日(日)空港出発日のシェラトン・リゾート ホテル出発時間 8:25 ホテルロビーのカメの広場

ホノルル港入港 ダイヤモンドヘッドが見えます。戻ってきました。

P3190567

P3190572

ホノルルの日の出は6:32分ですから。あともうすこし。

P3190573

P3190574

P3190576

出発の場所に戻ってきました。あっと言う間のクルーズでした。

P3190580

P3190581

タラップが漬けられました。タラップから2000人以上が今日はおります。
後数時間するとまた、2000人以上の乗客を乗せ、プライド・オブ・アメリカは出港です。

P3190582

下船した人たちで チェックインのあたりは一杯です。

P3190583

これからバスに乗って ホテルへ向かいます。

家内共々、セグウェイに載りたかったので、皆さんとは山に別れて、申込みに行きました。
ダイヤモンドヘッドの周遊コースは申し込めませんでしたが、次のカピオラニ公園のコースは何とか申し込めました。

一度は乗りたかった セグウェイに家内共々乗りました。
参加者全員日本人で驚きました。
外に出る前に、一人ずつ、参加者の前で練習です。
全員練習が終わると、いざ本番。
ヘルメットも家内とおそろいのものをしました。
こんなに楽しいことはありません。参加したメンバーの中で二人が最高齢でした。
ですので、最初は先頭を走りました。ダイヤモンドヘッドがよく見えます。
カピオラニ公園です。

P3190588

P3190592
休憩中のセグウェイの置き方。

P3190597

P3190599

Img_1479

とても景色の良いところです。ホテル群がよく見えます。これからマリオットホテルまで戻ります。インストラクターさんが、二人がセグウェイに載り、動いているところをiPhoneで動画を撮影してくれました。良い思い出になります。

P3190611

Img_1489

Img_1506

セグウェイ乗車後に エッグスン・シングスにいきましたが、クローズ寸前に入れたので、待つこともなく、食べることが出来ました。

 セグウェイの教室はマリオットホテルにあるので、行く前にエッグスンシングスの前を通過するとかなりの行列が出来ていたので、乗車後はテイクアウトにしようなんて話していました。(to go)
 ハワイで食べると何となく味が違うのは雰囲気の生でしょうか。

シェラトン・リゾートにチェックイン。
部屋からの眺めです。ダイヤモンドヘッドがすぐ目の前に見えます。
夜には、すぐ真下のプールではプロジェクションマッピングが見られました。
まるで絵はがきみたいな写真。

P3190619

P3190622
部屋に戻ってから、大急ぎに 水着に着替え、プールと海で泳ぎました、わずか30分弱。
実は、日本から ルースーズ・クリス・ステーキハウスを5時に予約してあるので、部屋には4時半頃に戻って、シャワーを浴びて、着替えて、ステーキハウスに向かわなければならなかったので、忙しいこと。

ルースーズ・クリス・ステーキハウスは日本を発つ数日前に今日の予約をカード会社のコンシェルジュに依頼。当初は第一希望が6時、第二希望が7時、第三希望が5時でした。
 いかに週末は混んでいるかですが、良い席に座れましたし、ハッピーアワーにもかかっていたので、こちらもオーダー可能でした。
 ぼくらの胃は小さいのか、食べきれませんでした。ウェイターさんはとても親切でした。
 僕は厄介なことに アルコールアレルギーですので最初に、そのことを話したらば、これはアルコールが入っているとか、アドバイスしてもらい、たすかりました。

Img_1043

Img_1042

Img_1513


Img_1037

Img_1516

 砂浜で遊んでいたので海パンのポケットは砂だらけ。
 シェラトン・リゾートは最高の立地で、ステーキハウスまでは10分もかからずにいけます。迷わなければ、7分ぐらい。

Img_1517

Img_1041

部屋から見た夜景です。これでもう、明日には帰国とは。
惜しいです。延泊すれば良かったです。
実はメンバーの中の一グループは延泊すると言うことでした。

P3190627

P3190628

P3190631
明日は、空港です。ホノルルはほとんど滞在時間24時間あまり。
セグウェイをし、エッグスンシングスで食べ、ルースーズ・クリス・ステーキハウスで食べ、プール、浜辺で遊ぶという密度の濃い ホノルル滞在でした。

また来るぞ!ハワイ!2度目のハワイでしたね。

2017.03.17

3月17日(金) カウアイ島 2日目 ワイルア川とシダの洞窟

3月17日(金) カウアイ島 2日目 26度 晴れのち曇り
帰船時間 最終乗船時間 13:30 出航時間 14:00 ホノルル オアフ島に向けて

8:25ピンクス・シャンパンバー 集合 
オプショナルツアーは ワイルア川とシダの洞窟 昼食なし 約3時間半

P3180419

P3180420

P3180421

P3180422

P3180424

P3180427

P3180436

P3180437

P3180438

Img_1424

Img_1425

Img_1427
ハワイ風の頭を冷やす方法。ボビーさんがやってくれています。

Img_1429
ハワイアンウエディングソング

Img_1440
シダの洞窟 今は入れないそうです。外人の方は、キスしたりしていますが、日本人はほとんど何もせずですね。せいぜい、手を握るのが精一杯かも。

P3180445

P3180449

P3180461

P3180466
Img_1441

帰りにはフラダンスや歌を歌ってくれます。上手です。

Img_1442

Img_1443

Img_1445

Img_1449

Img_1453

Img_1455

Img_1457

Img_1458

P3180478

P3180484

P3180490
船着き場に戻ってきました。チェックインがとても混雑しています。

P3180493

・下船説明会 16:15 6階前方 マルティグラ
 日本人スタッフ みどりさんより 下船に関する説明があります。
下専用荷札もこちらでお渡しします。 約20分ほどの予定。

ナ・パリ・コーストのクルージング 17:15分頃から
 ワイメアキャニオンの西の端に、全長27キロ続く切り立った海岸線のこと。
 映画 ジュラシック・パークやウォーター・ワールドの撮影地でもあります。
湾を出るところです。

P3180501

P3180508

ハワイのクルーズのハイライトの一つです。

是非、カメラを持って13階などの外のデッキでご覧ください、最初は左舷側に、そして船が反転すると今度は右舷側にダイナミックに切り立った崖の海岸線が見られます。
 反転すると、ナ・パリ・コーストとの距離が離れてしまうので、できるだけ左舷側から見るようにしましょう。
おすすめの見学場所:12階中央から後方にかけてのオープン・デッキ
 13階前方のオープン・デッキ、13階後方 ワイキキ・バー
 6階のオープン・デッキ

 このクルーズには、双眼鏡があるととても楽しめます。

P3180517

P3180525

P3180528

P3180536

P3180560

P3180562

P3180563

P3180566

・お部屋のミニバー利用は本日まで。
 ミニバーは本日のお夕食の時間帯にロックされます。私物を入れておいた方は、出しておいて下さい。

・お夕食のお誘い 自由参加
 今晩は 全てのレストランでドレスコードがありません。
 18:00 6階後方 リバティー・レストランにて。

下船準備 
 スーツケースは夜24:00までにキャビンのドアの外側に。
 ※下船日に着る洋服や靴、洗面用具はスーツケースに入れないようにご注意下さい。
 パジャマやスリッパで下船することになります。

・明日の集合は 8:25 5階前方 ハリウッド・シアター(ステージ向かって左側)
 全員一緒に下船します。
 ※クルーズカードは最終下船の時にも必要です。

・下船後 専用バスにてホテルに向かい、到着後スーツケースと不要なお手荷物をホテルの荷物保管所に預け、自由行動となります。

 とうとう クルーズ最後の日となりました。
 長いようでとても短く感じました。
 是非ともまた参加したいというクルーズです。 

プライド・オブ・アメリカ 良かったです。

 天気も全て良かったですし、添乗員さんや参加した方々のお仲間がとても良かったです。また、同じメンバーで参加したいぐらい。

 ディナーの時間が毎日、話で盛り上がり、あっと言う間に時間が過ぎてしまったこと。
 本当に、良いクールーズの時間を楽しめることが出来ました。

 これもひとえに、添乗員さんの気配りの賜と思っています。

 添乗員さんも指名が出来ると聞きました、同じ添乗員さんの旅行に参加したいものです。
 また、JTBで行きたいです。

2017.03.16

3月16日(木) カウアイ島 ナウィリウィリ寄港 

3月16日木曜日 カウアイ島 ナウィリウィリ寄港 8:00入港 26度 本日は停泊

・本日のオプショナルツアー ワイメアキャニオン 昼食なし 約5時間

8:25ピンクス・シャンパンバー に集合 もういつもの場所です。添乗員参加
 ※車に酔いそうな人は必ず事前に 酔い止めを飲んでおきましょう。
  家内は酔ってしまいました。
 帰船は14:00近く、朝食をしっかり食べておきましょう。
 展望台のフルーツスタンドで果物や地元のおやつを買うことが出来ます。

 ※この日はメンバーの中に モキハナ ヘリコプターに参加する方もいました。
  ナパリコースト を見たい方は是非どうぞ。

P3170369_2

P3170370

P3170372

P3170373

カウアイ島 ハワイ諸島の一番西側の端。ホノルルから飛行機で約35分。
19世紀にはハワイのプランテーション産業の先駆けとして、サトウキビ栽培が盛んだったが、後に衰退、コーヒー農園に変わってきています。

P3170374

ワイメア・プランテーション

P3170375

 

P3170382

 

P3170383

Img_1407

 

Img_1408

P3170386
P3170388

こんなところにバッタ?・ワイメアキャニオン州立公園 谷の深さは最大で1000メートル以上。

P3170391

P3170392

Img_1409

Img_1411

Img_1413

Img_1416

Img_1417

P3170396

P3170397

P3170398
銃弾の後だそうです。

P3170403

P3170405
この島にはいたるところに鶏が多くいます。
このぬいぐるみはナンバリングされ、名前がついています。

P3170407

作家のマーク・トゥウェインは「太平洋のグランドキャニオン」と評しています。

P3170408

P3170412
潮吹き岩

P3170414
船に戻ってきました。

P3170417

メインディッシュ

P3170418

いつものことながら、食事の量が多いです。これだけだけ三食食べたらば、どれだけからだが大きくなるかわかります。

・今日までのお支払い状況は キャビンのテレビで確認することが出来ます。
Service Charge 一人1日 13.50ドル スイートは 15.50ドル 自動加算される船内チップです。
Shore Excursion オプショナルツアー代 ツアー代と税金を別に記載

今日も1日楽しかったです。
プライド・オブ・アメリカより

2017.03.15

3月15日(水) ハワイ島 コナ寄港

3月15日(水) ハワイ島 コナ寄港 7:00入港 最終テンダーボート 17:00
出港18:00 気温 32度 晴れのち曇り

P3160234
テンダーボート試運転中 反転して戻ってきました。

P3160237

P3160240_2

※本日、船は海上に沖留めとなり、テンダーボートで下船します。

初めてテンダーボートに乗りました。海が穏やかなため、余り揺れませんでした。
帰りは一番先頭に乗りました。窓が開いていたので、たまにしぶきがかかります。
でも、見晴らしは最高です。
 注意事項が何気なく書かれています。当然英語!

P3160242

・オプショナルツアー ショアーエクスカーション 『歴史の街コナ』昼食なし 約4時間
・8:25ピンクス・シャンパンバーに集合 添乗員さん同行

上陸しました。椰子の実を撤去中。

Img_1360

Img_1361

P3160243
コーヒー農園へ

P3160247
試飲用のポットが沢山

P3160253
聖ベネディクト・ペインテッド教会
19世紀末から20世紀初頭にかけて建造。
内部の壁面と天井に、ベルギー人司祭の描いた美しいフレスコ画が残ることで有名。
セントベネディクトペインテッド教会。正式名称は聖ベネディクトカトリック教会。
 P3160257

Img_1365

Img_1367

P3160260

P3160261

P3160263

P3160264

P3160265

P3160266

P3160267

P3160269

プウホヌア・オ・ホナウナウ国立歴史公園
 
ここに逃げ込み、みそぎをとりおこなえば罪が許されたという聖地だったそうです。
 ここはとても良かったです。また、来たいです。
P3160270

P3160274

P3160276

P3160278

P3160284

Img_1368

Img_1369

P3160285

P3160287

Img_1371

Img_1374

Img_1378

Img_1379

Img_1384

P3160292

P3160298

P3160303

P3160307

P3160310

P3160317

P3160318
港に戻ってきました。すでに、テンダーボートに乗る人たちの列が出来ています。

P3160319
バスとバスの間にプライド・オブ・アメリカが見えます。

P3160320
・今日の昼食に和食は如何ですか?
 と言うお誘いが添乗員さんからありましたので、同行することにしました。
 船着き場から、10分ほど歩いたところにある「寿司しおの」です。
 おそばやおうどんもあります

お昼の食事場所「寿司しおの」です。ランチ時間が終わり、僕たちが帰ることには既にクローズの札がかかっていました。
 港まで、腹ごなししながら、散策です。

Img_1398

P3160321

・テンダーボートでの帰船方法
 ボートを下りたところと同じ場所から10~20分おきにピストン運行しており、いらした方から順にお乗り頂けます。
 ※パスポート原本、クルーズカード携帯必須。乗る前に、パスポートチェック、手荷物検査がいつもの通り有ります。水の持ち込みも当然禁止。

・テンダーボートを降りた目の前がコナの町の中心です。
 コナの町は端から端まで500メートルほど、歩くことが出来る規模の町。
散策には最適です。

 コナのどこからでも見える プライド・オブ・アメリカ
 大きいですね!
Img_1390

Img_1397

P3160326

Img_1401

怪しい雲になってきましたので、散策を終えてテンダーボートに向かいます。

P3160327

P3160335

P3160344

Img_1403

Img_1404

Img_1405

・港の桟橋の両サイドがビーチです。
 ※海で泳ぎたいという方は、ビーチタオル(お部屋にあるしましまタオル)をもっていきましょう。ご使用後のビーチタオルは、必ずお部屋にお持ち帰り下さい。紛失されますと、タオル代として請求されますのでご注意を!
 バスルームの床に置いておけば、新しいものと替えてくれます。

P3160347

P3160349

P3160351

P3160364

P3160366

・お勧め!リボン編みレイ作り教室 16:15 5階前方 ハリウッド・シアター
リボン編みのレイ作りに挑戦しました。楽しかったです。
 二本のリボンで編んだのですが、3本以上もあるとか。
 次回は是非数をふやしてやって見たいです。
 この後食事に行く時にかけて行きました。

P3160368

・今夜のショー『オーホワッタ ナイト!コンサート』21:00ハリウッド・シアターを見に行きました。

 今日も充実した一日でした。雲行きは怪しかったですが、雨には降られませんでした。

より以前の記事一覧